あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

立夏(りっか)/紫外線対策と自律神経の調整を

立夏(りっか)/紫外線対策と自律神経の調整を

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

立夏(りっか)/紫外線対策と自律神経の調整を

更新日:

| Wacoal Body Book | ボディ | 健康 | 紫外線 |

真夏より強い紫外線に要注意!

立夏は5月5日~5月20日の時期で、新緑がまぶしく、五月晴れが続くさわやかな季節です。カエルが鳴き、金目鯛やニンジンが旬を迎えたころが、立夏の始まりのサインです。この季節は紫外線が最も強い時期であるだけでなく、皮膚が夏の日差しにまだ慣れていないことから、特に肌の弱い人は紫外線により皮膚が傷めつけられます。そのため、日焼け止めを塗るなど紫外線対策が必要です。

お肌の対策にはいろいろな化粧水がありますが、グリセリンに精製水を1対15の割合で混ぜれば、自分だけの化粧水をつくることができます。冬場や乾燥しやすい方は、水の割合を10程度にし、グリセリンの割合を増やすことで保湿効果の高い化粧水をつくることができます。ただし、防腐剤が入っていないので、お肌に優しい分、2週間程度で使い切ることが必要です。なお、一度手に取った化粧水を瓶に戻すなどしてはいけません。

また、赤色のトマトは、からだを冷やす食べ物であり、色素であるリコピンは抗酸化力に優れることから、シミやしわを予防する効果が期待できます。紫外線が多いこの時期は、化粧水とトマトで皮膚の内と外から対策を行いましょう。

自律神経を調整する呼吸法

暖かくなることで、からだの動きも活発になることから、心臓の動きも活発になり、動機や不整脈などが現れやすいのもこの季節の特徴です。心臓の疲れは全身の循環の乱れを導き、めまい・ふらつきなどの症状も発展しかねません。夏の始まりですので、生活のリズムを整えることで自律神経を調整し、疲れをためこまないようにしましょう。

自律神経を整える方法はいくつかありますが、呼吸を整えることが大切です。特に呼吸は副交感神経を優位にさせる効果があることから、心臓の動きを抑え、安定化してくれます。横になり、肩幅に足を開いた状態でおなかに手を当あて、鼻から息を3秒程度で吸い込み、口からゆっくり5秒程度かけて吐く(いちばん上のイラスト)。息を吸うときは、おなかが膨らみ、息を吐くときはおなかがへこむことが、正しい深呼吸法です。疲れたときやリラックスしたいときには、ゆったりとした気分で、おなかと呼吸の関係を意識しながら10回程度行うようにしましょう。

立夏におすすめのツボ・神門(しんもん)

最後に、立夏を乗りきるためのおすすめのツボとして神門をご紹介します。神門は精神的な緊張を緩め、イライラなどのストレスをおさめてくれる役割があります。また、心臓にも影響があるツボです。神門は手首の横しわの小指側の少しくぼんだ場所にあるツボで(下のイラスト)、イタ気持ちいい程度に、5秒圧迫し3秒離す刺激を、左右10回程度行います。

自律神経が整っている人は押しても痛くはないので、痛い人や押して気持ちがいい人は自律神経が乱れ、心臓に負担がかかっている証拠かもしれません。自律神経のバロメーターとして、一日何回か押して確認することが大切です。

立夏は夏の始まり。この季節は今まで考えたり、計画してきたことを始めるには最高の時期です。そのうえ、この時期に始めたことは、身になると言われています。せっかく始めたことをものにするためにも、肌ケアや自律神経を整え、心身ともに最高のスタートをきるようにしましょう。

先生/伊藤和憲(いとうかずのり)

鍼灸師・明治国際医療大学教授・鍼灸学部長・鍼灸臨床部長
1972年生まれ。鍼灸学博士。全日本鍼灸学会理事。明治国際医療大学鍼灸学部教授。明治国際医療大学大学院鍼灸学研究科教授、同大学大学院研究科長。2012年~2014年、厚生労働省科学研究費助成事業 地域医療基盤開発推進事業「慢性疼痛患者に対する統合医療的セルフケアプログラムの構築」, 2014年~2015年同研究助成事業「鍼灸における慢性疼痛患者の治療方針ならびに医師との連携に関するガイドライン」の研究班班長を務める。また、2016年より過疎化対策の一環として京都府南丹市にて養生の体験教室「MIYAMA 森の湯治場」、さらには奈良県宇陀郡曽爾村の美人プロジェクトを監修。明治国際医療大学附属鍼灸センター長を務め、「はり・きゅう」の治療に当たるとともに、慢性痛患者のためにセルフケアを指導している。
https://www.yojyo1192.com/

文/伊藤和憲(鍼灸師・明治国際医療大学教授)
イラスト/中根ゆたか

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

※今記事は、文章・写真ともWacoal Body Bookより転載し、「Rhythm」にあわせ体裁を整えたものです。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| Wacoal Body Book | ボディ | 健康 | 紫外線 |

関連記事

キッチンハーブで手も足もぽかぽか美人に。血行促進マッサージオイルの作り方

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

キッチンハーブで手も足もぽかぽか美人に。血行促進マッサージ ...

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Exercise

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

疲労回復「キウイほうれん草スムージー」

  • Beauty
  • Column
  • Food

疲労回復「キウイほうれん草スムージー」

しっとり肌で冬を乗り越えよう!肌の乾燥を招く3つの原因と改善策

  • Beauty

しっとり肌で冬を乗り越えよう!肌の乾燥を招く3つの原因と改善策

いまさら聞けない!基礎体温の基本のき

  • Beauty

いまさら聞けない!基礎体温の基本のき



新着記事

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

  • Beauty
  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

アスタキサンチンでからだの中から紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

アスタキサンチンでからだの中から紫外線対策

大暑(たいしょ)/暑さで疲れがピークになるとき

  • Food
  • Relaxation
  • 提携メディア

大暑(たいしょ)/暑さで疲れがピークになるとき

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.5:肩周り編Part2~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.5:肩周り編Part2~

寝苦しい夏、ぐっすり眠るために必要な寝室環境とは?

  • Relaxation

寝苦しい夏、ぐっすり眠るために必要な寝室環境とは?

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる