あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.7 〜野人、引退。ガイナーレのGMになる〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.7 〜野人、引退。ガイナーレのGMになる〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.7 〜野人、引退。ガイナーレのGMになる〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場がかかった大事な試合でゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

第7回目は、ガイナーレで現役を引退後、GMに就任するまでのお話です。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

野人・岡野 ガイナーレ鳥取へ

——高校卒業後は、日本大学に進学。有名選手ではなかったものの、快速FWとして活躍し、大学3年生の時に中退して、1993年に浦和レッズに入団。2001年シーズン途中からヴィッセル神戸に2003年まで在籍したものの、再び浦和レッズに戻り、活躍。2008年に浦和を離れることになったんですよね。

そうですね。2008年に契約が満了することになり、浦和のチームのスタッフとして働いて欲しいという話をいただいたのですが、まだ、僕は現役を続けたかったので、断りました。でも、なかなか受け入れ先が見つからないままで、その頃にたまたま、香港でサッカーのイベントがあって、ゲストで参加したんです。

そこで気に入られて、ぜひ、ウチのチームにと誘われて入団したのが、ペガサスです。そこで1年間くらいプレーしました。

翌年の2009年に帰国したのですが、その時はすでに36歳だったので、もう、さすがに誘ってくれるチームはないだろうと思っていました。

ところが、ガイナーレ鳥取の社長である塚野(真樹)さんから連絡があって、会ってくれないか、と言うんです。確か、渋谷あたりで会ったのかな。正直言って、その時は、ガイナーレ鳥取というチームがあることは知っていたけれど、どういうチームなのかはまったくわからなかった。

——どんな話になったのですか?

近いうちに試合があるので、ぜひ、見に来て欲しいと言うんですね。当時はまだ、JFLで戦う小規模のクラブのアマチュアチームだったけれども、Jリーグを目指しているチームなんだという熱い話を聞いて、興味を持つようになりました。

Jリーグを目指して頑張っている新しいチームなら面白いと思ったので、「じゃあ、1回、見に行きます」ということで、ガイナーレのホームスタジアムであるバードスタジアムに行きました。レッズにいたときに天皇杯で試合をしたことがあったのですが、国内では数少ないサッカー専用スタジアムですし、けっこうな数のサポーターが入っていて、雰囲気もいい。

観覧席に通されて、観戦しながらチーム関係者の方々からも熱い話を聞いていたら、まだまだ僕にもやれることがあるんじゃないかと思った。その時点で90%くらい、僕の心は決まっていました。

あとの10%は何かというと、家族の同意ですよね。なんせ、鳥取県という、関東からは遠い地方ですからね。

嫁に何も言っていなかったので、勝手にその場で決めちゃうと大変ですから(笑)。

自宅に戻ってから、「ガイナーレっていう面白いチームが鳥取にあって、熱く誘われているんだけど、どうかな?」と話してみたところ、「好きなことやればいいんじゃない?」と。家族の同意も得たので、ガイナーレに入団することを決意しました。

加入して2シーズン目でJ2昇格!

——サポーターや鳥取県民からすると、本当にあの野人・岡野が来るのかと半信半疑だったようですね。

ビックリしている人も多かったようですね。でも、僕はガイナーレに行くと決めたのなら、徹底的に全力でやってやろうと決心していました。僕は、入ったチームでは命かけてやろうといつも思っていますから。

なのに、最初の頃は県民の人に会うと、「岡野さん、旅行か何かで来られているんですか?」って言われてばかりでしたけど(笑)。

結局、JFLの2009年シーズン途中からガイナーレでプレーしたのですが、最初のシーズンは5位で終わりました。しかし、翌シーズンの2010年にはJFL史上最速となる、5試合を残してぶっちぎりの優勝を果たしました。そして、J2へ昇格することができました。

——鳥取の印象はどうでしたか?

最初に僕が鳥取に行った時の印象は、人口最少県で、本当に何もないところだなあ、と。人口は一番少なくて、東京都の世田谷区よりも人口が少ない。でも、そんなところにサッカーのプロチームがあるって、本当に凄いことだなぁ、と思いました。

僕が加入した時は、まだプロチームではありませんでしが、翌年にはJFLで優勝して、ついにJ2に昇格しました。入団した時からJ2に昇格することを目標にチーム一丸となって頑張っていましたが、このクラブの規模だと、例え昇格圏内の順位を確保しても、昇格に待ったがかかるんじゃないかと心配していたんですよね。でも、Jリーグの理事会で承認されて、本当にJ2に昇格できたので、凄いなって思いましたね。

J2昇格を果たしたとき、僕は37歳になっていました。今まで、レッズでもどこでも、ずっと命かけてやってきた。レッズでJ2に落ちたときには、「絶対に1年でJ1に戻してやる!」と決意してレッズに残りました。そういうプレッシャーをいつも抱えてプレーをしていたんです。

当時、ガイナーレはJ2に加入できれば、降格することはない制度だったんですね。だから、これまでプレッシャー続きのサッカー人生だったけど、J2昇格の目標は達成したから、少し気楽にやって、選手生活を終えることができればいいなあと思っていました。

ところが、J2に昇格した年に、J3ができて、J2で成績が悪いとJ3に降格する制度ができてしまったんですよ。気楽に行こうと思っていたのに、「また、必死にやんなきゃいけないじゃん!」って(笑)。その時、「なんか、オレってそういう運命なんだな」と覚悟しました。やるからには、気楽にはやらせてもらえない運命なんだなあ、と思ったのを覚えています。

引退して、いなくなるのは“自分らしく”ない

——J2昇格を果たしたものの、なかなか苦戦したようですね。

J2に昇格して2シーズンは何とか粘りましたが、3シーズン目に入れ替え戦で破れて、とうとう、J3に降格してしまった。このとき、僕はすでに41歳です。そろそろいいんじゃないかな、と。もし、入れ替え戦でJ3に降格してしまったら、現役を引退しようと覚悟を決めていました。

鳥取では、やりきったという感じもしていましたし、もういいだろう、と。僕はコーチや監督のライセンスなどは持ってないですから、引退してやれることって何だろうかといったことも考えたりするようになりました。

その年にブラジルW杯で解説の仕事やバラエティ番組への出演のお誘いなどもいろいろいただいていたんです。解説やタレントの仕事をするのもいいかも、などと思っていたのですが、ちょっと待てよ、と。J3に落ちてしまうっていうことは、クラブの収入もガタっと落ちるから、ガイナーレにとっては大ピンチなんだよな、と。

レッズがJ2に降格したときに、自分ひとりで選手全員に残って一緒に戦おうと説得して回ったことを思い出したんです。ガイナーレがJ3に降格したところで、自分だけ「引退します」と言っていなくなるっていうのも、何だか自分らしくないなあ、と。

ガイナーレは大ピンチなのに、呑気に解説しているだけでいいのかなあという想いもあったので、現役を引退してからも何かガイナーレに貢献できることはないものかと考えていました。そんな時に、ガイナーレの社長の塚野(真樹)さんに、「GMをやってくれないか」と言われました。

野人、ガイナーレのGMになる

——選手を引退して、いきなりクラブチームのゼネラルマネージャーというのも珍しいですね。

ビックリしちゃって、「GMって何するんですか?」って思わず聞いてしまいました(笑)。で、家に帰ってからGMについて調べてみると、人事や営業など、チーム運営を取り仕切るクラブ経営の総責任者って書いてある。特に重要な仕事はチームの強化や補強だとも。

なんとなく、葉巻でも吸っているイメージが湧いてきてしまいましたが(笑)、もちろんそんなことはありませんよね。実際にやってみるといかに大変な仕事なのかということが、よくわかりました。

塚野社長に誘われてGMになったわけですが、GMになって4年目に突入ですし、ガイナーレに選手として関わってから今年で10年目になるんですよね。僕自身、こんなに長くガイナーレに関わることになるとは思っていませんでしたが、もう、ドップリです。

でも、いまだに「東京から通っているんですよね?」って言われることが多いですね(笑)。「いやいや、僕、ずっと選手の時から鳥取県民ですよ」って。「家族も一緒に鳥取県内に住んでいるし、娘は地元の学校に通っていますから」って(笑)。

GMとしてガイナーレを支える理由

——これだけのネームバリューがあって人気者の野人・岡野さんですから、東京に戻れば、解説者やタレントとしての仕事もある。なのに、今でも鳥取県内で家族と一緒に暮らし、小さいクラブチームであるガイナーレを支えようとするのは、どうしてなんでしょうか?

現役を引退してGMをやってみて、選手時代には気づかなかったことがたくさんありました。「ああ、現役のサッカー選手っていうのは、こうやって裏方で動くたくさんの人たちに支えられて、初めて活躍することができるし、チームとして成り立っているんだなあ」と。それがわかったので、チームを支えてくれる人たちへの感謝の気持ちが一層、強くなりました。

それともうひとつ。僕は、やると決めたら、やり過ぎちゃうというくらい、真っ直ぐに頑張っちゃうんですよね(笑)。あちこちに頭を下げてサポートいただいているのですが、とにかくガイナーレの未来を熱く語り、その心意気を受けとめてくださった多くの方たちにサポートしていただいているんです。これだけたくさんの方々を巻き込んでしまっているのに、今さら、「僕、辞めます」とは言えないんです。

もちろん、なかなかJ2に再昇格できないので、GMである僕に対する批判があることも知っています。しかし、誤解を恐れずに言えば、ガイナーレでGMとして続けるというのは、僕にとっては“罰ゲーム”みたいなものなんですね。

自分のことだけで言えば、「何でこんな大変なことを僕がやらなきゃいけないんだ」っていうことなんです。

だから、本当に「今すぐGMを辞めろ」と言われれば、逆にホッとするし、そっちのほうが楽ですから。辞めていいのであれば、「ありがとうございます」と言って、いつでも辞めます。

でも、僕の熱い想いに賛同してくれたり、心意気を買ってくれてガイナーレに対する熱い想いを持ってサポートしてくださる方たちが全国にたくさんいるんですよ。そんな方たちの想いを考えると、僕は今、絶対に辞められないんです。


——GMだと、チーム運営の他に、チームの強化や補強の責任者でもあるので、大変ですね。

確かにそうで、チームの強化や補強の責任者であるということは、そのシーズンの成績が悪ければ、辞任をしないといけないかもしれない。しかし、僕の熱い想いに賛同してくださるスポンサーの多くの方たちは、僕がGMを辞めるのなら、もうお金は出さないと言われてしまうかもしれない。

ずっと二人三脚でやってきた塚野社長と、GMの僕がいなくなると、ガイナーレ自体の存続が危うくなるからだという理由なんですけどね。そういう意見もあったので、今シーズンから、チーム強化や補強のことは他の者に任せることにして、僕はスポンサー探しの営業に専念することにしました。

シーズン前の時期になると、ずっと選手や監督、コーチを探して交渉するという途方もない量の仕事をこなしてきたのですが、今季は一切、任せています。

昨シーズンは、けっこうメディア関連のオファーがたくさんあったのですが、ガイナーレの成績があまりにもふるわなかったので、自粛していました。でも、今シーズンはどんどんメディアでの露出を増やしていこうと考えています。

そのほうがガイナーレの知名度も上がるし、鳥取県の宣伝にもなる。ガイナーレや鳥取県のためにもいいんだと思ったので、鳥取県の方たち、ガイナーレのサポーターの方たちに喜んでもらえるように頑張っていきたいと思っています。

クラブを存続させることが大事

——スポンサー集めの営業に専念しつつ、ガイナーレの広告塔としての役目を重要視するということでしょうか?

もう、それだけに徹底して、力を入れていきたいと思っています。昨シーズンまでは、すべての試合に同行していましたが、それもやめます。そうすると、週末にはスケジュールが空くようになるので、地元のイベントにも出られるようになる。僕がいろんな話をすることで、多くのみなさんにサッカーやガイナーレの魅力を知っていただけるようになると思っていますから。

これまでは、スポンサーになっていただくためにお願いに行く時には、「J2に昇格したいので、お願いします!」と言っていましたが、これからは、「ガイナーレを続けていきたいので、お願いします!」と言おうと思っています。

なぜ、そうしようと思ったのかと言いますと、これまでは、「J2に昇格するために力を貸してください」というお願いをしてきたのですが、それだと、勝てなくて昇格できないなら、スポンサーを下りるという話がどうしても出てきてしまうじゃないですか。

でも、他のクラブの現状を見ても、ガイナーレ以外のチームのほとんどが苦しいんですよ。現在、Jリーグに加盟しているクラブは54あるのですが、そのなかで経営がうまくいっているのは、数えるほどだと思います。多くのチームがギリギリのところでやっている。

地元にクラブチームがあるという誇りを大事にしたい

——プロである以上、勝負の世界だから勝ち負けは重要という面もありますね。

僕もずっと選手としてやってきたので、プロのサッカー選手である以上、勝たないといけないし、負けたら地獄だと思ってやってきました。けれども、今、ガイナーレのGMとしてこの3年間やってみて思ったのは、プロサッカークラブの経営という意味では、勝ち負けだけじゃないんだなあと思ったんですよ。

それよりも大事なのは、その地域に地元のクラブチームがあるんだっていう“誇り”なんじゃないか、と。

もちろん、地元のクラブが勝ったら嬉しいのですが、我が町にクラブがあるっていう、その存在そのものがすごく大事なんじゃないかと。もちろん、どのクラブも勝ちたいし、優勝もしたい。

優勝するためにチームを強くしろ言う人はたくさんいますが、そのためにどこのチームも努力している。しかし、全チームが優勝できるわけでもありません。スポーツですから、調子がいい時もあれば、悪い時もある。

広島カープなんて、20年以上ぶりの優勝ですし、レッズなんか、もう10年以上、優勝していないですからね。そう考えると、どんなスポーツのチームだって、優勝するためにどうするか考えながら努力をしているわけですから、そうそう、簡単に優勝できるわけではないんです。

だから、僕はガイナーレのサポーターや県民のみなさんによく言うんです。「この人口最少県である鳥取県のことを冷静に考えてみてください。この小さな県に、サッカーのプロチームがあるっていうこと自体が、ある意味、奇跡です。それだけでも凄いことなんです」と。

鳥取県の人たちにとって、ガイナーレという存在は、もう、当たり前になっているのかもしれませんが、他県でガイナーレの話をすると、みんな興味を持ってくれるんですよね。その凄さや魅力をわかってくれるので、応援してくれるんですよ。「凄いじゃないですか。どうやってここまで続けてこられたんですか?」などと、いろんな質問が飛んできます。

今ではたくさんの地方のクラブが話を聞きにくるほどです。それくらい、人口最少県の鳥取県にプロのサッカークラブがあるというのは、凄いことなんだと再認識していただきたいと思っています。

小さいクラブだからこそ、何でもやる

——成績云々で批判をするのはカンタンですが、厳しい環境のなかでプロのサッカーチームを存続させているということは、考えてみれば確かに凄いことですよね。

もちろん、「ガイナーレのフロントは何やってんだ!」とか、「いつになったらJ2に上がるんだよ!」などと批判する人も少なくありません。でも、クラブのスタッフたちは様々な努力をしています。やれることをすべてやっているという自負があります。

一部のビッグクラブであれば、一生懸命に努力しなくてもお金がありますし、スポンサー探しに営業に行く必要もない。サポーターもたくさんいるので、黙っていても来てくれます。でも、僕らはお金がないし、スタッフの人数も少ないので、全員が何でもやらないといけません。

スポンサー探しの営業にも行かないといけないし、運営もしていかないといけない。

ガイナーレのクラブ職員たちは、何でもやるんです。全員が何でもやるので、設営から運営、営業、広報までこなす。大きなクラブだと、自分の担当部署の仕事しかできないのですが、ガイナーレの社員は違う。だからこそ、他のクラブから引っ張りだこになっていて、他のクラブに請われて行くことが多いんですよ。小さいクラブだけれど、みんなが誇りを胸に抱いて、地域の人たちと共に戦っている。だから、何でもやれるんです。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

質のよい睡眠をとるために積極的に食べたい食材は?

  • Column
  • Food

質のよい睡眠をとるために積極的に食べたい食材は?

医師が解説!カフェインの過剰摂取を控えるべきケースとは?

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!カフェインの過剰摂取を控えるべきケースとは?

効果的な水分補給プラスαで風邪&インフルエンザ対策~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.23~

  • Column
  • Relaxation

「お肉で痩せる!?」お肉がダイエットに効果的な理由とは【長谷川香枝さん インタビューVol.2】

  • Column

「お肉で痩せる!?」お肉がダイエットに効果的な理由とは【長 ...

奥歯を健康に保つことは美味しい効率化なのだ by 梶原由景  ~奥歯のモノ語りVOL.1~

  • Beauty
  • Column

奥歯を健康に保つことは美味しい効率化なのだ by 梶原由景 ~奥 ...



新着記事

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.4:肩周り編Part1~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.4:肩周り編Part1~

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる