あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

肌老化の原因8割は紫外線!? UVケア最新事情と選び方

肌老化の原因8割は紫外線!? UVケア最新事情と選び方

  • Beauty

肌老化の原因8割は紫外線!? UVケア最新事情と選び方

更新日:

| 保湿 | 日焼けケア | 紫外線 |

日に日に強くなる紫外線に、本格的にUVケアを始めよう!と思う人も多いはず。今一度UVケアについて、深く考えてみませんか?

実は、紫外線はシミをつくるだけではなく、細胞のDNAを傷つけて、さまざまなトラブルを引き起こし、老化を加速。

一生懸命エイジングケア化粧品を使っているのに、全然効かない……というのも、紫外線が影響しているのかもしれません!

肌が老化する原因の8割は紫外線!

地表に届く紫外線には、赤みやひりつきといった炎症を起こすUVB波と、肌の深くへ到達し、シワやたるみを引き起こすUVA波があり、夏に限らず一年を通して降り注いでいます。

とくにUVA波は雲も通り抜けるため、くもりや雨の日も油断ならないうえ、窓ガラスも通過。それだけに、UVケアは「夏だけ」とか「外出するときだけ」ではなく、一年中しっかりと取り組むのが得策です。

また、紫外線は、肌の美しさを損なうだけでなく、エイジング、健康という観点で考えても影響大。

そもそも、シミの“もと”として悪者にされがちなメラニンは、細胞のDNAが紫外線によって傷つくのをブロックするためにできる“日傘”ような役割があるのです。もしメラニンができなければ、DNAは損傷してしまいます。

それほど、紫外線はカラダにとって“脅威”であり、UVケアはマストなのです。

デイリー使用の日焼け止め、結局どれを選ぶべき?

よく取材で、皮膚科医など肌の専門家にデイリー使いの日焼け止めについてたずねると、「SPF20~30、PA++ぐらいでOK」という回答をいただきます。

一方で、数年前まではレジャー用だった、SPF50・PA+++以上という高い紫外線カット効果を備えたデイリー用の日焼け止めも、続々登場。

保湿成分などをたっぷり配合し、スキンケア効果が高いものが多く、テクスチャーも普通の乳液や美容液と遜色なし。

諸説あり、いろいろ迷うところですが、基本的に肌が弱いなどで、日焼け止めでトラブルを起こしやすい人(起こす可能性がある人)以外は、こういった高いUVカット効果とスキンケア効果を備えたタイプを選ぶのがいいと思います。

その理由はというと、

1. SPFやPAなどの防御効果は1㎠あたり2mgを塗った場合で測定されており、実際に塗るときはそれよりも少ない場合が多い。

2. 2~3時間おきに塗り直すのがベストだけどなかなか難しいのが現実。

3. 強いUVカット効果のものでも白浮きや皮膜感がなく快適。

仕事柄、外に出ていることが多い人はもちろんのこと、屋外にいる時間は少ないけど紫外線が気になる人、内勤でも窓際の人、家に日が差し込んでくる人は、ぜひ試してみてください。

注目したいのはSPF値よりもPA値!

高いUVカット効果といいましたが、日常的により注目したいのがUVA波をカットするPA値。

UVA波はメラニン生成を促すのに加えて、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力やハリを司るものにダメージを与え、肌老化をどんどん加速させます。

そのため、PA+++、PA++++レベルのものを使いたいところ。

さらにUVA波の中には、ロングUVAと呼ばれるものもあります。

それは、波長がより長く、肌のより奥深くまで届いてダメージを与えるため、ロングUVAに対応したものを使うのが効果的。

また、肌にジワジワとダメージを与え続ける近赤外線に対応できるものも出てきているので、そういったものを選ぶのもオススメです。

ちなみに、PA値とSPF値は比例していることが多く、PA値を最強値の++++にすると、おのずとSPF値まで最強になることが、しばしばあります。

抗酸化効果やアンチポリューション機能にも注目

紫外線は、細胞をサビさせる活性酸素を発生させるため、活性酸素に対抗する抗酸化成分が入っているのがベターです。

さらにもう1点、注目したいのが、アンチポリューション機能。

これは、PM2.5、排気ガス、黄砂などの大気汚染物質が肌に付着したり、侵入したりするのをブロックする機能のことです。

これらの大気汚染物質は、アレルギーを起こす原因になったり、肌に備わる天然の抗酸化成分であるビタミンEを破壊し、バリア機能や肌の修復機能を低下させてしまいます。

年々深刻化する大気汚染により、肌荒れを起こす人は増えていると聞きますが、それを防ぐうえでも有効だと思います。

BBクリームや下地のUVカット効果でも十分?

答えはイエス。

BBクリームやUV下地には、いわゆる日焼け止めと同じようなUVカット効果があり、しかも美容液成分が入っていたり、肌の補整効果も高かったりと、優秀なものがたくさんあります。

ただし、1点気になるのが、トレンドの肌感を考えたとき。

日焼け止めという観点からすると、皆さんが思っている以上にたっぷり塗ってこそ効果を発揮するのですが、そうしてしまうと、素肌っぽさが求められる今、ちょっと厚塗りに見える場合もあります。

薄く塗ってこまめに塗り直すか、もしくは、無色透明のUV下地や日焼け止めを塗ってから、BBクリームやファンデを顔の中心だけに重ねて塗り、フェイスラインに向かってぼかすというつけ方がオススメです。

とくに後者のテクは、多くのヘアメイクさんがオススメする塗り方。薄づきに見えるうえ、立体感もアップして、イマドキ肌に仕上がります。

ボディ用のオススメは、お手軽なスプレータイプ!

デイリー用に、もうひとつ持っておくと便利なのが、スプレー式の日焼け止め。

スキンケア効果の高い日焼け止めは、それなりに値がはり、全身に使うにはためらってしまいますよね。

スプレータイプはプチプラでも優秀なものが増えていて、シューッと吹きつけるだけで、広範囲にまとえて、すぐにサラサラになるのでとっても便利。

髪にもOKなタイプも多く、髪のダメージ予防やヘアカラーの色あせ対策にも効果的です。

平日はもちろん、土日のお出かけのときなどにも、バッグに入れておくと、思わぬうっかり焼け予防にひと役買います!

文:楢﨑裕美

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 保湿 | 日焼けケア | 紫外線 |

関連記事

エリカ・アンギャルのあたため美人になる10の食習慣 第3回

  • Beauty
  • Food

エリカ・アンギャルのあたため美人になる10の食習慣 第3回

外国人男性が指摘!日本人女性のここがダメだよWORST3

  • Beauty

外国人男性が指摘!日本人女性のここがダメだよWORST3

運動だけじゃダメ!ダイエット成功には、水と栄養素を見直すべし

  • Beauty
  • Exercise

運動だけじゃダメ!ダイエット成功には、水と栄養素を見直すべし

婦人用体温計で普段の熱は測れる?注意すべき2つのポイント

  • Beauty

婦人用体温計で普段の熱は測れる?注意すべき2つのポイント

本当にデトックスしたい人は、汗をかく努力をやめたほうがいい

  • Beauty
  • Exercise

本当にデトックスしたい人は、汗をかく努力をやめたほうがいい

新着記事

泣くとストレス解消になる不思議【医師監修】

  • Relaxation

泣くとストレス解消になる不思議【医師監修】

【最終回】マインドフルネスの瞑想で生活リズムを整える 〜マインドフルネスのすすめvol.8〜

  • Column

【最終回】マインドフルネスの瞑想で生活リズムを整える 〜マインドフルネスのすすめvol.8〜

痩せる体幹トレーニングの効果と方法【医師監修】

  • Exercise

痩せる体幹トレーニングの効果と方法【医師監修】

有酸素運動とプロテインによる筋肥大でダイエット効果をあげよう!【医師監修】

  • Exercise

有酸素運動とプロテインによる筋肥大でダイエット効果をあげよう!【医師監修】

体幹トレーニングの消費カロリーは?【医師監修】

  • Exercise

体幹トレーニングの消費カロリーは?【医師監修】

おすすめの記事

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる