あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.1 〜野人、日本代表に選出される〜

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.1 〜野人、日本代表に選出される〜

  • Column

<COLUMN>
【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.1 〜野人、日本代表に選出される〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | 健康習慣 | 教養 |

1998年のフランスW杯以来、5大会連続でW杯に出場しているサッカー日本代表。日本代表は現在、6大会連続出場を目指し、2018年ロシアW杯の最終予選を戦っている。

W杯初出場を決めるゴールを決めた男と言えば、野人・岡野雅行。ガイナーレ鳥取で現役を退き、現在、J3で戦うガイナーレ鳥取のGMとして戦い続ける岡野さんに、あの“ジョホールバルの歓喜”を振り返って当時を語っていただきつつ、自身のサッカー人生や、今の代表に思うこと、ガイナーレ鳥取に賭ける想いなどをお聞きいたしました。

岡野雅行(おかのまさゆき)
1972年生まれ。日本大学3年時で中退し、1994年に浦和レッドダイヤモンズ入団。超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集された。1997年のフランスW杯予選のアジア第3代表決定戦となるイラン戦では、日本初のW杯出場となるVゴールを決めた。2001年にはヴィッセル神戸に移籍するも、3年後に浦和レッズへ復帰。Jリーグ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ制覇など、黄金期を築く。2009年に香港リーグでプレーした後、当時JFLのガイナーレ鳥取に移籍。翌シーズンのJ2昇格に貢献した。2013年シーズン終了後、現役引退と同時にガイナーレ鳥取のGMに就任。著書に『野人伝』(新潮社刊)がある。

第1回目は、初めて日本代表に選出されてから、最終予選が始まったときのお話です。

日本代表に選ばれる

——現在、サッカー日本代表がロシアW杯の最終予選を戦っています。最終予選と言えば、サッカーファンの間では、今でもなお語り継がれているのが、ジョホールバルの歓喜。日本代表が初めてW杯に出場できるかどうかという、アジア第3代表決定戦のイラク戦の延長後半、岡野さんがVゴールを決めました。その時の話からお聞きしたいのですが、当時は何歳だったんですか?

20年近く前の出来事でしたが、最近でもよく、その話を聞きたいということで取材を良く受けます。ジョホールバルでの試合の時は、25歳くらいだったので、浦和レッズに入団して3年目くらいだったと思います。

——最近でも、スポーツの名場面を紹介するテレビ番組などでも紹介されるなど、サッカーファンのみならず、あのゴールシーンを何度も繰り返し観ている人が多いと思いますが。

何しろ、W杯初出場を決めたシーンですからね。その前の予選、イラクに試合終了間際にコーナーキックから同点に追いつかれてW杯を逃した、いわゆる「ドーハの悲劇」を僕は当時、大学生でテレビを観ていましたから。まさか、あの場面でW杯への道が閉ざされるなんて考えてもいなかったので、同点にされてしまった時には、ビックリしてサッカーの怖さを何となく知りましたね。

それから4年後、自分がまさか次のW杯予選で日本代表選手の一員として戦うなんて、もちろん思っていませんでした。しかし、日本代表として戦うことになった時、ピッチの上で僕は「あの場に今、自分がいるんだ」と、感じたのを覚えています。

——日本代表に初選出されたのはいつ頃ですか?

レッズに入って1年目の時に代表に選ばれたんですよね。ランチしていたら、当時のレッズのフロントから直接、僕の携帯に電話がかかってきたんですよ。フロントから直接、選手に電話がくるなんていうことはそうそうないので、「オレ、なんかやらかしたっけ?」と思って電話に出たら、「岡野、驚くなよ、お前、代表に選ばれたぞ!」って。

今みたいにスマホだとかSNSなんてない時代だったので、当時の代表発表に関しては、最初にクラブのほうに電話で選出の知らせがあって、3日後くらいに記者発表するという形だったんです。だから、それまでは、口が裂けても言えない。フロントには「絶対に誰も言うなよ!」って釘を刺されていたにも関わらず、電話を切った瞬間、みんなに電話しまくってましたね(笑)。「選ばれたぞっ!」って。

——代表初選出された時は、加茂周氏が監督でしたよね?

そうですね。最初に代表の顔合わせみたいな集まりがありました。行ってみると、まだチームの若返りはなかったので、ドーハの悲劇のときのオフトジャパンのメンバーがほとんどでした。そこに、20歳そこそこの若手は、僕と柳本(啓成)くらい。

大先輩のメンバーのなかに、ポツ〜ンと2人の若造が入っているという感じで、まるで、猛獣とか恐竜の檻の中に入れられてしまった草食動物っていう感じ。とにかく、ビビりまくっていました(笑)。

「ラモスさんだっ!」とか、「カズさんだ!」とか。闘将として有名だった柱谷(哲二)さんもいましたので。「いやあ、コレは恐ろしいところに入っちゃったなあ……」と。まあ、その後、若手選手が増えていって、同世代の名波(浩)だとか、年下のヒデ(中田英寿)なども入ってくるようになっていきました。

初めての経験。日の丸を背負うプレッシャー

その後、いろいろと選手の入れ替わりがあって、世代もどんどん若返っていったのですが、いよいよ予選が始まるという初戦の前に、控え室にサッカー協会の方々がいらっしゃって「とにかく、今回、W杯に出られないと、大変なことになる」と言うんですね。

その年はJリーグが始まってちょうど4年目くらい。開幕直後はものすごい盛り上がりでしたが、陰りが見え始めていたので、人気がさらに下がってしまうかもしれない。さらに、すでに日本でのW杯開催が決まっていたのですが、これまでにW杯開催国がW杯初出場だったことは一度もない。もし、今回のフランスW杯に出場できなければ、日本サッカーの人気がさらに落ちる可能性が高く、Jリーグの命運も君たちが握っているんだ、といった話になったんです。

さらに、すでに日本でのW杯開催が決まっていたのですが、これまでにW杯開催国がW杯不出場だったことは一度もない。もし、今回のフランスW杯に出場できなければ、W杯の日本開催さえ取り消されかねないし、Jリーグの命運も君たちが握っているんだ、といった話になった。

その時に、日の丸を背負うことってやっぱり怖いことだと感じつつも、日本代表という大きなプレッシャーを背負って、これから戦っていくんだという覚悟を決めて予選がスタートしたんです。

——Jリーグ人気を回復させること。さらに、W杯開催国となったからには何としても日本開催前に出場しなければならないという、2つのプレッシャーがあったわけですね?

ドーハの時は、確かに悲劇ではありましたけれども、あの悔しさを選手と共に味わった人たちが、強力なサポーターとなってくれて、日本サッカーがますます盛り上がったじゃないですか。そういう意味ではいいことだった捉えることもできますが、今回のW杯予選で同じ轍を踏むことは絶対にできない。絶対に、何としてもW杯に出場しなければいけないという流れが出来上がっていたと思います。

なぜなら、誰もあの悲劇を二度と見たくないわけですから。そういった、今までに経験したことのない大きなプレッシャーを僕ら代表選手は背負って戦い始めたという感じでした。

雲行きが怪しくなった最終予選

——プレッシャーがありつつも、最初は順風満帆でしたよね?

1次予選も2次予選も、問題なく勝ち進んで行きましたが、最終予選に入ってから、急に雲行きが怪しくなっていきました。最終予選の初戦は、ウズベキスタンに6−3で快勝。後半に3点取られてしまいましたが、カズさん(三浦知良)が4点も取ったりしたので。この調子で行けそうだとみんなが思っていたのですが、第2戦では、UAEのアウェー戦でスコアレスドローでした。

さらに、3戦目が韓国で、ホームで2−1と逆転負けしてからなかなか……。

プレッシャーなのか、ぜんぜん勝てなくなってしまったんです。

さらに、第4戦目、カザフスタンとのアウェー戦でも、1−1の引き分け。また勝てなくて、いよいよヤバいぞってなっていった。しかも、その試合後、急遽、加茂監督が更迭されることになって……。

その試合後からは、日本中のメディアから叩かれていましたし、ドーハ悲劇のときのメンバーに戻したほうがいいんじゃないかといった声も強くなっていく。世間もマスコミに同調するような感じになっていったんですよね。

5戦目は国立競技場でのウズベキスタンとのホーム戦。1−1で引き分けてしまったので、サポーターが国立競技場を囲んでしまって、イスは飛んでくるわ、いろんなものが投げつけられて、大変なことになっていました。結局、僕たち選手は3時間くらい、国立競技場から出られなくなってしまったんです。

——生卵を投げつけられたりしたのも、その試合後でしたか?
そうですね。宿泊先のホテルには、街宣車まで乗り込んできて、「オマエら、日本をナメてんのか!」って大音量で叫んでいるし、もう、どこにも味方がいない感じで、まさに四面楚歌ですよ。信じられるのは、今、ここにいる選手とチームのスタッフだけという感じでした。この頃から、選手みんなが胃薬を手放せないといった状態で、それで試合に出たりしていて、痩せこけてしまいましたね。

ところが、僕は、まったく試合に出させてもらえていなかったので、1人だけ元気。できることと言えば、選手たちを盛り上げることくらいだったので、ムードメーカーに徹しようと思って、バスのなかでみんなを笑わせたり、文句を言うサポーターの対応をしたり(笑)。それくらいしか、試合で戦っている選手たちのためにできることがなかった。

とはいえ、予選に入ってから1試合も出させてもらえないのは、本当に辛い。たまらず、加茂さんのところまで行って、面と向かって「何でオレを使わねえんだよっ!」って怒鳴ってしまった。実は、それが加茂さんとの最後の会話なんですよ……。

試合後に宿泊先のホテルに戻ったら、もう、加茂さんはいなくなっていたんですよね。最後に変なこと言っちゃったなあって。せっかく日本代表に選んでくれた監督なのになあと、後悔したのを覚えています。

加茂監督更迭。岡田ジャパン誕生

——加茂監督が更迭されて、コーチの岡田監督がそのまま昇格して監督になりましたよね。

そうですね。昨年、あるテレビ番組の収録で、岡田さんと一緒にジョホールバルに行く機会があったのですが、収録後に飲みながら、当時のいろんな話をしたんですよ。

——どんな話をされたんですか?

よく覚えているのは、「加茂さんが更迭された時に、何で岡田さんは監督を引き受けたんですか?」と聞いたことですね。あの時、実は岡田さんって、まだ40歳と若かったんですよね。

僕は44歳ですが、今の僕より若いじゃないですか。「よく、その年齢でやりましたね」って僕が言うと、「ばかやろう、断ったに決まってんじゃねえか!」と岡田さんは言うんです(笑)。

「あんな状況でやりたくないし、ふざけんなよって思った」とも言ってましたね。でも、やれって言われたから、やるしかなかったというのが、当時の状況だったようです。

でも、岡田監督に交代してからの初戦、カザフスタンとのホーム戦でも引き分けてしまった。その時、多くの選手が控え室で泣き崩れていました。本当に立ち直れないんじゃないかっていうくらい泣き崩れていたんです。それを見たとき、「選手たちの泣き崩れる姿を見て、オレは覚悟が決まったんだ」と言っていました。

加茂さんもそうだけど、後を引き継いだ自分も、本当に辛かったんだ、と。あれだけ叩かれたし、勝てなかったんだから。どうしようかと思っていたんだけれども、泣き崩れる選手たちを見て、本当に悩み苦しんでいたのは、監督である自分以上に選手たちだったんだと気づかされたらしいんですよ。だったら、腹を据えて、覚悟を決めてオレはやる、と決意したそうです。

確かに、思い起こせば、あの1戦以来、岡田さんは本当に鬼のようになりましたから。その頃は、岡田さんの家族も何をされるかわからない状況でしたから、警察が自宅を24時間警備している状態だったらしいです。

電話をして、「オレは覚悟を決めてやるから、もしかしたら日本には二度と帰って来られないかもしれないから」と伝えて、家族を自分の実家に帰らせていたそうです。本当に、そこまでの決死の覚悟を持って、監督を引き受けていたんです。

ここぞというときの秘密兵器として

——監督が変わって、岡野さんの起用に関しては変化があったのでしょうか?

いえ、ぜんぜん(笑)。岡田さんが監督になってからも、僕は試合に出してもらえないから、ずっと怒っていたわけですよ。カザフスタン戦のときも、試合中に岡田さんの前で何回も全力ダッシュしたりしながら、「なんでオレを使わねえんだよ! あんなに裏のスペースが空いてんだから、オレを出せばスルーパス1発じゃねえか!」って聞こえるように言いつつ、衝動を抑えることができず、最後は岡田さんの前でスライディングまでしちゃってましたね(笑)。

その時の話をしたら、「ホント、あの時はオマエをぶん殴ってやろうかと思ったよ!」って言って笑っていましたが、岡田さん、当時の話をしているうちにだんだん思い出してきたのか、「こっちは大事な試合で必死になってんのに、オレの前をブンブン走りやがって!」と怒り出しましたけどね(笑)。

——起用してもらえない理由は何だったんでしょうか?

試合後にホテルに戻ったときに、岡田さんに代わっても出してもらえないのは、さすがに納得できなかったので、部屋まで行って、「なんで使ってもらえないんですか?」と、聞いたんですね。そしたら、「お前がダメだから使わないんじゃない。お前はここぞというときの秘密兵器として取っておきたいんだ。本当の大事な場面になるまで、他のチームに見せたくないんだ」と。

最初は「なんすか、それ?」とも思ったんですけど、「秘密兵器だから」と言ってくれたので、何となく納得して、その場は引き下がりました。

当時は、ヒデ(中田英寿)とは気が合っていたので、代表では一緒によく練習する仲だったんですよね。

彼のスルーパスはキラーパスと言われていて、とにかく、ものすごく速くて鋭いんですよ。当時、そのスルーパスに追いつける足を持っていたのは、日本代表では僕くらい。代表の練習試合では、ヒデのキラーパスに僕が追いついて、何度も点を入れていました。

ヒデにしても、自分のキラーパスに追いつけるのは、僕しかいないと思ってくれていたようで、岡田さんに「なんで岡野を使わないんだ」と直談判してくれていたみたいです。そうしたら、同じく「あいつは秘密兵器だから、最後のここっていう場面で使いたい」と、言ってくれていたそうです。

やっと代表に入れたというのに、W杯の予選では1試合も出してもらえないので、ふてくされてしまった時期もありましたけど、仲間に相談すると、「代表に入るだけでもスゴいんだから、頑張れよ」と励まされて、できることを頑張ろうと思うようになりました。

代表のために何ができるのか。試合に出られないなら、状態がよくない代表のみんなを盛り上げることしかないな、と思っていました。

取材・文:國尾一樹
撮影:リズム編集部
写真提供:ガイナーレ鳥取

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

夏バテ、あなたは大丈夫?残暑に効く漢方3選

  • Column
  • Relaxation

夏バテ、あなたは大丈夫?残暑に効く漢方3選

豆皿レシピの実践ルールとは?家族みんながしあわせになれる食卓に【村山彩さんインタビュー後編】

  • Column

豆皿レシピの実践ルールとは?家族みんながしあわせになれる食 ...

「天国にいちばん近い島」の本当の姿、ニューカレドニア取材レポ(前編)

  • Column
  • Relaxation

「天国にいちばん近い島」の本当の姿、ニューカレドニア取材レ ...

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

医師が解説!「目覚ましが鳴らなかったんです」現象とは⁉︎(後編)

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!「目覚ましが鳴らなかったんです」現象とは⁉︎(後編)

新着記事

ドライブラッシングで冷え改善&リラックスしよう!

  • Beauty
  • Relaxation

ドライブラッシングで冷え改善&リラックスしよう!

滝ガールがおすすめする滝の新しい楽しみ方【滝ガール・坂崎絢子さんインタビュー後編】

  • Column
  • Special

滝ガールがおすすめする滝の新しい楽しみ方【滝ガール・坂崎絢子さんインタビュー後編】

早朝ウォーキングで体内循環を良くする~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.20~

  • Column
  • Relaxation

早朝ウォーキングで体内循環を良くする~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.20~

温活とは

  • Beauty
  • Relaxation

温活とは

青山剛「これが一番痩せる歩くペース!!」 ~スタイルアップ・ウォーキングメソッドvol.8~心拍数編

  • Beauty
  • Exercise

青山剛「これが一番痩せる歩くペース!!」 ~スタイルアップ・ウォーキングメソッドvol.8~心拍数編

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる