あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【特集/むくみの正体に迫る!】 むくみの正しい解消法は

【特集/むくみの正体に迫る!】 むくみの正しい解消法は

  • Beauty
  • Exercise
  • Relaxation
  • Special

<SPECIAL>
【特集/むくみの正体に迫る!】 むくみの正しい解消法は

更新日:

| むくみ | 体質改善 | 温活 |

—-これまでの連載を通して、この世に重力がある限り、長時間同じ姿勢でいるとむくんでしまうのは仕方のないことだとわかりました。だからこそ予防&対処法は、効果があるだけでなく習慣にできる手軽さも加味しなければならないのです。血流のエキスパート、愛誠病院上野クリニックの新見正則先生も実践しているむくみ対策とは?

簡単で効果大なのは 医療用着圧ストッキング

前回、むくみを解消するためには、筋肉量ではなく運動量を増やしましょうとお話しましたが、汗をかくような運動をする必要はありません。日常生活の中で、歩くことを意識するだけでいいのです。エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う、デスクワークの人は座りっぱなしにならないようにまめに歩く、というように。

デスクワークの人は貧乏ゆすり、立ち仕事の人はつま先立ちをすることでもふくらはぎを動かすことができます。靴底がカーブしていて不安定な靴も、ふくらはぎの筋肉を活性化してくれるのでおすすめです。

マッサージはある程度強い圧で行わないと意味がないのですが、医療用に開発された着圧ストッキングや着圧ソックスは、履くことによりむくみをケアできる優れもの。効果があるだけでなく習慣にしやすいことから、みなさんにおすすめしています。なぜ、履くだけで効果があるのかといいますと、静脈はギュッと握ると簡単に形が変わるバルーンのように、筋肉の収縮によってつぶれます。

この性質を利用して足に着圧(圧力)をかけることにより、静脈の断面積を縮小させて血流速度を高め、血液循環を促します。キツい、痛いという不快症状がなければ、はいたまま寝てもOK。私はほぼ毎日、履いて仕事をしています。

もっと簡単なのは、足を心臓より高く上げることですが、オフィスのデスクに脚を乗せるわけにはいきませんから、実用度は低めです。仰向けになり、手足をバタバタ動かすゴキブリ体操も効果がありますが、これも自宅でないと行うことができません。水圧を利用して血行を促進する入浴もむくみ対策にあげられますが、はやりいちばん簡単で取り入れやすいのは、着圧アイテムといえそうです。

むくむから水分は控える というのは大間違い

水分をとりすぎると、さらに余計な水分がたまってしまうのではないか。そう思う人もいると思うのですが、水分をとらないと血が固まりやすくなってしまうのです。正常な腎臓であれば、水分をとりすぎても尿で出ていきますから、むくむことはありません。

からだの中の余分な水分を排出するという理由で、積極的にとりたいと言われているのがカリウム。でも実は、カリウムというのは私たちの細胞の中にあるので、食品で補う必要はないのです。こまめな水分補給だけ心がけましょう。
利尿効果のあるお茶などは、4週間試してみて気に入ったら続けてみる。薬ではありませんから、気になるものは試してみましょう。あまり効果がないと思ったらやめればいいのです。

脚と違って顔は下に向かって静脈が流れているため、日中の生活では流れが滞ることはありません。ところが睡眠中は顔と脚が水平になるため、重力で下がっていた余分な水分が顔にたまってしまうのです。顔がむくむ原因は、前日にアルコールや水分、塩分をとりすぎたことが考えられますが、起床すれば重力の影響を受けるため、お昼ごろには自然と解消されます。

そうはいっても、むくんだまま人と会うのは……という人は、顔の中心にパーツを集めるイメージで10秒キープし、その後緩める顔のエクササイズを何度か繰り返してみてください。

—-むくみに効果があるのは入浴とマッサージ、なんて思い込んでいた人、着圧ストッキングの実力を再確認した人は多いのではないでしょうか。しかも履くことでむくみ対策ができてしまう、これ以上ないケアの簡単さ。これなら習慣にできそうです。

先生/新見正則
愛誠病院上野クリニック血管外科 静脈瘤センター顧問。帝京大学外科准教授。医学博士。2002年、国内初の保険診療でのセカンドオピニオン外来を始める。漢方医として血管、漢方、未病、冷え症の各外来も担当。『下肢静脈りゅうを防ぐ、治す』(講談社)、『仕事に効く!モダン・カンポウ』(イースト・プレス)など著書多数。

取材・文/山崎潤子(ライター)
イラスト/はまだなぎさ

※今記事は、文章・写真ともWacoal Body Bookより転載し、「Rhythm」にあわせ体裁を整えたものです。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| むくみ | 体質改善 | 温活 |

関連記事

おやつで紫外線対策!おいしく食べて美白によい意外な食べ物3

  • Beauty
  • Food

おやつで紫外線対策!おいしく食べて美白によい意外な食べ物3

可愛く防寒! 防寒着をファッションに取り入れる4つのコツ

  • Beauty

可愛く防寒! 防寒着をファッションに取り入れる4つのコツ

半身浴の消費カロリーは?豊富な効果と正しい方法もチェック!

  • Beauty

半身浴の消費カロリーは?豊富な効果と正しい方法もチェック!

美ウエストを作る!日常生活でできる「ながらエクササイズ」

  • Beauty
  • Exercise

美ウエストを作る!日常生活でできる「ながらエクササイズ」

足湯・手湯の自宅温活タイムを贅沢に楽しむ方法

  • Beauty
  • Relaxation

足湯・手湯の自宅温活タイムを贅沢に楽しむ方法

新着記事

おでこ式体温計は赤ちゃん向き?特徴とメリット・デメリットを解説!

  • Column

おでこ式体温計は赤ちゃん向き?特徴とメリット・デメリットを解説!

冬太りを防ぐ分かれ道…痩せやすい身体を維持する生活習慣とは

  • Beauty
  • Exercise

冬太りを防ぐ分かれ道…痩せやすい身体を維持する生活習慣とは

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

  • Column
  • Relaxation

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

ダイエットにも最適!アスリートが教える「水泳の魅力」

  • Exercise

ダイエットにも最適!アスリートが教える「水泳の魅力」

水銀体温計、割れると危険!破損したときの処理方法

  • Column

水銀体温計、割れると危険!破損したときの処理方法

おすすめの記事

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

  • Column

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

  • Food

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Exercise

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Column

モデル道端カレン「体のリズムを整えるには」

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる