あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

オーガニック農家・吉岡龍一「野菜も人間も仕組みは同じ」(前編)

オーガニック農家・吉岡龍一「野菜も人間も仕組みは同じ」(前編)

  • Column
  • Food

<COLUMN>
オーガニック農家・吉岡龍一「野菜も人間も仕組みは同じ」(前編)

更新日:

| オーガニック | 教養 | 野菜 |

こんにちは。オーガニック農家の吉岡龍一です。

人間が風邪を引いてしまうように、野菜を育てていく上でも同じような現象が野菜に起きてしまうことがあります。それが「害虫」と「病気」で、2つまとめて「病害虫」と呼ばれたりします。

例えば、前回ご紹介した、ナスについたアブラムシ。野菜にとっては害虫です。新芽の周りについたり、葉を食べてしまうことで、葉が光合成できず、作物が育たなくなってしまいます。

「カラダ」作りが基本

これらの害虫から、どうやって野菜を守り、育てていくか。有機農業の鍵はここにあります。一般的な栽培では、農薬を使って一発で解決できてしまうのですが(笑)。しかし、野菜も人間と同様で、薬ばかり飲んでいると、本来備わっている抵抗力がどんどん落ちていき、弱々しい「カラダ」になってしまいます。

IMG_0682
写真:栽培が難しいトマトも、「カラダ」の中から強くする栽培方法で、今年はしっかり育ってくれました

きちんと、元気で栄養ある野菜を育てるために、薬を使わずにどうやって栽培するのか。有機農業では野菜の仕組みを理解しながら、それに取り組みます。

IMG_0683
写真:実のつきも良くて、大きい。平均の糖度は10度くらい

IMG_0692

骨太な野菜

人間が成長していく際、何よりも丈夫さが求められるのは「骨」です。筋肉がついても、それを支える骨がなければ、身体のバランスは崩れてしまいます。

野菜にとっての骨は「繊維」です。繊維の強い野菜に育てることで、葉っぱや実を食べる害虫がついたとしても、自分の「カラダ」を守ることができます。

繊維を強くすることが、病害虫に負けない野菜作りの近道です。

IMG_0670
写真:きちんと繊維作りの準備ができている畑で育ったナスは、薄いワックスのようなもので実の表面がコーティングされています。これはナス自身が出すワックスで、害虫を寄せつけない力があります

繊維を強くする

繊維は主に、セルロースと呼ばれる物質からできています。理科の授業で聞いたことありませんか?

このセルロースは、野菜が光合成した時にできる「炭水化物(ブドウ糖)」が、約4000個もつながることによってできています。

ここから少し難しくなってしまうのですが、一般的な農薬を使う栽培の場合、光合成によって生まれた炭水化物は、野菜が根っこから吸ってくるチッソと結合して、アミノ酸になります。アミノ酸が細胞を作り、野菜が成長するのですが、この過程で炭水化物を消費してしまうため、繊維形成が弱くなります。一般的な栽培では、野菜の成長を優先した栽培を行うのです。

IMG_0686
写真:繊維作りに失敗してしまったナスの木。全体的に白っぽくなってしまっていて、ダイレクトに影響が出てしまいます

しかし、ぼくたちがトライしている有機農業では、栽培前に、アミノ酸を含んだチッソの肥料を土中に作っておくため、光合成で作られた炭水化物は、ほとんどそのまま繊維作りに回すことができます。ですので、細胞を形成して成長するスピードは早くなくても、繊維を強くすることに集中して野菜が育ちます。その結果、害虫に負けない「骨太な野菜」となるのです。

IMG_0687
写真:繊維作りに成功した木は、幹も実も黒々としていて、全体的に艶があります

土作りが全て

以前、冬の間の野菜を育てられない時期に、畑に降り注ぐ太陽からのエネルギーを無駄にしないよう畑の肥料になるような麦や、緑肥と呼ばれる雑草を育てることを、「麦を使って一番大事な土作り」のコラムでご紹介しました。

IMG_0623
写真:機械を使って緑肥を畑にすきこんでいく

「骨太な野菜」を作れるかどうかは、種をまく前にもう決まってしまっているともいえます。ぼくたちが肥料としている麦や緑肥は、炭水化物を多く土中に溜めこむことを目的としています。

IMG_0620
写真:この緑肥の繊維に炭水化物がたっぷり含まれています

肥料を丁寧に畑にすきこむと、畑にいる微生物たちが、目に見えないほど細かく分解してくれ、次に植える野菜がゆっくりこれを吸収できるのです。

IMG_0664
写真:すきこんでから、1週間もすれば分解がはじまります

結局、土作りが全て。きちんと準備してあげれば、野菜は元気に育ってくれます。

文・写真提供:リズムアンバサダー 吉岡龍一

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| オーガニック | 教養 | 野菜 |

関連記事

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(前編)

  • Column
  • Relaxation

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(前編)

歯周病が糖尿病を悪化させる!?恐ろしい合併症【歯科医監修】

  • Column

歯周病が糖尿病を悪化させる!?恐ろしい合併症【歯科医監修】

お金を貯めたいなら家計のレコーディングを!

  • Column

お金を貯めたいなら家計のレコーディングを!

京都マラソン2018に向けて ~ウォーキングやランニングを楽しめるコースをオススメの音楽とともにご紹介!~

  • Column
  • Exercise


新着記事

サッカー元日本代表・鈴木啓太「食はこだわりがないのが、こだわり」

  • Exercise

サッカー元日本代表・鈴木啓太「食はこだわりがないのが、こだわり」

空中ヨガの特徴と効果3選:リラックスしながら痩せやすい体になろう

  • Relaxation

空中ヨガの特徴と効果3選:リラックスしながら痩せやすい体になろう

4ヶ月で10kg減! 同時に長年の悩みも解決!腸内環境を整えると、人生が劇的に変わる【加勢田千尋さんインタビュー前編】

  • Beauty
  • Food

4ヶ月で10kg減! 同時に長年の悩みも解決!腸内環境を整えると、人生が劇的に変わる【加勢田千尋さんインタビュー前編】

温浴&リラクゼーションで健康美を手に入れる~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.34~

  • Column
  • Relaxation

温浴&リラクゼーションで健康美を手に入れる~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.34~

ホットヨガを自宅で行う方法と注意点3選:お風呂を使ってダイエット

  • Relaxation

ホットヨガを自宅で行う方法と注意点3選:お風呂を使ってダイエット

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる