あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

オーガニック農家・吉岡龍一「結局、僕には農業しかない」

オーガニック農家・吉岡龍一「結局、僕には農業しかない」

  • Food

オーガニック農家・吉岡龍一「結局、僕には農業しかない」

更新日:

| ライフハック | 野菜 | 食事 |

この秋からオーガニック農業に挑戦する吉岡龍一さん。その格闘する日々を綴る連載が、Rhythmでスタートする予定です。

今回は、その前に自己紹介をしていただくということで、取材させていただきました。

吉岡龍一
千葉県柏市にヨシオカ農園を立ち上げ、「地域を耕す」という標語のもと、持続可能なコミュニティの創造を目指して、地域活性化のために活動。今後は千葉県木更津市にある「農業生産法人 株式会社耕す」の一員として、オーガニック栽培に挑戦。

DSC_0477

──今日はよろしくお願いします。いきなりで恐縮ですが、すごくイケメンですね(笑)。なぜ農業をしようと思われたのかが、とても気になります。ご実家が農家でいらっしゃったのですか?

いえ、実家は農家じゃないので、自分で農地を借りて農家を始めたんですよ。しかも農業系の大学を卒業したわけでもないので、始めるときは苦労しました。

──実家も大学も農業とは無関係なのに、農業を始めるというのは、かなり大変そうですね。普通はあまり選択肢に入らないと思うのですが、何かきっかけや思い入れがあったのでしょうか?

学生時代にインドに行ったんですよ。そこで、治水事業のNGOに入って、僻地にある小さな村で働いたんです。そこは本当に貧しい村だったんですけど、みんなが笑顔で楽しそうに暮らしていたんですね。

それで「日本って物質的には豊かだけど、本当に幸せなのか?」と疑問に思って。日本の社会に精神的な豊かさを取り戻す活動をしたいなと思い始めたんです。帰国してから環境保全のNPOでインターンをしてみて、それが確信に変わりましたね。

豊かな暮らしの根本には、豊かな環境がないとダメなんだなと。それで農業を始めたわけです。

4-3

──すごい行動力ですね。でも、農業は地元で代々なさっている人たちがいらして、新規事業として一からスタートするのには、なかなか大変そうなイメージですよね。

確かにそうですね。今まで農業をやったことのない若者が、突然、農業をやりたいって言っても、どうせすぐやめるだろうと思われることが多くて、相手にしてもらえないですね。全然、信用してもらえないわけです。

でも、毎日、毎日、畑に出て土を耕していると、少しづつ信用してもらえるようになって、貸してもらえる土地の面積も増えていきました。

──そこまで苦労してヨシオカ農園をやってきたのに、それを手放してしまうんですよね? なぜですか?

そうですよね。

僕もすごく迷ったのですが、「環境」という入り口から農業を志したので、やっぱりオーガニックでやってみたいという気持ちを捨てられなかったんです。でも、千葉県の柏だと土地が狭すぎて、オーガニックにならないんですよ。狭い自分の土地だけでオーガニック栽培をやっても、周りの畑が農薬を使っていたら、意味がないんです。

農薬を使う農業を否定してるわけではありませんが、農業をやっていくなら、オーガニックで極めたいなというのが、自分の考えです。

──オーガニックでの栽培は、本当に難しいと聞きます。農薬を使用する農業に比べると不安定だと思いますが、それでもやりたいという覚悟があると。

結局、僕には農業しかないんですよ。

地域社会や日本社会の豊かさを取り戻すにしても、その方法は僕にとっては農業というやりかたでしか実現できない。だったらそれを突き詰めてやってやろうと。そして、いつかそれが成功して、社会の豊かさに還元されたらいいなと思っています。

3-3

──そのために、まずは「農業生産法人 株式会社耕す」という組織に入って、勉強するということですか?

そうです。オーガニックはまだ個人でやるには限界があるので、まずはある程度の規模を持った組織の一員として学びたいと思っています。個人では学べないことがたくさんありますから。それを学んでからでも、自分のやりたいことの実現は遅くないと思っています。

──今後、吉岡さんが実現していきたいことは、どういうことですか?

何にもとらわれずに、自由な生き方を貫くことですね。そのために、暮らしと仕事の両方ともが自然のリズムに調和した生活を、目指したいです。

──自然に身をまかせる生き方をしていくということですか?

そうですね。まずは、僕個人がそれを実現させて、そのあとに、それを広げていって、みんなで本当の豊かさを実現したいです。そしてそうした社会を、日本で根付かせていきたいですね。

──今日はありがとうございました。これからも頑張ってください。期待しています!

──苦労してやってきたヨシオカ農園を手放してまで、より栽培が難しいといわれるオーガニック農業へと、情熱のおもむくままに、挑戦していく吉岡さん。これから始まる連載は、そうした吉岡さんの、信念を持って自然と向き合う姿勢と、その格闘する日々を綴ってもらいます。

1-1

文:リズム編集部
写真提供:吉岡龍一

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ライフハック | 野菜 | 食事 |

関連記事

定番から最新まで! ベトナム・ホーチミンのグルメ事情

  • Food

定番から最新まで! ベトナム・ホーチミンのグルメ事情

低カロリーで栄養満点!健康意識が高い人が食べてるおやつ5品

  • Beauty
  • Food

低カロリーで栄養満点!健康意識が高い人が食べてるおやつ5品

免疫力をつけて、今年こそ風邪知らずの温かいカラダに!

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

免疫力をつけて、今年こそ風邪知らずの温かいカラダに!

何を食べればいい?トレーニングの合間のエネルギー補給

  • Food

何を食べればいい?トレーニングの合間のエネルギー補給

お茶の掛け合わせで花粉症が緩和!?口コミ花粉症対策に挑戦!

  • Food

お茶の掛け合わせで花粉症が緩和!?口コミ花粉症対策に挑戦!

新着記事

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

  • Column
  • Relaxation

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

  • Food

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

  • Beauty
  • Relaxation

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

京都マラソン2018に向けて ~観光も兼ねて!?ウォーキングやランニングを楽しめるコースをご紹介!~

  • Column

京都マラソン2018に向けて ~観光も兼ねて!?ウォーキングやランニングを楽しめるコースをご紹介!~

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる