あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.3 〜ついに訪れたジョホールバルの歓喜〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.3 〜ついに訪れたジョホールバルの歓喜〜

  • Exercise

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.3 〜ついに訪れたジョホールバルの歓喜〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場がかかった大事な試合でゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

第3回目は、ジョホールバルの歓喜と呼ばれる、フランスW杯行きを決めた瞬間のお話です。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

仲間なんだと気づいて勇気がわいた

——ジョホールバルの歓喜と言われた、フランスW杯最終予選のアジア第3代表決定戦。イランとついにゴールデンゴール方式の延長戦に突入したわけですが、前半は3回のビッグチャンスを逃してしまったんですね。

前半が終了して、みんなにいろいろ言われるだろうな、と覚悟していたんですけど、みんなが励まそうと寄ってきてくれたんですよ。「初出場だから、わかるよ。緊張するのはわかってるから。でも、お前しかいないから、気持ち強くしていけ!」とか。

ヒデなんかも、「頼むから1点入れてくれ。あんたしかいないんだから」と言ってくれて、名波(浩)なんかも「もう、前半のことはいいから忘れろ。1点入れてくれれば、全部チャラにするから!」と。みんながそうやって声をかけてくれたので、グッと勇気がわいてきたんですよね。

やっぱり、代表メンバーはかけがえのない仲間なんだなとわかって、勇気がわいてきたんです。それで、どんどんアドレナリンが出てくる感じになって、緊張も和らいだ。とにかく点を取ることに集中することができるようになりました。

——そして、いよいよ、延長戦の後半が開始ですね。

ところが、後半が始まると、イランの選手は完全に足が止まってしまって、ラフなプレーをしたり時間稼ぎをするようになってきたんですよ。もう、完全にPK狙いといった感じです。当時のイラン代表はPK戦で負けたことがなかったことがないという話だったので、日本としてはPK戦だけは絶対に避けたい。

しかも、W杯に行けるどうかを決する重要なPK戦ともなると、かなりのプレッシャーじゃないですか。後で聞いた話ですけど、名波なんか、「もし、PK戦になったら絶対に蹴りたくないと思っていた」と言ってました。FKの名手である名波でさえ、そう思っていたくらいです。

どの選手も、もう、極限状態のなかで戦っている。そうなると、アドレナリンがどんどん出てくるわけです。それで一気に緊張が解けてきて、「いっちょう、やってやろう!」と思えるようになっていきました。

野人、伝説のゴールを決める!

ところが、乗って来たぞと思った矢先に、大ピンチがおとずれるわけです。日本がボールをカットされてしまい、右サイドにいたマハダビキアがボールを受けると、そのままドリブルで駆け上がっていって、アーリークロスを上げた。

それがいい感じで長身FWのダエイに渡ったので、その瞬間、終わったなと思いました。

しかし、ダエイのシュートはバーの上を超えていって、ホッとしたのを覚えています。その時もスローモーション状態になりましたけど、あの試合の最大のピンチでしたね。

——そこからついに、あの瞬間が……。

その大ピンチの後くらいですかね。確か延長後半残り2分くらいになった頃だったと思います。ヒデがピッチ中央で相手のボールを奪って、ドリブルに入ったんです。ヒデからまたボールが出るに違いないと思って、ゴールに向かって走り出しました。

そうしたら、ヒデは自分でゴール前まで持ち込んで、倒れ込みながらも強引にシュートを打った。それが相手DFの足にちょっとだけ当たってコースが代わり、GKがボールを弾いたんです。

僕はヒデのパスを受けるつもりでゴールに向かって走っていたので、たまたま、僕の目の前にボールが転がってきたんですよね。「これはさすがに決められるでしょう」といった場面でしたが、自分としては、確実に入れたいと瞬時に身体が判断したんでしょうね。

自分では意識していなかったんですけど、スライディングしながら、身体ごとボールに行っているんですよね。とにかく、上にふかしてしまうと大変なことになるので、確実に入れたい。無意識のうちにスライディングしながら、身体ごとゴールに押し込むようにしてシュートを打ったんです。

決まった瞬間、「良かった!」と思いつつも、頭のなかは真っ白! もう、自分がどこに向かって走っていったのか、覚えていないのですが、無意識のうちにベンチに向かって走っていったと思います。すると、ベンチのほうから、メガネ(岡田監督)が近づいてくるのが見えて、「岡ちゃーん!」って感じで熱く抱擁したんですよね(笑)。

——決めた瞬間はどんな心境だったのでしょうか?

決まった瞬間は、ぜんぜん、涙なんて出ないですし、「W杯に行けるぞ!」とか、そういった感動とか何もないんですよ。

ただただ、無事に日本に帰れるんだってホッとしたということだけ。とにかく、「終わった!」っていう、それだけだった。

W杯に出られるといった喜びなんて、その場ではどの選手も感じていなかったと思います。たぶん、その喜びは、テレビを観ている人とか、現地にいるサポーターの人たちだけだったのではないでしょうか。

僕ら選手は、そんなのは今はどうでもいい、と。とにかく、終わったっていう、それだけでした。

試合直後は、ため息しか聞こえない

——W杯出場できるという喜びはなかったんですね。

試合が終わった後の控え室でも、喜びを爆発させるなんてことは誰もしていませんでした。岡田さんなんか、もう、「はぁ〜……」って感じでため息ついてうなだれていましたからね。それくらい、選手も監督もスタッフもみんな疲れ果てていた。

その後、帰り支度をしてバスに乗っても、誰1人として喋らないし、みんな脱力したままでした。ホテルに到着すると、選手の家族やサポーターたちが花道を作って祝福してくれましたが、みんな、「ありがとうございます」と言うのが精一杯。そそくさとホテルに入っていきました。

すぐに食堂に集合して食事でしたが、誰も話さないのでシーンとしていて、食器の音しかしない。いつも食事中はワイワイうるさいのに、この日だけはものすごく静かだった。

そこで、岡田さんが、「ホントによくやってくれた。ホントにお前らはスゴい! あの最悪の状況のなかから、W杯出場をよく勝ち取ってくれた。今日は、ドンペリでも飲もう!」って言ったのですが、「いいっす、今日は……」って感じ。選手はみんな、部屋に帰っちゃったんですよ。

部屋に帰ると、みんな家族や友だち、彼女とかに電話をするんですよね。僕も仲の良い友だちに電話をしてみたら大騒ぎしているんですよ。「何かあったの?」って聞くと、「バカ言ってんじゃねえよ、お前がゴール決めたから、日本中が大変なことになってんだよ!」って(笑)。どれだけすごい大騒ぎだったのかを知ったのは、帰国してからでしたけれどね。そこはみなさんのほうがよくご存知だと思います。

——部屋に戻った後、選手同士で話をしたりしたのですか?

その後、近い世代の選手数人で部屋に集まったんですよ。僕の他には、名波、平野(孝)、モリシ(森島寛晃)あたりだったと思います。

ビールでも飲もうということになって、「とりあえず、良かったね。オレ、死ぬかと思ったよ!」なんて言いながら乾杯しようとしたら、平野が、「ちょっと待って。これってさあ、よく考えたらスゴいことだよね。日本代表はW杯に出られるんだよね」って。

そこで初めて喜びの感情が出てきたんでしょうね。みんなでウワーってなって、壁なんかを叩きまくって、「W杯が決まったぞ!」って叫びながら、「夢のような話だよな」って喜び合いました。

帰国してみたら、たくさんの人に出迎えていただいたし、本当に良かったなあ、と。でも、当時は、あんな経験は二度としたくないというのが本音でした。

国を背負うことのプレッシャー

——それくらい、厳しい戦いだったということなんですね。

試合中は、「なんでオレはサッカーなんか始めちゃったんだろう」って後悔しましたから。趣味でサッカーやってて、たまたま運良くJリーグができて、プロ選手として契約することができた。これって、最高の人生じゃないですか。趣味が仕事になって、こんなに多くの人に応援してもらえて、お金まで貰える。

最高なんだけれども、日本代表はダメだと思いました。これは重すぎるぞ、と……。もちろん、レッズでも責任は重いですよ。プレーがダメだとサポーターに怒られたりもしますし、石を投げられることもある。でも、それが日本中になりますからね。

その重圧たるやものすごくて、「オレ、なんでサッカーなんか始めちゃったんだろう」といった感覚になっていました。

とにかく、日本代表の重圧というのは、ものすごい。日本代表に選ばれるということは、本当に光栄なことですが、その半面、恐ろしい世界だなって。もう、最後の試合は地獄でしたからね。

それは、どこの国でも一緒でしょう。今回のブラジルW杯では、ブラジルがドイツに負けちゃったじゃないですか。ネイマールが負傷して出場できなかったというのもありますが、ブラジルの選手は勝って当たり前で、負けたら家族さえ何をされるかわからないというような恐怖と言えるほどの重圧のなかで戦っている。

試合結果がどうであれ、国歌を歌う時から泣いている選手が多いのは、すべてプレッシャーなんです。それがすごくわかる立場になったので、あの試合は観ていて涙が出てきちゃいましたね。それくらい、国を背負って戦うことのプレッシャーたるや、想像を絶するものなんです。

当時のイラン代表監督との再会

——ジョホールバルの歓喜の後日談などありますか?

僕はその後、選手生活をガイナーレ鳥取で終えることになって、今はGMとして働いていますが、GM就任直後に京都サンガと練習試合をすることがあって、京都の練習場に行ったんですよ。

すると、京都の外国人監督が僕を見つけた瞬間、こっちに殴りかからんばかりの勢いで駆け寄ってくるんですよね。

なんか、見たことある顔だなあって思ったら、ジョホールバルの時のイラン代表の監督だった。ブラジル人監督のバドゥ・ヴィエイラさんで、「お前のことは絶対に忘れないぞ!」って(笑)。

——それはまた、すごい再会ですね。

その瞬間、取材に来ていた記者がウワッと駆け寄ってきて、その場で緊急記者会見になったんですよ。これは面白いってことで。そこで、僕は今の気持ちを伝えました。「外しまくっていたので、これは日本に帰れないかもしれないという恐怖のなかで戦っていた」と。

すると、彼も「キミもそうだったのか。私もキミが点を入れたせいで、イランでは散々な目にあったんだよ」と言うんですね。結果的にイランは大陸間プレーオフでオーストラリアに勝ってW杯出場となりましたが、もし、出場できなかったら、もっと大変なことになっていただろう、と。

出場はできたものの、GKは大変なことになったと言うんです。あの試合以降、うつ病になってしまったらしい。実は、最初にヒデが打ったシュートはキャッチできるボールだったのに、PK狙いで時間稼ぎをしようと、とりあえずボールを弾いてからキャッチして、そのまま倒れ込もうと思ったみたいです。

ところが、弾いたボールが転がる先に僕がいたので慌てた。確かに、あの瞬間、僕と相手GKとで目が合っているんですよね。その瞬間、「あっ!」っていう感じで驚いた表情をしたまま、彼は固まってしまって、一歩も動けなくなってしまった。

その日以来、相手GKは、「自分のせいだ。申し訳なかった」と、毎晩のように監督に大泣きしながら電話をしてきたそうです。しかも、それが1年間くらい続いたという……。

監督は「今はもう、彼は元気を取り戻して仕事に励んでいるけれど、あれは本当に大変な試合だったね」と、振り返りながら言っていました。

“気持ち”がなければ潰される

——それくらい、ジョホールバルのあの1戦は、生きるか死ぬかの大勝負だったんですね。

あの1戦にはたくさんの想いがあるんですよ。日本代表って、表向きだけ見れば、華々しいものに見えますけど、予選なんて、もう泥臭いし、恐ろしい世界なんです。特に中東のアウェーの試合などでは、練習場にクギがまかれているなんていうのは当たり前。練習場さえ使わせてもらえないなんてことも珍しくないですから。

試合前日の夜に合わせて宿泊先のホテルのすぐ近くで、朝まで野外フェスを開催して、花火も上げて大騒ぎなんてこともあります。睡眠を妨害するためです。電話は一切、取り次がないようにお願いしていても、選手の各部屋にバンバン無言電話がかかってきたり……。そんな嫌がらせがあるのは当たり前の世界だし、これが本当のアウェーなんです。

だからこそ、めげない精神力がないと、日本代表として戦っていけない。僕はオランダのアヤックスへの練習参加や香港でのプレーなど、いろんな経験をしていますけど、やはり、サッカーはうまいだけじゃダメなんだなって思いましたね。いろんな意味で強くないと。

もちろん、プロ選手なので、サッカーがうまいとか、何かサッカーで人に負けない才能を見つけて、それを伸ばしていく努力も必要ですけど、それよりも大切なのは、“気持ち”なんですよね。

一流のサッカー選手はみんな、気持ちが大事だと言うんですけど、絶対にそれしかないんですよ。絶対に気持ちなんです。

だって、気持ちがなければ、どんなにうまいプレーをしようとしても、自由にはさせてもらえませんからね。気持ちが強くなければ、相手に余裕で潰されてしまう。だから、強い気持ち、ハートがないと。そういったことをジョホールバルで感じました。

勝てば天国、負ければ地獄

——野人・岡野と言えば、常に強い気持ちを持っているイメージがありますが、後にも先にも、「出たくない」と思ったのは、ジョホールバルの1戦だけですか?

あの試合だけですね。あんなに岡田さんには「試合に出してくれ」と言っていたのに、「出さなくていいです、この試合だけは」って(笑)。本当にそんな気持ちでしたから。

それなのに、秘密兵器として、延長で出撃命令が出たわけですよ。「もういいです!」なんて言えないですからね(笑)。当時のコーチだった小野(剛)さんが、後にテレビ番組で語っていましたが、小野さんが僕を呼びに行ったら、後ずさりしていたって(笑)。「オレ、いいっす!」みたいな感じだったようです。

——何かの番組で、ゴン中山さんが、「岡野、目がいっちゃってましたからね。大丈夫か、コイツって思いました」というようなことを証言していましたが。

そりゃ、目もいっちゃいますよ!(笑)。W杯の予選全試合を含めての初出場ですからね。いくら秘密兵器と言われていたとしても、あの場面ですから。

しかも、指揮官の指示は、ただ、「入れてこい」だけという……。

やっぱり、あの試合は二度と経験したくない地獄でした。本当に数年前までは、あの時の映像を見ると震えてしまうくらいでしたから。

今でこそ、講演などで映像を流して、参加してくださるみなさんと一緒に見ながらお話させていただいていますが、「今だからこそ、笑えるんですよ」と。もし、この1戦で負けていたら、本当に笑えないんですから。

ジョホールバルの1戦後、何度もあのゴールシーンがテレビで流れていましたが、当時は絶対に見ないようにしていました。どうしても当時を思い出して、足の震えが止まらなくなるんですよね。最近はそこまでではなくなりましたが、負けていたらどうなっていたんだろうって、ふと考えることが今でもあります。

やっぱり、日の丸を背負って戦うことって、怖いなあ、と。結果がすべてで、しかも結果によって、天と地ほどの差が出てしまう。勝てば天国、負ければ地獄。それが、日本代表なんです。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

メッセンジャーってどんな自転車に乗ってるの? メッセンジャーの自転車の選び方

  • Exercise

メッセンジャーってどんな自転車に乗ってるの? メッセンジャー ...

有酸素運動で筋肉が減るのはなぜ?増やす方法は?【医師監修】

  • Exercise

有酸素運動で筋肉が減るのはなぜ?増やす方法は?【医師監修】

ジョギング効果がアップ!クールダウンに最適なヨガポーズ

  • Exercise

ジョギング効果がアップ!クールダウンに最適なヨガポーズ

【マラソン大会直前準備】整えておくべき”体・心・物”

  • Exercise

【マラソン大会直前準備】整えておくべき"体・心・物"

キュッと上がった美尻をメイク!おすすめヨガポーズ3選

  • Beauty
  • Exercise

キュッと上がった美尻をメイク!おすすめヨガポーズ3選



新着記事

新生活に始めるHIITトレーニング

  • Exercise
  • Special

新生活に始めるHIITトレーニング

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.12:肩甲骨&腰スペシャル編~

  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.12:肩甲骨&腰スペシャル編~

春を楽しむ 新・生活習慣ダイエット~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.44~

  • Column

春を楽しむ 新・生活習慣ダイエット~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.44~

マッサージの健康効果5選!ストレス軽減や免疫力向上も

  • Relaxation

マッサージの健康効果5選!ストレス軽減や免疫力向上も

春先の健康リズムを作る温活~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.43~

  • Column
  • Relaxation

春先の健康リズムを作る温活~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.43~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる