あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.8 〜苦しい道を選んで進む。それが野人流〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.8 〜苦しい道を選んで進む。それが野人流〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.8 〜苦しい道を選んで進む。それが野人流〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場がかかった大事な試合でゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

最終回となる第8回目は、敢えてガイナーレ鳥取のGMを辞めることなく続けると決心した熱き想いを伺いました。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

だから、サッカーは楽しいんだ

——人口最少県の小さなクラブ「ガイナーレのGM」ということで、スポンサー集めの営業でも、かなり苦労していらっしゃったようですね。

2015年シーズンが始まったばかりの時に、審査基準の変更がありました。そこで、債務超過のため、J2ライセンスの申請を断念するという大きなピンチになりました。つまり、シーズンが始まったばかりだというのに、例えJ3で優勝したとしても、J2に昇格できないという状況だったんです。

それでも、いろんなご縁で、僕たちの熱い想いに呼応してくださって、お金の面だけでなく、チームの経営や運営、集客などの面でも支援してくださるスポンサーの方と出会うことができました。

自分が選手として頑張ってきた時に繋がった多くの方々の縁が拡がっていって、助けていただいた。サッカー選手として、一生懸命やってきて、本当に良かったと思っています。

——大ピンチのときに、強力なスポンサーが現れたのですか?

そうです。実は僕、LUNA SEAのメンバーと仲がいいんですよ。正月に帰省していて、横浜にある祖母のお墓参りに行ったときに、メンバーの一人から電話がかかってきて、「今、どこにいるの?」と。

横浜にいると言うと、「復活ライブを横浜アリーナでやるから、来なよ」と。ちょうど、横浜アリーナの前にいたので、じゃあ、行きますってことで、久しぶりに再会したんですね。

そこで、メンバーのみんなから、「なんか、偉い人になっちゃったんだって? GMなんでしょ? いろいろ大変みたいだから、サッカー好きなスゴい人、紹介するから、ライブ後のパーティーにも来なよ」と誘ってくれました。

そこで紹介いただいたのが、コンサートなどのプロデュースをする会社、バックステージプロジェクトの杉本社長でした。

挨拶をしたら、「岡野くん、ここで何やってんの?」って言われて、ガイナーレの話をちょっとだけさせていただいたら、「じゃあ、明後日、ウチの事務所に来てください」と。すぐにガイナーレの塚野社長に連絡して、2人で会社に出向いてクラブの現状をお話させていただいたんです。

そうしたら、「事情はよくわかった。厳しい状況かもしれないけど、だからサッカーは楽しいんだよ。大丈夫だよ。よし、一緒にやろう!」って言っていただいた。

杉本社長は、LUNA SEAだけではなく、ブルーハーツやX JAPANを世に出したものすごい方なのですが、「オレはインディーズのバンドをいくつもメジャーにしてきたんですよ。それと同じことをすればいい」と言ってもらい、強力なサポートをしていただけることになりました。

積み上げていくには、潰さないことが大切

——ピンチを脱したとはいえ、まだGMは辞められないですね?

やはり、GMを引き受けた身としては、簡単には辞められないですよね。とにかくJ2に昇格することを目指しています。

やはり、J3とJ2では、チームの収入がかなり違うんですよ。J2になると、経済効果はすごいですから。ホームの試合になると、対戦相手のサポーターのみなさんがたくさんやって来る。ナイターの試合の時には、現地の宿泊施設に宿泊する人も多く、ついでに観光もして、お土産も買ってもらえる。

ガイナーレがJ2にいた時、1試合あたりの経済効果は6〜8億円あったとも言われているんです。だから、そこに関わってくる仕事をしている人たちは、「再びJ2に上がって欲しい」と言って、応援してくださるんですね。

——当面の目標はJ2昇格ですが、やっぱり、その先の夢などもありますか?

塚野社長とは、そのことについてはいつも話していますが、もちろん、J1に行くことですよね。その前に、積み上げていかないといけないことがたくさんあります。

ひとつひとつ、積み上げていかないといけない。そのために必要なことは、“チームを潰さない”ということなんです。それが重要。

なぜかというと、ガイナーレというクラブチームが存続している限り、決してJ1への道が閉ざされることがないですから。クラブとしては規模の小さいレスターがプレミアリーグで優勝できたのがいい例ですよ。

お金がどれだけあるのかとか、クラブの環境なんて関係ない。規模は小さくても、潰さないでひとつひとつ積み上げて行けば、その先には必ず、結果が付いてくると思います。

とにかく、今、ガイナーレはどん底から這い上がろうともがく苦しい時期ですが、そんな状況の時に少しでも手を差し延べようと力になってくれる人たちが集まってくださっています。

あの、ジョホールバルの時に、延長戦で岡田さんに呼ばれて、地獄のなかでゴールを決めたときと同じようなことが、この先の人生でもあるんじゃないかと思っています。

——GMになった今も、プレッシャーと戦っているんですね。

GMの仕事というのは、本当に多岐に渡りますけど、僕はとにかく、「やれることをやります!」と言って、やれることを精一杯やっているだけです。

40代になってくると、企業の社長さんなどでは同世代の人が増えています。

リアルタイムでジョホールバルの試合を観ていたという方も多くなってきました。その時の話をいろいろした後にガイナーレの話をしてお願いすると、「岡野さんだから、しょうがないけど……、ズルいよね」と言いながらも協力してくださいます。

野人・岡野だからできることをひとつひとつ、大事にやっていきたい。とにかく、動いて、全国を飛び回って、少しでも多くの方にガイナーレを知っていただいて、少しでも気に掛けていただけたり、応援していただけるようなことができればいいんじゃないかと思っています。

——現役時代と一緒で、とにかく、最短距離を目指して、全力疾走ですね。

もちろん、チームの勝ち負けも大事なことですが、そこは他のスタッフでもできることなので、自分ができることをやる。そして、ガイナーレというクラブチームがひとつひとつ積み重ねていけるように、まずはクラブを存続させるための仕事に全力を注いでいこうと考えていますから。その上で、チームが強くなって、勝ち続けられるようになれれば、最高だな、と。

何もないから何でもできる。その可能性に賭けたい

——岡野さんにとって、ガイナーレは縁もゆかりもなかったクラブチーム。なのに、ここまで熱くなれるガイナーレ鳥取の魅力は何なのでしょうか?

やはり、60万人に満たない人口最少県であるプロサッカーチームで、しかも、国内に10個くらいしかないサッカー専用スタジアムが、鳥取市の「とりぎんバードスタジアム」と米子市の「チュウブYAJINスタジアム」と2か所もあるというところですね。

鳥取県内には、エンターテインメントというか、スポーツで地域の人たちがひとつになれるモノってガイナーレしかないんです。だから、ガイナーレが強くなればなるほど、町おこしができるんじゃないかと本気で思っているんですよ。

こんなことを話すと、「バカじゃねえの?」って言われるかもしれませんが、僕の夢は、鳥取県に新幹線を走らせることなんです。ガイナーレをもっともっと強くして、やがてJ1に常にいるようなクラブにすれば、全国からたくさんの人が観戦しに来てくれる。

そうなってくると、2つのサッカー専用スタジアムを拡張して、さらに立派にすることができるかもしれない。さらに、飛行機の本数も増やそうとか、ホテルなどの宿泊施設を増やそうといった話も出てくるだろうし、その先には、もしかしたら山陰に新幹線を走らせようといったことになるかもしれない。

ガイナーレが強くなれば、もっとサッカー文化が県民のみなさんにもっと根付いていって、各自治体がサッカーで地元のPRをしていこうという動きも出てくるでしょう。

そこで、ガイナーレの注目度があがって、どんどんいい選手が入ってくるようになっていけば、そこから学んだ下部組織で育った若い選手が成長していって、日本代表に選出される日がくるかもしれないですから。

多くの人は、「何もないから何もできない」と言うんですけど、僕は逆だと思っています。「何もないから、何でもできる」と。たくさんの可能性を秘めているんだとポジティブに考えていて、そこに賭けてみたいということですね。

今は、まだまだ弱いし、かつてのレッズのように邪魔者扱いされたり、「もう、プロチームなんて辞めてしまえ」なんて言われたりもしますが、多くの人がJ2に昇格して欲しいと願っている。

いつかJ1にと、一緒に夢を追いかけながら応援してくれる人のほうが圧倒的に多いんですよね。それは、街を歩いているだけで多くの方に声をかけていただくなかで、ひしひしと感じています。

これ以上、小さくなりようがない。大きくなっていくだけ

——どんな感じで地元の方たちが声をかけてくるのでしょうか?

「頑張ってください!」とか、チームが不調であれば気に掛けて心配しつつ、励ましてくれます。最初の頃は、「観光ですか?」って言われてばかりでしたけど、最近は少なくなりましたね。

コンビニなんかに入っても、みなさん、声をかけてくれます。

ちょっと前に「野蛮人さんですよね?」って声かけられた時は苦笑いしちゃいましたけど(笑)。とりあえず、「いや、野蛮人じゃなく、野人ですから」と返しておきましたが……。本当にたくさんの人がガイナーレを応援してくれているんだなあ、と思います。

GMになる前は、東京や横浜に戻ると「ジョホールバルの試合、観てました!」とか、「レッズの頃は毎試合、応援していました!」といった感じで声をかけられることがほとんどでしたが、最近は「ガイナーレ応援していますよ」って言っていただけるようになりました。

最近、感動したのは渋谷の街を歩いているとき。僕とすれ違った若者が、しばらくしたら、後ろのほうで「ガイナーレ、頑張れ!」って叫んでくれたんですよ。代官山って言う、ちょっとオシャレな街ですけど、そんなところで、「ガイナーレを応援してくれる叫び声がこだましているんだ」と思ったら、なんだか、ものすごく嬉しかった。

今では、全国どこに行っても、サッカー好きな人がいて、みんなガイナーレを知っているし、小さいクラブだけど面白いと思って、興味を持ってくれています。

僕らは、「強小」というチームコンセプトのもと、規模は小さいけれど強いチームを目指そうとやってきた。

本当に小さいクラブチームですが、これ以上、小さくなりようがない(笑)。後は強くなって、大きくなっていくしかないんだと考えて、前に進んでいきたいと思っています。

苦しい道を選んで突き進む。それが、“野人流”

——一度、やると決めたら、真っ直ぐがむしゃらに突き進むという、現役時代と変わらないところが野人・岡野の魅力ですね。

うーん……、「なんでこんなに苦しいことをやってんのかな?」って、自分で思うこともあるんですよね。正直に言えば、かつてのサッカー選手仲間から「なんで、いつまでやってんの?」なんて言われることもあります。

でも、一度、やると決めたのであれば、その目標や夢を達成するまでは、諦めたくないといった性分なんでしょうね。

僕は、今まで目標を達成するまで諦めたということが1回もないんですよ。しかも、その目標や夢はすべて叶えてきましたから。日本代表になってW杯に出ることもできたし、高校時代はサッカー部も作ったし、大学生のときは洗濯係からのスタートでレギュラーになって大学選抜にも選ばれた。レッズに入団してプロサッカー選手にもなれたし、それなりに活躍できたし、優勝も経験できた。

何に関しても、やると決めた目標や夢に向かっていれば、できないはずはないと思っています。逆に何かを諦めてチャレンジしないでいれば、必ず自分は後悔するだろうと考えてしまう。だからこそ、チャレンジしないよりはしたほうがいいんだと、常にポジティブに生きているんです。

——だからこそ、ガイナーレのGMは辞められないんですね?

昨シーズンのホーム最終戦後、ゴール裏に行って、サポーターの前でこう言ったんですよ。

「責任取るって言ったけど、責任取るっていうのは、やり続けることだと思う。だから、GMを続けさせてください!」と。

繰り返しますが、GMを辞めるほうが、僕にとっては楽な道です。しかし、そうではなく、より辛い道を僕は選んで生きていきたんですよね。だったら、自分らしく、より辛い道を選択するために、サポーターのみなさんに自分の想いを伝えて、お願いをしたんです。

自分にとって、敢えて苦しい道を選択してGMを続けるというのも、ひとつの責任の取り方。ガイナーレを応援してくださる方々を裏切りたくないという想いだけです。

とにかく、最低でもJ2に上がるまでは、どんなに苦しくても続けていきたいですね。

それが、“野人流”だと思っていますから。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

歯が痛い・しみる・頭痛…症状別対処法【歯科医監修】

  • Column

歯が痛い・しみる・頭痛…症状別対処法【歯科医監修】

青山剛「夏は走らないランニングトレーニングも!」 ~トライアスロン的夏トレのススメvol.1〜

  • Column
  • Exercise

青山剛「夏は走らないランニングトレーニングも!」 ~トライア ...

パパに知っておいてもらいたい、産後ママの心のつかみ方

  • Column

パパに知っておいてもらいたい、産後ママの心のつかみ方

神社に行くとリラックスできるのはお清めの効果だった!?

  • Column
  • Relaxation

神社に行くとリラックスできるのはお清めの効果だった!?

電動歯ブラシの寿命ってどのくらい?【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

電動歯ブラシの寿命ってどのくらい?【歯科医監修】

新着記事

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

  • Exercise

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

  • Relaxation

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

  • Relaxation

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

  • Exercise

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

  • Beauty
  • Relaxation

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる