あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.2 〜運命の1戦となるアジア第3代表決定戦〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.2 〜運命の1戦となるアジア第3代表決定戦〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.2 〜運命の1戦となるアジア第3代表決定戦〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。W杯初出場を決めるゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。

ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

第2回目は、運命の1戦となった、アジア第3代表決定戦のお話です。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

アジア第3代表決定戦へ

——当時の日本代表は、最終予選になってから勝てない状況が続き、まさに崖っぷちに立たされた状況だったんですよね。

本当の崖っぷち状態のなかで、1位独走状態の韓国のアウェー戦ですよ。負ければもう、終わりという絶体絶命といった状況で、確か2試合を残して3位とか4位だったと思います。当時、アジア枠は3つで、2つあるグループリーグ首位はそのままW杯出場が確定。各グループ2位同士がプレーオフで第3代表の座を争うことになっていました。

だから、今の代表が初戦を落として騒がれていますが、それどころじゃない大ピンチだったんですよ。先日、ひさびさに自分たちの最終予選の結果の流れを見返したのですが、こんなに背水の陣だったんだって思ったくらいです。

そんな状況で、首位を独走する韓国にアウェー戦で2−0で勝利して、勝ち点10となって2位に浮上したんです。もしかしたら第3代表決定戦に進んで、W杯に出場できるかもしれないとなって、最後にカザフスタンに5−1で快勝した。そこで、B組2位が確定しました。

何とか第3代表決定戦にまで進むことはできたのですが、まだW杯出場が決まったわけではありません。当然、代表の選手たちには、プレッシャーがかかったままです。

それでも、まだチャンスがあるわけだから、とにかく頑張ろうということで、マレーシアのジョホールバルにおける第3代表決定戦となるイラン戦に向かっていくことになりました。

秘密兵器の起用は……

最後の大勝負となるイラン戦、これまで出場機会がなかったものの、“秘密兵器”ですから、さすがにこの試合は出してもらえるだろうと思って、他の選手は最大のプレッシャーがかかっているなか、僕だけワクワクして楽しみにしていました。

ものすごいプレッシャーがかかる試合なのに、出たくて、出たくてしょうがないわけです。もう、試合前日は楽しみで寝られなかったくらい。ずっと自分がゴールしたシーンを想像しては興奮してしまい、10分寝たか寝ないかくらいだったと思います。

ジョホールバルのスタジアムに着くと、とにかく日本のサポーターが大勢いて、報道陣の数も凄かったですね。バスを下りると、ウワーって歓声があがる。「スゴいな、これは」と思ったけれど、当時はまだスマホなんかないから、どれだけ日本で盛り上がっているのか、よくわからなかったんですよね。

まあ、サッカー好きな人たちは盛り上がっているんだろうけどくらいにしか考えていなくて、あんなに日本中の人がこの試合に注目しているなんて思ってもいませんでした。

とはいえ、スタジアムに駆けつけたサポーターがすごくて、ほとんどが日本人サポーターだったんじゃないですかね? 2万人くらいはいたと思います。まるでホームの試合のような雰囲気を作ってくれました。

——そして、いよいよ、運命の一戦が始まるわけですね。

試合が始まって、いきなり、ゴンさん(中山雅史)がゴールを決めて、これは行けるぞといった雰囲気になりました。そのまま1−0で前半が終了したのですが、当時のイラン代表はものすごく強かった。長身FWのアリ・ダエイとか、マハダビキアとか、アジジ。欧州リーグで活躍する選手が3人もいましたから、油断はできません。

後半に入ると、イランもエンジン入ってきた感じで、開始早々、同点にされて、さらに逆転されてしまった。そうなると、日本の選手たちはみんなショックじゃないですか。そんななかで、僕だけは喜んでいたんですよ。なんせ、秘密兵器ですからね(笑)。

「ほらほら、そろそろオレの出番だろう」と思って、また、岡田さんの前でガンガン走ってアピールしました。「もう、オレを出すしかねえだろう!」って感じで。

そうしたら、FW2人を一気に変えるという指示が聞こえてきたんです。「うおー! ついにキター!」と思った瞬間、岡田さんが「ジョー!(城彰二)、ロペス!(呂比須ワグナー)」って(笑)。

「散々、秘密兵器って言ってたクセに、なんでオレじゃねえんだ!」って思って、ふてくされてベンチに座ってしまいました。

——秘密兵器の起用は、もうないと思ったんですか?

ですけど、そのうち、城がヘディングで決めて、同点になったんです。FW2人を変えてしまったので、最後の交代枠は、普通なら中盤かDFというのが定石です。でも、とにかくこの試合は勝たなければW杯には行けないので、スリートップにして勝ち越しを狙う可能性もあるんじゃないかと思って、また、走ってアピールしたわけです。

ところが、後半終了が近づくにつれて、会場がシーンとなっていくんですよね。なぜかというと、後半終了間際で2−2の同点。点をここで取られたらおしまいなので、次第にこう着状態になっていったんです。日本もイラクも余計なことはしない。サポーターも緊張感に包まれていって、「ドーハの悲劇の二の舞になるんじゃないか?」っていう不安もあったんでしょうね。後半残り15分くらいから、そんな雰囲気になっていきました。

それまでは、散々、岡田さんの前でアピールしていたんですけど、「よし、今日はアップはやめよう」と。「もう、余計なことは言わないでおこう。もう、大人しくベンチに座っていよう」って思った(笑)。こんな緊迫した場面で出ろなんて言われたら、たまったもんじゃないですから。

本来、僕はプレッシャーのかかる場面が大好きなんですよ。そういった場面こそ、出たいと思う性格なのですが、あの時だけはダメだと。

ビビってしまって、生まれて初めて試合に出たくないと思った。心のなかで、「岡田さん、もう、出さなくていいからね」って呟いていました。

運命の1戦、ついに延長戦突入!

——そして、いよいよ、起用されることなく、延長戦に突入していったわけですね。

ここで出ろと言われたら怖いので、ダッシュをやめていたところで、チームスタッフから、延長はゴールデンゴール方式だと初めて知らされました。延長は前半、後半15分ずつあるけれど、最初に得点を入れたほうが勝ち。

出ることはないだろうからと、「これは大変なことになりましたね」なんて、スタッフと話していました。

そうしたら、遠くから大きな声で「岡野おおおお〜!」って、岡田さんが呼んでいるんですよ!

「ココはオレじゃねえだろおお〜!」って心の中で叫んでしまいました(笑)。

とにかく、呼ばれたからには出ないといけないと思いつつ、すでにほどいていたスパイクの紐を結び直したのですが、もう、わけがわからなくなって……。

とにかくダッシュを何回かしたと思います。恐ろしいほどの緊張感をごまかそうとしたのに、何度ダッシュしても緊張したまま。自分が何やっているのか、わからなかったですね。

——岡田監督からはどんな指示があったんですか?

岡田さんって、選手をピッチに送り出すのが天才的にうまい監督なんですよ。送り出すときに、1人1人に何かひと言、声をかけてから送り出す。なかには、その言葉に涙ぐみながら出ていく選手もいたりするくらいです。

そういう監督なので、今、僕はわけわかんないくらい緊張しているけど、岡田さんが何かいい言葉をかけてくれれば、勇気を持ってピッチに立てるだろうと思っていたんです。ところが、岡田さんは、こう言ったんです。

「入れてこい」

「それだけ?」と思いました(笑)。でも、すぐに延長戦が始まるので、ピッチ上でスタッフも含め全員で円陣を組んで、キックオフですよ。ホントにもう、何をやっていたのか、覚えていないくらいに緊張していました。

そんななかで、いきなりチャンスが来ちゃうわけですね。ヒデからキラーパスがスコーンと入ってきて、相手のキーパーと1対1の場面になったんです。

スポーツを本格的に経験した人ならわかるかもしれませんが、こういった試合の重要な場面になると、その瞬間がスローモーションのように感じられるんですよ。

たった3秒くらいの場面が、まるで夢の中にでもいるみたいにコマ送りのようにゆっくりと感じられて、その間にいろんなことを考える。プレーをしながら、「ここで入れたら、オレ、スゲーなあ」とか、「予選初出場でしかも、1発目のチャンスで入れたら、超ヒーローだよな」とか……。

逆に「でも、ここで外したらどうしよう」などと、ネガティブなことも頭をよぎったりしつつも、ドリブルをしているわけです。最終的には、とりあえず1発目だから、思いっきり打っておこうと思って、ボーンとシュートしたら、GKにアッサリとキャッチされちゃったんですよね。

その時は、「1発目のチャンスでシュートまで行けたんだから、大したもんだ」と自分に言い聞かせながら、プレーを続けていました。

サッカー人生、終わったと本気で思った

——確か、延長が始まってすぐに立て続けにチャンスが巡ってきた記憶があります。

練習試合の時でも同じでしたが、ヒデがボールを持ったら、僕は必ず走るということで決めていたんです。で、僕が走ると、必ずヒデからキラーパスが出てくる。1発目のチャンスではキーパーにキャッチされてダメだったけど、またヒデからパスが出てくるだろうと思って、切り替えました。

その数分後、こぼれたボールをヒデが拾って、ドリブルで相手ゴールに向かいだしたので、僕もバーッと走り出した。すると、相手の裏のスペースにキラーパスがまた出てくるわけです。

その瞬間、またスローモーションになった。

この感覚って、説明するのが難しいんですけど、真っ暗ななかで僕だけがスポットライトを浴びているような感じになるんです。周りは真っ暗になっていて、音は何も聞こえない。

ヒデからパスが出た瞬間、僕は相手ディフェンスを振り切って、フリーでボールに追いついてドリブルしている状態です。そこで、「ひとりぼっちは嫌だなあ」って思ったんですよ。相手GKと1対1になる場面というのは、大きなチャンスである半面、プレッシャーがかかりますから。

そう思った瞬間、相手DFが追いかけてきているのが見えたので、「良かった、1人ぼっちじゃなかった」と思った。

ところが、その選手が足を滑らせて転んでしまった。再びGKと1対1になってしまって、「ここで外したら嫌だな」と思った。ところが、横を見たら、ヒデと目が合った。

「いいところにヒデがいてくれた!」と思って横パスを出したら、その間に相手DFが戻ってきていて、パスをカットされてしまったんです……。

——あの瞬間、観戦しているすべての人が絶叫したと思います。

スローモーション状態から戻ると、サポーターたちが文句言ってるし、岡田さんは両手で頭を抱えていて、ここでは言えないようなことを言ってるし(笑)。

ヒデも、「お前、なんで打たねえんだよ!」って怒鳴っている。「もう、これでサッカー人生は終わったな、ついにやっちゃった」と思いました。もう、サッカー辞めようとか、この試合に負けたら切腹もんだなとか……。

その後は、誰かゴール決めてくれないかなって思うくらい弱気になってしまい、ボールに触るのも怖いくらいでした。

そんなところに3回目のチャンスがやってきて、スライディングしながらシュートを打ったら、クロスバーのはるか上……。大きく外してしまったんです。

「ああ、もうこれでサッカー人生、本当に終わったな」と、その時は本気で思ったのを覚えています。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

電動歯ブラシの替えブラシの目的別の選び方【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

電動歯ブラシの替えブラシの目的別の選び方【歯科医監修】

今さら聞けない電動歯ブラシの磨き方【歯科医監修】

  • Column

今さら聞けない電動歯ブラシの磨き方【歯科医監修】

呼吸を見直して、リラックス温活美人に

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

呼吸を見直して、リラックス温活美人に

モデル道端カレン「外食でも、太りにくい食事法」

  • Beauty
  • Column
  • Food

モデル道端カレン「外食でも、太りにくい食事法」

朝夕の冷え対策!やるべき3つのケアとは〜白露編〜

  • Column
  • Relaxation

朝夕の冷え対策!やるべき3つのケアとは〜白露編〜

新着記事

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

  • Exercise

風邪を引きにくい防衛体力をつけよう

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

  • Relaxation

都内のおすすめスポーツ整体4選:パフォーマンスを上げ怪我のしにくい体へ!

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

  • Relaxation

疲れを翌朝に残さない!「メラトニン分泌を促す」入眠習慣

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

  • Exercise

青山剛「For京都マラソン12週間プログラムvol.5」 走り込み期①②(12月18~24日・25~31日)

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

  • Beauty
  • Relaxation

寒さも本番!ナチュラルでおしゃれな温活ファッションで冬を乗り切ろう

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる