あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

禁糖で見えてきた、内に抱える「寂しさ」と「不安」 〜カラダの機嫌をとってみる(禁糖断食編)vol.3〜

禁糖で見えてきた、内に抱える「寂しさ」と「不安」 〜カラダの機嫌をとってみる(禁糖断食編)vol.3〜

  • Food

禁糖で見えてきた、内に抱える「寂しさ」と「不安」 〜カラダの機嫌をとってみる(禁糖断食編)vol.3〜

更新日:

| ダイエットメニュー | トレーニング | 健康習慣 | 食事 |

「体に良い」だとか「健康に役立つ」という名目で食について語る人は多く、また心と身体の健やかさに寄与するような食べ物は溢れています。それらについての知識を増やせば増やすほど、食事があらかじめ仕入れた知識や、想定との照らし合せにすぎなくなっているのではないでしょうか。

私たちは食べ物ではなく「情報」を食べているといっていいかもしれません。

「何をどれだけ食べればいいのか」は本来は食欲が導き出すものですから、自らの身体に問うてみて初めてわかることです。しかしながら、私たちは食事をメディアや科学的知見といった外部評価に委ねることにすっかり慣れています。おまけに他者の要求するものを食べ続けることで、自らの欲するものが何か次第にわからなくなっています。

その上、「お昼になったから食べよう」といった具合に、食べたいのかどうかもわからないまま、せっせと食べ物を口に運ぶ習慣を身につけてしまっています。

76812596

そのようなことに思い至るようになったのは、禁糖を終えた後、ふたたび菓子を口にするようになってからです。とりわけコンビニに陳列されている商品を見るにつけ、いまの時代における食事の意義を考えるようになりました。

いつの頃からか小さな袋に入ったスナックやちょこっとつまめるくらいの菓子を多く見かけるようになりました。主にオフィスで働く人に向けた商品なのでしょう。屋内で行う仕事ではたくさん身体を動かしたから「お腹が空く」という状態はなかなか訪れません。その代わり「小腹が空いた」という状態はけっこう感じるのではないでしょうか。

ここでいう「小腹が空いた」という感覚は食欲に由来していると思いがちですが、その正体は「口寂しさ」だと思います。体が物理的に食べ物を求めているのではなく、よくわからないままに湧き上がって来た「寂しさ」につられて、なんとなく食べてしまっている。

49712

空腹と関係なく、空しさだと焦りだとか「自分が自分ではいられない状態」「食べないと不安になる」といった、心に隙間が生じたときについ手を伸ばすのだと思います。寂しさの埋め合わせに食べることを「食事」と呼ぶことのほうが、もはや多いのかもしれません。

自分の中に空いた隙間を埋めようとして食べたところで、満腹になりはしても満足は得られないでしょう。食べることで得られる刺激に寂しさの肩代わりをさせれば、いっときの快楽になりはします。ただし快楽はいくら重ねても満足に行き着きません。根本にある「寂しさ」「物足りなさ」という感情の飢えは、刺激と快楽の往復では満たされないからです。

埋めようのない心の隙間を私たちは寂しく感じています。ぽっかり空いているから「手持ち無沙汰」に感じもし、不安になりもする。これらは飢餓感であって決して飢えではないのです。

本格的ではなくとも、「ファスティング」で半日から数日程度の断食を試みることも珍しくはなくなっているくらいには、「食べない」という選択に関心を寄せる人が増えています。表向きには健康やアンチエイジングといった名目で取り組んでいたとしても、こうした流行りの背景には、不安をぬぐい去り、生きていることの実感を味わいたいという思いがあるのではないかと睨んでいます。

490066689

私の場合、断食によって特別な何かを得たということはありません。

ただ日常の自分のありようが見えてきました。飢餓を自らに呼び込むことで、飢餓感の「感」が示すところの不安や寂しさがあぶり出されたからです。どういうことかというと、普段の私は快楽を求めはしても、「自分の人生に満足していない」という憤懣を抱えて生きており、その虚しさを直視したくない様子が見えてきたのです。

いつも他人に評価されることを望みながら、そうはなれない自分に対して憤懣を感じていました。評価にかなうよう努力をしても、そもそもそれが自分のやりたいことではない。いわばアクセルとブレーキを絶えず踏んでいる状態です。

私にとっての断食は、葛藤を浮き彫りにする試みとなったわけです。とはいえ、すべての人にとっての断食がそのような経験になるとは思いません。

けれども食を断つことによって、普段は見ないようにしている心の奥がうかがえ、直面したくない自分が浮上して来るのは間違いないと思います。

他者によって自分がジャッジされることに慣れ過ぎて、私たちは自らを観るのを怠っています。断食とは、観念的なアイデンティティーの探索ではなく、身体によって自らと向き合う時間といえます。

断食をすれば「すっきりする」「デトックスできる」と成果や成長を最初から求めても、その通りの答えは得られないでしょう。

私たちは日々自分を装う術には巧みになっていても、素顔をさらすことは恐れています。そういう意味では断食とは、自らを開示するという滅多にできない体験をもたらしてくれるのではないかと思います。

文:尹雄大

“関連特集:
Rhythm内の「ダイエットメニュー」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

旬を楽しむ!夏野菜を使ったアイデアレシピ5選

  • Food

旬を楽しむ!夏野菜を使ったアイデアレシピ5選

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

  • Exercise
  • Food

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

血液年齢が若返る?デトックス成分「クロロフィル」とは?

  • Beauty
  • Column
  • Food

血液年齢が若返る?デトックス成分「クロロフィル」とは?

冷え性を改善する食べ物5選:体を温めるスパイスも!

  • Food

冷え性を改善する食べ物5選:体を温めるスパイスも!

食事で日焼け対策!”紫外線対策”に有効な食品5選

  • Beauty
  • Food

食事で日焼け対策!"紫外線対策"に有効な食品5選



新着記事

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Exercise

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Column

ダイエット最大の敵はお菓子やラーメンではない?(ボクの最後のダイエットvol.2)

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

  • Relaxation

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

  • Beauty
  • Food

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる