あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場がかかった大事な試合でゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

第6回目は、決してエリート街道を走ってきたワケではない野人・岡野の原点のお話です。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

快足小学生から、中途半端な中学時代へ

——話は小学校や中学校の頃に遡りますが、小さい頃から足が速かったのでしょうか?

まあまあ、速かったですよ。小学生の時からリレーの選手には常に選ばれていましたし、陸上の大会にも駆り出されて出場していましたから。サッカーの試合では、ポーンとボールを前に蹴って走れば、それで相手を5人くらい抜いて独走態勢。そのまま、バンバン、ゴールを決めていました。

地元は神奈川県の日吉なんですけど、そんな感じだったので、地域ではある程度。有名だったと思います。それで、小学6年生になったときには、日吉にある慶応大学の附属中学校から推薦の話がありました。

今思えば、何で入らなかったんだろうって思いますが、サッカー仲間の友だちはみんな地元の公立中学に行くじゃないですか。だから断って、一緒に公立中学校に行くことにしました。

それが間違いだったかもしれないですね(笑)。けっこう、自分も反抗期だったし、周りのノリも変わってきた。僕らの世代だと、けっこうパンチパーマの上級生もたくさんいたりして、ヤンキー全盛の時代でした。

今のJリーグのクラブのようなプロチームがあるわけでもないし、サッカーなんかしていても何の役にも立たないから辞めなさいって言われるような時代でした。ちょうど、バンドブームもあったりして、そっちのほうが楽しいっていう感じになってしまったというのもありましたが、さらに、僕は成長が遅くて、身体能力的にも劣る感じになってしまったんです。

足も目立つほど速いというわけでもなくなって、サッカーも中途半端になってしまって、レギュラーにもなれない。学校のチームも弱くて、区の大会で負けることもあったほど。そういう意味では、中途半端にサッカーを続けた中学時代でしたね。

中学卒業が近づいてきた頃には、サッカー推薦の話なんてないし、勉強もダメ。自分の学力で行ける高校にはサッカー部がないので、進路に悩んでいたところ、ちょうど、カズさん(三浦知良)の本に出会ったんですね。

カズさんが高校を8か月で中退して、ブラジルにサッカー留学した時の話がまとめられた本だったのですが、それを読んで、「スゴい、こんな人がいるんだ」と思った。そこで、「僕もサッカーを続けるんだったら、ブラジルに行こう!」と思ったんです。

ところが、僕はひとりっ子なので、親は心配です。「中途半端にそんなことすると危ないから、自分ひとりでちゃんと生活できるようになってからにしなさい」ということになった。

その後、親の知り合いの話によると、島根県に全寮制の高校があって、サッカー部もある、と。島根県だったら、高校の数も少ないので、3〜4回勝てば全国大会に出られるよって。それで、まったく縁もゆかりもない島根県松江市にある高校に入学することになったんです。

刑務所並みに厳しい、不良が集まる高校へ

——高校時代の話は、岡野さんの著書『野人伝』にも詳しく書かれていますが、全国から選りすぐりの不良が集まる高校で、まるで刑務所や軍隊の訓練校並みに厳しい学校として描かれていますが、全部、本当の話なんですか?

全部、本当の話です!(笑)。漫画『魁!! 男塾』のモデルとなった全寮制の男子校で、沖縄から北海道まで、中学生なのに暴走族の総長をやって束ねていたとか、何かの武道で優勝しているけど、ちょっとお行儀が悪いとか(笑)。とにかく、筋金入りの不良でケンカが恐ろしく強いヤツばかりが全国から集まってきていたんですよね。

その高校時代のものすごいエピソードに関しては、「野人伝」を読んでいただければと思いますが、とにかく、サッカー部があるという話だったのに、部室がないんです。先生に聞くと、「あそこでボール蹴っているヤツがいるから、聞いてこい」と。

それらしき人がいたので、「サッカー部の人ですか?」と聞くと、「ああ、そうだよ」って。「サッカー部入る?」って言うので、「はい! ところで何人くらいおられるんですか?」と聞くと、「あ? オレしかいねえよ」と言うんですね。しょうがないから、理事長室に行って、「サッカー部を作ってください」とお願いしました。

募集をしたところ、集まったのは20人くらい。でも、サッカー経験者は僕と最初からいる先輩のみで、あとは、体育でやったことがあるとか、人を蹴飛ばすのは得意だと言い張る人ばかり……。しかも、刑務所並みの厳しい寮だったので、入部の理由は、その寮から出られる時間が多くなるから、というものでした。

大乱闘となった初の練習試合

——サッカー部を立ち上げたはいいけれど、前途多難な船出ですね……。

それでも、人数的には揃ったし、そろそろ練習試合をしたいということで、先生にお願いして県内のサッカー部がある高校に連絡してもらったのですが、「お宅とは絶対に試合はしたくない」と断られてしまったんです。それくらい、他の高校からは恐れられていた高校だったんです。

ただ、1校だけ、試合を引き受けてくれた高校があったんですよ。

喜び勇んで行ってみたら、そこも、同じように県内の不良が集まることで有名な高校でした。学校中の窓ガラスが割られているし、スプレーであちこちに落書きがあるという感じ。それでも、サッカー部員は普通の生徒なんだろうとユニフォームに着替えてグラウンドに出てみたら、長ランにボンタン姿でボールを蹴っているヤツらがいる。

リーゼントとかパンチパーマで、マスクしていたり、ガムを噛んでいたりと、絵に描いたような不良ばかり。でも、靴だけはちゃんとサッカーのスパイクを履いているっていう(笑)。さすがに長ランは脱いでいましたけどね。

試合開始の笛が鳴ったとたん、案の定、ウチの先輩たちはダッシュして跳び蹴り……。乱闘になった瞬間、サッカー部以外の生徒も校舎から飛び出してきて、大乱闘になりました。ところが、こちらのチームは、その道では超エリート。実戦経験も充分ですから、次々と倒していくんです。

全員を倒したところで、先輩が「おらあ! 勝ったから帰るぞ!」って。ボールは1ミリたりとも動いてなかったんですけどね……。

乱闘後、僕は泣きながら、「サッカーってこういうもんじゃない。ケンカは絶対にしないでください!」とお願いしてから、変わっていったんですよ。

もともと、こういった筋金入りの不良っていうのは、不良グループのなかではリーダー格で芯が強い人間ですし、身体能力は高いんですよね。その日以来、みんなが一生懸命、サッカーに打ち込むようになりました。

高校時代の経験が野人・岡野の原点

——そこからどんどん、強くなっていったんですか?

次の試合は20点くらい入れられて負けましたが、だんだん点差が縮まっていくようになりました。5−0とか、3−0とか。ついに1−1で引き分けたときには、もう、みんなで大泣きしましたね。小学生からずっとサッカーやってきたような選手が揃う高校のチームに、半年くらいで引き分けに持ち込めるようになった。

それで、もうすぐ2年生になるという頃に春の新人戦があって、なんと県内で3位になった。半年で県内3位だから、ものすごい成長じゃないですか。2年生になった時には、新入生の募集もちゃんとやって、サッカー経験者が入ってくるようになりました。

急激に力を付けている高校ということで、県内の強豪校とも練習試合ができるようになって、やがて、強い高校にも勝てるようになっていきました。

結局、冬の選手権を含め、全国大会に代表として出場することはできませんでしたが、サッカー部がちゃんとした形になって、3年間で県内でも有数の強豪校にまでなったというのは、今思えば、貴重な体験でした。

最後の選手権の予選は、残念ながら1回戦で負けてしまいましたけどね。

それでも、全国から不良が集まる男子校が、今では男女共学の普通の高校として名前を変えてスタート。サッカー部も県内屈指の強豪校となって、今では冬の選手権では常連校になっています。

——サッカー部だけの話を聞けば、ドラマ「スクール・ウォーズ」にも負けないお話ですね。今、振り返ってみて、エリート街道を走ってきたとは言えず、いわばサッカー選手としては雑草とも言える高校時代は、野人・岡野が誕生するまでにどういう時期だったと思いますか?

高校時代の、まるで刑務所のような厳しい生活を強いられる毎日のなかで教わったことは、「自分を大事にして強くならなければ、他人もやさしくはなれない」ということ。腐っていた中学生の頃は、何でも人のせいにしてばかりでしたから。決して環境のせいにしてはいけないし、すべては自分次第なんだということを教わりました。

僕はサッカー選手としてはメンタルが強いほうだと思っていますが、この時の経験があったからこそだと、今は思えますね。高校時代は、寮を脱走する生徒も多かったのですが、逃げ出さずに耐えたのが良かったのかなあ、と。あそこで逃げ出していたら、たぶん、プロのサッカー選手になれなかったのではないかと思います。

今はサッカー選手を引退して、ガイナーレ鳥取のGMをやっていますが、自分で「もっと楽なことやればいいのに」って思うこともあります。それでも、キツいことに立ち向かってチャレンジしていくことは嫌いじゃないと言うか……。

そういう運命なのかな、と思って、野人らしく、常に夢に向かって真っ直ぐに突き進んでいこうと思っています。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

歯磨きは歯磨き粉によって効果が変わる?【歯科医監修】

  • Column

歯磨きは歯磨き粉によって効果が変わる?【歯科医監修】

身体がだるいだけじゃない!意外と知らない夏バテ症状

  • Column

身体がだるいだけじゃない!意外と知らない夏バテ症状

でいご並木に見る幼い頃の視界 〜島の、リズムvol.4〜

  • Column
  • Relaxation

でいご並木に見る幼い頃の視界 〜島の、リズムvol.4〜

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

  • Column
  • Relaxation

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

ラグビー五郎丸に習え!暮らしを健康にする「ルーティンの取り入れ方」

  • Column

ラグビー五郎丸に習え!暮らしを健康にする「ルーティンの取り ...

新着記事

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

  • Exercise

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

  • Relaxation

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

  • Relaxation

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

  • Exercise

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

  • Beauty
  • Relaxation

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる