あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

下腹が出る原因は身体の歪み!? その理由と対策について

下腹が出る原因は身体の歪み!? その理由と対策について

  • Beauty
  • Column

<COLUMN>
下腹が出る原因は身体の歪み!? その理由と対策について

更新日:

| インナーマッスル | 呼吸 | 姿勢 |

こんにちは。整体師の植屋浩幸です。

秋も深まりつつあるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。せっかくの「食欲の秋」なのに、ポッコリお腹が気になって、秋を堪能できない…なんて方もいるでしょう。

この下腹が出る原因に、実は「姿勢の歪み」が関係していることをご存じでしょうか。

そもそも「歪み」とは何なのか、どうやって対処するのか、これから詳しくお話しします。

「悪い姿勢」には3タイプある

よく「姿勢が悪い」という言葉を聞きます。しかし実際のところ、「悪い姿勢」とはどのような状態を指すのでしょうか?

具体的には、「悪い姿勢」は次の3つのタイプに分類できます。それは「猫背」と「反り腰」と「左右の歪み」です。これらの「悪い姿勢」は、長年続けてきた身体のクセや習慣が大きく影響しています。また、それぞれのタイプによって、お腹周りの太り方も違ってくるのです。

「猫背」の場合

まずよく見るのが「猫背」。「猫背」は頭が前に出ていて、背中が丸まった状態です。頭の重さは体重の10%程度といわれていますが、その重さを身体が支えきれずに、上体が前に傾き過ぎているタイプです。

この状態ですと、太鼓腹になりやすいです。

「反り腰」の場合

次に「反り腰」。この姿勢は妊婦や、お腹の大きい中年男性に多く見受けられます。

この状態ですと、下腹が出て太りやすくなります。

「左右の歪み」

最後に「左右の歪み」。これは文字通り、左右のバランスが崩れている状態です。赤ちゃんを利き腕で長時間だっこしていたり、デスクワークの多い方に見受けられます。

この状態ですと、脇腹にお肉がついて太りやすくなります。

上記の3タイプを踏まえた上で、もう少し突っ込んで考えてみましょう。長年のクセや習慣は、簡単には修正できません。しかし、具体的に歪みそのものを治していくことはできないのでしょうか。

Digital composite of Highlighted spine of man with back pain

ターゲットは「筋肉」と「骨盤」

身体のいろいろなクセや習慣が、複合的に重なることで、歪みが慢性化するわけですが、その部位は大きく2つに絞られます。

それは、「筋肉」と「骨盤」の2つです。

「筋肉」とは身体の内部にある「インナーマッスル」を指します。「骨盤」は「前後、左右の傾き、左右の捻じれ」の3つの状態が重要です。

特にインナーマッスルは、正しい知識を持って鍛えないと、かえって姿勢を悪くすることにもなりかねないので、注意が必要です。

姿勢が歪んだまま腹筋を鍛えると、さらに姿勢が悪くなる!?

腹部のインナーマッスルは身体を支え、正しい姿勢を維持する部位です。しかし通常の腹筋運動では、腹部の一番外側にある腹直筋というアウターマッスルが主に鍛えられてしまいます。この筋肉には姿勢を支える働きがありません。むしろ筋繊維が縦についているため、身体が前に引っ張られ、猫背になってしまうのです。

つまり、アウターマッスルばかり鍛えると、身体の内側と外側の筋肉バランスが崩れて、「悪い姿勢」を作る原因にもなるのです。

インナーマッスルは、トップアスリートも重要視する大切な筋肉です。それは大きく分けると4種類あります。横隔膜、骨盤底筋、腹横筋、多裂筋です。家で例えるなら、横隔膜が屋根、骨盤底筋が床、腹横筋が壁、そして多裂筋が大黒柱です。姿勢に歪みがある状態というのは、「家が傾いている状態」であるといえます。

では、一体どうすれば傾いた家が真っすぐになるのでしょうか?

インナーマッスルのバランスを整える秘訣

それは、上記の4つの筋肉がバランスよく機能することです。

最後に、インナーマッスルのバランスをうまく整える秘訣をお伝えします。

それは正しい呼吸です。まず、腹式呼吸を行い、次に胸式呼吸にシフトしていく呼吸法をすることです。腹式呼吸は、胸を膨らまさずにお腹を膨らませる呼吸法。胸式呼吸は、お腹を膨らませずに胸を膨らませる呼吸法です。腹式呼吸はインナーマッスルを目覚めさせる深い呼吸で、胸式呼吸は目覚めたインナーマッスルを正しく働かせる呼吸です。

姿勢の歪みが気になるなる方、ポッコリお腹をどうにかしたいと思っている方がおられましたら、ぜひこの呼吸法をお試しください。

文:植屋浩幸

関連特集:
Rhythm内の「インナーマッスル」に関する、記事はこちらから

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| インナーマッスル | 呼吸 | 姿勢 |

関連記事

まるでミイラ⁉︎ ハワイで話題の「クレオパトラスパ」

  • Beauty
  • Relaxation

まるでミイラ⁉︎ ハワイで話題の「クレオパトラスパ」

ひと口30回が目標! 食事を「よく噛む」だけで温活に

  • Beauty
  • Relaxation

ひと口30回が目標! 食事を「よく噛む」だけで温活に

オトナ女子の勘違いダイエットを一刀両断!森拓郎さんインタビュー

  • Beauty
  • Column
  • Food

オトナ女子の勘違いダイエットを一刀両断!森拓郎さんインタビュー

うっかり日焼け時には、濃い色の野菜・果物を食べるとよいって本当?

  • Beauty
  • Food

うっかり日焼け時には、濃い色の野菜・果物を食べるとよいって ...

【特集/食とエイジング】大事なのは、食べるタイミングと組み合わせ!

  • Beauty
  • Column
  • Food

【特集/食とエイジング】大事なのは、食べるタイミングと組み ...



新着記事

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる