あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.4 〜野人、サッカーの世界基準を知る〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.4 〜野人、サッカーの世界基準を知る〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.4 〜野人、サッカーの世界基準を知る〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場がかかった大事な試合でゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

第4回目は、ジョホールバルの歓喜でゴールを経験した後のお話です。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

自分のゴールが歴史の参考書に

——ジョホールバルの時の映像を見ることができるようになったのは、何かキッカケがあったんでしょうか?

娘が小学校3年生くらいになって、歴史に関する参考書が欲しいと言い出したんですね。それで、一緒に本屋さんに行って、買って帰宅したら、ずっと眺めているわけです。日本国内での歴史的な出来事が年代ごとにずらっと並んでいたんですけど、しばらくしたら、娘が「なんで、パパが歴史の参考書に出ているの?」って言うんです。

すかさず、「そんなワケないでしょ。パパが出てるなんてあるわけないよ。クロマニョン人か何かじゃないの?」って言いました(笑)。でも、娘は「だって、パパが出てるよ」って。

何を言っているのだろうと思って見てみたら、本当にジョホールバルの時の1戦が今までの現代史のなかのひとつとして紹介されているんですね。しかも、ゴールを決める瞬間の僕の写真が掲載されているじゃないですか。

そこで、「ああ、そんな歴史的なゴールを決めたんだなあ……」と。その時に、「本当に凄い事をしたんだ!」って、初めて思ったんです。

もちろん、その当時の代表メンバーの力で成し得たゴールではありますが、確かに、こうやって見ると、このボールをゴールに入れたということ自体、凄いことだったんだな、と。しかも、オウム真理教の一連の事件なんかと並んでいるのを見て、自分は大きな出来事に関わる当事者だったんだと気づかされました。

ジョホールバルから10年以上も経って、改めてスゴいゴールを決めたんだなっていうことに気づいて、それで、講演でも積極的にこの貴重な体験を話すようにしようと考えるようになりました。

それまでは、テレビなどで語るのも本当に嫌だったんです。自分は、ジョホールバルのゴールだけではなく、レッズで頑張っていたから代表に選出されたわけですし、そういうところもちゃんと取り上げてくれないと嫌だといったことを主張していたんです。今思えば、メディアの方からすれば、面倒なことばかり言っていたと思います。

でも現役から引退して、ガイナーレのGMをしながらいろんなことを振り返る余裕が出てきたからか、考えが徐々に変わっていったというのもあったと思います。

——大きなことを成し遂げたことを10年以上も経ってから実感できたと……。

それだけ長い時間が必要だったのかもしれないですね。当時はもう、あのゴールを決めたことで、十字架を背負っているような感じになってしまいましたから。

あのゴールのイメージが固まってしまって、岡野は途中から出したほうがいいんじゃないかといった感じになったんです。レッズでも急にスーパーサブ的な扱いになってしまって、自分としては、「ふざけんじゃねえよ!」って。そういったイメージの定着が、現役時代はものすごく邪魔くさかったんですよね。

世界最速選手ババンギタより速かった

——ジョホールバルの歓喜以降、人生の潮目が変わったということもあったのでしょうか?

実はあの後、欧州の名門クラブチームからいくつかオファーが舞い込んでいたんですよ。オランダのアヤックスだとか、ポルトガルのスポルティングとか。僕は会長に直談判したんですけど、レッズ側は絶対に行かせない、と。スポルティングなんか、わざわざ会長が日本まで来てくださって、しかも、すごい金額の提示だったんですけどね。

ジョホールバルの後、これだけの足を持っている選手はなかなかいない、と。キャラクターもいいし、当時アヤックスは足の速い選手を揃えていて、3トップのフォーメーション。右サイドをバンバン走って欲しいと、特に熱心に誘ってもらいました。

海外でやるのが夢でしたから、すぐにアヤックスの練習に参加しました。当時のアヤックスには、快足ウィングとして世界的に有名なナイジェリア人のババンギダがいたんですよね。練習試合でゴール前にボールが出たので、競争になったんですけど、僕、彼に勝ちましたからね!

ババンギダより速かったんですよ。コレ、大事なところなんで、サッカーゲームのスタッフに知り合いがいたら、みなさん、ぜひ知らせておいてください(笑)。

ちょうどその頃のアヤックスって、欧州チャンピオンズリーグで優勝した頃で、黄金時代。スゴい選手が揃っていて、オランダ代表のダーヴィッツや、オランダ最高のGK、ファン・デル・サールもいれば、フランス代表のデサイーとか、フィンランド代表のリトマネン。3トップの真ん中には、オランダ代表の絶対的なエース、クライファートでした。

当時のことを知る人が聞けば、震えるようなスゴいメンバーのなかで、僕は3トップの右サイドを任されて、練習試合をしていたんです。その時に、アヤックスがポルトガルでキャンプをすることになって、スポルティングと練習試合をしました。

リトマネンなんか、恐ろしいくらいにいいパスがバンバン出てくるわけですよ。とにかく、走っていれば、出てくる。これは面白いところに来たなあって、活き活きとプレーしていました。

その練習試合で僕がぶっちぎりで走っていたら、向こうのサポーターの声援がだんだん大きくなっていって、「カモーン!」って叫ぶ。ウチのチームに入れっていうことだったみたいです。それがキッカケとなって、会長がわざわざ日本まで来てくれたようです。

——いい感触を得ていたのですね。

そのうち、アヤックスからもいい条件を提示してもらって、その金額も凄かったです。もう、最高の条件だから、アヤックスに行きたいと思っていたんですけど、レッズが絶対に出さない、と。

今みたいに代理人制度が整っていなかったので、調整がうまくできなかった。なんとかうまく移籍できないかとお忍びで練習参加したりもしていたのですが、最後はクラブに見つかっちゃって、連れ帰られてしまいました……。

世界で戦うために必要なこと

——海外でプレーしたいという気持ちになったのは、やはり、ジョホールバルの経験があったからでしょうか?

そうですね。やはり、ジョホールバル以来、ゴールデンゴールのイメージになってしまって、スーパーサブ的な起用になってしまいました。何となく目標を失いかけてきたところもあっので、日本を出たいという気持ちになっていったんです。

それと、フランスW杯の経験が大きいですね。結局、W杯では、1次予選で3敗して終わりましたが、W杯が終わった後に、ヒデと食事に行ったんですよ。

そこで、ヒデが「今回のW杯で何を感じた?」と、聞いてきた。で、僕は「思ったより他国の選手って、技術はそんなにないんだな、不器用だなって思った。だけど、フィジカルは凄かったよね」って言いました。

すると、ヒデは、「そこなんだよ、日本が負けているところは」って。技術とか持久力に関しては、日本人は一生懸命やっているから、うまいし持久力もある。だけど、フィジカルの強さがないと、日本は世界で勝つことができないんだ、という話になったんです。

そういうのがあってから、ヒデはセリエAのペルージャに行き、僕はアヤックスに行こうと。アヤックスの練習に参加していると、ホント、当たりが強烈なんですよね。世界で戦うためには、フィジカルの強さが必要だっていうことを、当時の代表メンバーは、みんな気づいたと思います。

目の当たりにした、フィジカルの強さ

欧州なんかだと、ドリブル中はフェイントをかけてくるわけでもないし、ただ、真っすぐドリブルしているだけ。それと同じことをやろうと思っても、フィジカルが弱ければ、タックルされたら終わりですよね。

そういう意味で目の当たりにしてビックリしたのは、フランスW杯の初戦でも対戦した、アルゼンチン代表FWのバティストゥータ。アルゼンチンとはW杯よりも前に対戦する機会があったのですが、間近で見られるのを楽しみにしていました。

世界的なストライカーだから、どれほどうまいんだろうってワクワクしていましたが、やってみたら、ぜんぜんうまくないんですよね。

バティストゥータにパスが渡って胸トラップしようとしたら、ミスしてアゴに当たった。それが、DFの井原(正巳)さんの裏に出たので、井原さんがバティストゥータをブロックしつつボールをキープしようとしたら、カンタンに吹き飛ばされてしまったんです。

当時の井原さんと言えば、日本代表屈指のフィジカルの強さを誇る選手だったのに、簡単に転がされてしまった。おかまいなしにバティストゥータはゴールまで突き進んで、ズドーン!とシュートをゴールに突き刺してしまったんです。

当時のGKだった松永(成立)さんは「なに、あれ?」って感じで呆然。選手もみんな呆然としていて、「あれ、技じゃねえじゃん」って驚いた。

同じようなことがまたあって、再び、バティストゥータにゴールを決められたのですが、それを見たときに、「もう、世界のサッカーっていうのは、技とか戦術じゃないな」と思いました。だって、トラップミスしているのに、それがフィジカルの強さだけで、チャンスにされてゴールを決められちゃうんですから。

——ある意味、サッカーに対する考え方が根本から覆されたような感じですか?

そう言ってもいいのかもしれません。バティストゥータとは、契約している某スポーツメーカーが同じだったので、CM撮影でも一緒になったことがあるのですが、彼は、幼い頃からサッカーをしてきたエリートではないので、リフティングが巧くないんです。

撮影時にリフティングをしてくれと撮影スタッフにリクエストされたら、「オレはスピードとパワーで世界獲ったからいいんだ! オレはリフティングなんてできない!」って激怒したという有名なエピソードがあるくらいですからね(笑)。

世界のサッカーは、技術じゃない

やっぱり、世界のサッカーは技術じゃないんだな、と。バケモノと言われるような選手というのは、技術的な巧さよりも、常識では考えられないようなことをやってのける。だから、お客さんが喜んでお金を払って見に来てくれるんだなっていうことを、その時に知りました。

だから、僕もサッカーは技術的にはうまくなかったけれども、走ることでは誰にも負けないという気持ちを強く持つようになりました。僕の場合は、誰よりも速く走ることで観客が喜んでくれる。

サッカーはスポーツのひとつではあるけれど、プロ選手である以上、エンターテインメントでもあるわけです。見に来てくれる人たちが喜んでくれるプレーをしなければ、プロとは言えないんじゃないか、と。

例えば、サッカー好きな男性が彼女を連れて観戦に来たとします。そこで、「ほら、見ててみ?」とか言っているとします。その男性の想定内のプレーをするだけではダメなんです。「なんだ、アレは!?」って驚かせるくらいじゃないと。

——岡野さんは、“1人スルーパス”と呼ばれる伝説のプレーがありますよね。自らパスミスしたボールにDFを追い抜いて追いつく、という……。

「なんだ、あのプレーは!」って思わず腰が浮いちゃうような、プレーを見せることが本当のプロ選手だと思うんですよ。常識では考えられないようなプレーをすることが大切なんです。

そういう意味でも、世界でやってみたいと思ったし、本当の世界レベルはこういうものなんだと知った。

日本だと、パスを回してどうのこうとか、ゴチャゴチャ言うんですけど、そういうのは世界レベルでは絶対に自由にやらせてもらえないんですよ。そんなことばかりやっていたら、カンタンに潰されてしまうんだということを肌で感じました。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.4

  • Column

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛 ...

婚活中の人へ!結婚相手は料理とスポーツが引き寄せる!?

  • Beauty
  • Column

婚活中の人へ!結婚相手は料理とスポーツが引き寄せる!?

歯が痛い!冷たいものがしみるのはアレが原因だった!【歯科医監修】

  • Column

歯が痛い!冷たいものがしみるのはアレが原因だった!【歯科医 ...

パーティ・サンバを広めたい!エンターテインメントプロデューサー登場

  • Column
  • Exercise

パーティ・サンバを広めたい!エンターテインメントプロデュー ...

戦争の傷跡が残るソロモン諸島の秘境、ガダルカナル島!

  • Column
  • Relaxation

戦争の傷跡が残るソロモン諸島の秘境、ガダルカナル島!

新着記事

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

  • Exercise

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

  • Relaxation

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

  • Relaxation

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

  • Exercise

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

  • Beauty
  • Relaxation

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる