あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【特集/食とエイジング】”人生とからだが変わる”食とのつきあい方<後編>

【特集/食とエイジング】”人生とからだが変わる”食とのつきあい方<後編>

  • Beauty
  • Food

【特集/食とエイジング】”人生とからだが変わる”食とのつきあい方<後編>

更新日:

| Wacoal Body Book | アンチエイジング | 料理 | 食事 |

毎日の食を味方につければ、エイジングも怖くない!〈前編〉に続き、食で若さを保つコツをご紹介します!

管理栄養士、日本アンチエイジングダイエット協会理事。自身の20㎏のダイエットとニキビ肌改善の経験をもとに、ただ単にヤセるだけでなく「ボディラインと肌を美しく変身させる」指導がモットー。「銀座医院」などでこれまでに5000人以上の食事カウンセリングを経験。明るい人柄と実体験に基づいた指導にファンも多数。『図解23時から食べても太らない方法』(WAVE出版)、『カロリー減らして体重減ってもキレイになれないのはなぜか?』(KKロングセラーズ)など著書は50冊以上。http://omakase-diet.com/

Secret6 血行をよくしましょう

「からだの冷えに悩む女性は、とても多いですよね。若々しい肌ツヤを保つには、血行をよくすることが必要です。そのためには、血液の元となる動物性のたんぱく質を積極的にとりましょう。赤身肉にはたんぱく質と鉄分が多く含まれているので、血液の材料となるのです。たんぱく質をとる目安は、自分の手の平の大きさに合わせて。(手首~指先まで、厚さも含めての立体で)1日に両手の平ぶんの肉や魚など動物性のものをとるのが理想です。なぜなら、人間のからだはほとんどがたんぱく質でつくられていて、生きていくために重要な臓器から順番に栄養が補給されます。生きていくためにはあまり関係のない肌や髪にまでたんぱく質をゆき渡らせるには、思っているよりも多めにとらなくてはいけないのです」

Secret7 毎月の生理はきちんと食べているかの目安

「生活を変えた場合、それに応じてからだが変わり始めますが、細胞ごとに周期は違います。まず、10日から14日ほどで味覚を感じる味蕾(みらい)が変わります。そのほかの細胞は、28日の生理周期で変わるものが多いので、次の生理がラクになったら、食生活がうまくいっている証拠。生理前に甘いもの、油っぽいものが無性に食べたくなったり、生理中に腰が痛くなったりするのは、その月に栄養が足りていなかった証拠。生理を起こすだけのたんぱく質や鉄分、良質な油が足りていなければ、それを補給しようとするから。女性は月に一度、生理という”からだの成績表”がくるので、自分の栄養状態を把握しやすいでしょう」

Secret8 からだに向いていないものはとらないこと

“食べたいものを食べる”のが基本ですが、避けたほうがいいものは、トランス脂肪酸です。日本ではまだ食品への表示が義務づけられていませんが、マーガリンやショートニング、ポーションミルクなどは、専門家の間では”プラスチック油”や、”狂った油”といわれ、アメリカでは2018年までに全面禁止にすることが発表されています。また、小麦は腸内環境を悪くするだけでなく、アルブミンという成分が精神的なゆらぎにつながり、ウツなどになりやすいともいわれています。 ダメなものがあっても補完できるものを摂取する、食材をきちんと選ぶ目をもつ、などが大事といえるでしょう

Secret9 カントリーフードを食生活の中心に

「炭水化物をとらないほうがヤセるからと、米を食べないのは、もったいないこと。女性はもともと炭水化物を食べる量が少ないので、男性と違って糖質オフしてもうまくいかないこともあります。私は以前、過激な炭水化物抜きのダイエットをして、髪も肌もボロボロになり、かえって太りやすくなってしまったことがあります。そのころと比べて、今は白米を大盛りで食べますが、年々引き締まって太りづらくなりました。また、ココナッツオイルなど、海外のセレブをまねて外来の食品に飛びつくよりも、日本に伝わる食物のほうが日本人のからだには合うのです。エゴマ油や魚の油など、日本のカントリーフードを見直しましょう」

Secret10 良質な油が健やかなからだには必要です

「私は”食べたいものを食べる”という、自分のからだの欲求に応えることがいちばんだと思っているので、食に決まりごとをつくらないようにしています。ただし油だけはこだわって、良質なものをとるようにしています。、良質な油とは、オメガ3系の脂肪酸を豊富に含んでいるもの。エゴマ油やくるみ、旬の生魚に多く含まれています。また、日本人が昔から親しんでいる干し柿もオメガ3の脂肪酸の宝庫。どんなサプリをとるよりも、完璧なマルチビューティフードです」

「好物のポテトフライを食べたら、良質なエゴマ油をいつもより多めとる。私は小分けになった太田油脂さんの『毎日えごまオイル』をいつも携帯しています。メイク汚れをオイルで落とすように、油は油で落とすのが効率的です」

取材・文/川口夏希(ライター)
撮影/長谷川 梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| Wacoal Body Book | アンチエイジング | 料理 | 食事 |

関連記事

ランチ後歯磨きは「口臭悪化」の原因?実は間違いのデンタルケア

  • Beauty

ランチ後歯磨きは「口臭悪化」の原因?実は間違いのデンタルケア

青山剛「ヒップアップしたければ階段を正しく上る!!」 ~スタイルアップ・ウォーキングメソッドvol.9~階段編

  • Beauty
  • Exercise

お尻から骨盤を温める! 普段の生活で気軽にできる、お尻ポカポカバレエエクササイズ

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

お尻から骨盤を温める! 普段の生活で気軽にできる、お尻ポカ ...

  • Beauty
  • Exercise

モデル道端カレン「1日1500kcal、食事制限ダイエットの真実」

ヨガインストラクター山本華子「私がパーソナル指導を始めた理由」

  • Beauty
  • Exercise

ヨガインストラクター山本華子「私がパーソナル指導を始めた理由」



新着記事

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Exercise

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Column

ダイエット最大の敵はお菓子やラーメンではない?(ボクの最後のダイエットvol.2)

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

  • Relaxation

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

  • Beauty
  • Food

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

なかなか治まらないイライラ!抑える方法5つとは

  • Relaxation

なかなか治まらないイライラ!抑える方法5つとは

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる