腸がキレイになると「幸せホルモン」が分泌!? 腸内環境と心の不思議な関係。

人が幸せを感じるのに、脳と同じくらい腸が深く関わっていると知っていますか?それは“幸せホルモン”と呼ばれる物質のほとんどが、腸内で作られているから。

「腸内環境を整えましょう」とよくいわれますが、腸をきれいにすることと私たちがハッピーになることの、不思議な関係についてご紹介します。

腸で作られる“幸せホルモン”、セロトニン

楽しいときやうれしいときに分泌されるのが、セロトニンというホルモン。幸せなどポジティブな感情に深く関わる物質であることから通称“幸せホルモン”と呼ばれ、リラックス効果ももたらし、抗うつ剤の作用にも重要な役割を果たしています。

このセロトニンの90%近くが、腸内で作られていることが、近年の研究で明らかとなっているのです。

腸と心の関係

また昔から、腸は私たちのメンタルにも、大きなつながりがあることが知られています。たとえば、緊張したときにお腹が痛くなったり、下痢をしたりといった経験がある方もいることでしょう。

だからストレスや悩み事を抱えていると、腸も不調になりやすいし、腸をきれいにしておかないと、心も元気にならないのです。

Serotonin2

幸せになるために腸内環境を整えよう

ご存じのように、腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌が多い状態になっていたり、暴飲暴食などで腸が疲れきっていると、セロトニンの量は減ってしまいます。でも善玉菌が優勢で腸が元気だったら、セロトニンもたくさん作られます。だから、便秘解消という目的だけでなく、腸内環境を整えることが大切なのです。

そのためには、飲み過ぎと食べ過ぎが続いたと思ったら消化のよい食事に変えて、腸に休息を与えてあげましょう。身体を冷やす飲み物や食べ物を避けて、腸が冷えてしまわないように気を付け、さらにヨーグルトや納豆など、整腸によい食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

汚れた腸は肌荒れを起こしたり便秘がちになったりと、美容の面でもよいことはありません。美しく健やかに暮らすためにも、心の健康のためにも、腸を整えることがいかに重要なのかということがわかりますね。

文:佐藤まきこ

関連特集:
Rhythm内の「ストレス解消」に関する、記事はこちらから

モデル道端カレン「ツール・ド・東北2015」参加!~準備編~

こんにちは。道端カレンです。

9月13日は「ツール・ド・東北2015」に参加します!

ツール・ド・東北ではアンバサダーをさせていただいていて、大会当日は、みなさまと一緒に東北を走るのを、楽しみにしています。

3500人定員に6000人以上の応募者

このツール・ド・東北は、東日本大震災を忘れないために、そして、その復興を応援したくて、2013年にスタートしたサイクリングイベントです。もともと東北地方は、自転車のレースやサイクリングイベントが盛んだったところで、そうした歴史的背景もあるようです。

今年は3500人の定員募集に対して、6000人以上の応募があったと聞いています。その中から抽選で出場者を決定するのですが、ツール・ド・東北は、順位やタイムを競うものではなく、制限時間内に完走すればいいという大会。みんなが自分のペースで楽しむことができる、サイクリングイベントなのです。

東北の方たちから元気をもらい、逆に勇気づけられる

昨年、参加したときには、まだ震災の爪痕が残る場所もありました。それでも着実に復興していく姿を見ると、地元の人たちの苦労や努力が感じられます。

ツール・ド・東北では、参加するたびに感じるのですが、地元の方々の温かさには、本当に心が和みます。大変な体験をなさったのに、みなさんニコニコと笑顔で、元気に私たちを迎えてくださいます。そして、心のこもった素晴らしいおもてなしで、応援してくださるのです。

私たちが東北のみなさんを応援したくて、こうしたイベントに賛同しているはずなのに、逆にこちらのほうが元気やパワーをもらって、応援していただいているんですよね。そうした地元の方たちに触れるたびに、こんな微力な自分が、東北の方たちのために、いったい何ができるのだろうかと、考えさせられます。

参加者の一人一人が、東北の海沿いを自転車で走ることで、改めて東北の方たちの力になりたいと思い、さらにその気持ちを継続していくことが大切です。そういう意味でも、ツール・ド・東北は価値のあるイベントだと感じています。

ファイル 2015-09-04 8 16 32

エイドの料理に地元の人の愛を感じる

このツール・ド・東北の良さは、何といっても、大会を支えてくださっている地元の方たちの、温かい心遣いです。

沿道で手を振ってくれる方もたくさんいらっしゃるし、みなさん、ずっと笑顔で、最後まで応援してくださいます。そして、「来てくれてありがとう」と声をかけてくださるんですよね。

ツール・ド・東北は、エイドもとても充実しています。エイドというのは、マラソン大会やロングライドイベントなどでは、よく見かけるもので、コースの途中で水分や食べ物を補給できるところです。

そのエイドに、地元の魚介料理やつみれ汁、フカヒレのスープ、焼きホタテ、牛タン……といった料理が並ぶのです。こう聞いただけでも、ツール・ド・東北のエイドがどれだけ充実していておいしいか、みなさん、想像がつきますよね。地元のたちが一つ一つ心を込めて作ってくださった料理が、ふんだんに振舞われます。これが楽しみの一つでもあります。

また、石巻など宿泊施設が少ない地域では、地元の方たちに協力をお願いして、自宅に泊めていただく「民泊」を実施しています。この交流も評判がよく、地元の方たちのおもてなしに触れて、参加者たちも心から和むことができるそうです。

コースは全部で5つ。海沿いを走る

大会のルートは、全部で5コースあります。往路復路で周遊するコースは4つ。走行距離によって、211km、170km、100km、60kmがあります。そして、今回からワンウェイの往路だけのコースが1つ加わりました。こちらは95km。私は今回、このワンウェイのコースを走ります。

どのコースもすべて海沿いを走り、東北地方の今の様子と、さわやかな風と、三陸の自然を感じることができます。今から走るのが楽しみです。

トレーニングはほぼ毎日

さて、肝心のトレーニングですが、私の場合はトライアスロンをやっていますから、トレーニングはほとんど毎日、行っています。

水泳やランニングのトレーニングと並行して、自転車のトレーニングも行うのですが、普段は皇居や赤坂御所、大井埠頭で練習していて、時々、お友達と千葉の方まで行き、ロングライドすることもあります。

四季折々の景色を感じながら走れるのが、自転車のいいところですよね。

雨の日は、ローラー台というのを使って、家の中でのトレーニングも行ったりしています。

トレーニングは、大会の3カ月くらい前から行い、徐々に身体を慣らしていくのがいいですね。あまり間近になってから一気にトレーニングを行うと、筋肉痛になってしまいます。

自分のお尻に合ったサドル選びがキモ

そして、ロングライドに参加する際に、一番大事なのが、サドル選びです。

サドルは、たくさんの種類や形のものが出ています。クッションも硬めのものから、柔らかめのものまでありますし、サドルの幅もいろいろ。真ん中に穴があいているものもあるんですよ。

男性の場合は、サドルが前立腺に当たって痛くなることがありますし、女性も尿道が圧迫されたりして、長時間こいでいると問題が出やすいのです。そうならないよう、自分のお尻にぴったりフィットするサドルを選ぶことが、快適に走って完走するためには、とても重要なわけです。自転車専門店へ行って、調整してもらったり、実際に試したりして選ぶことが大切です。

ヘルメット、サングラスは必需品

最後に、当日のレースに必要なものを揃えます。

自転車のほかに、私がいつも忘れずに持っていく小物アイテムが、これ!

●アームカバー
●日焼け止め
●UVケアのリップ

9月は、夏ほど日差しが強くなくなりますが、それでも残暑があったりして、まだけっこう暑いですよね。日焼け止めは必ず持っていきましょう。走っていると、風を受けて唇が乾いてしまうので、UV用のリップも欠かせません。アームカバーは、半袖のウエアを着たときに、腕をカバーするために必要となります。

道端カレン_ツールド東北2015

ロードバイク用のウエアは、背中のところに、ポケットがついています。その中に、薄手のウインドブレーカーや補給用のドリンク、ティッシュ、お金、スマホなどを入れておきます。

ヘルメットは必ず着用します。持っていないと、レースの参加資格がありませんからね。サングラスも必需品。サングラスをしないと、目にゴミが入ったり、小さな石などが飛んでくることもあります。

直前には、こうした愛用の小物類がちゃんと揃っているか、しっかりと確認します。

次回は、いよいよ本番での実況をレポートしたいと思います。
2015年9月20更新:こちらから本番での実況をご覧いただけます。
モデル・道端カレン「ツール・ド・東北2015」参加!~大会編

お天気、晴れるといいな~。

東北の今を、この目にしっかりと焼き付けて、完走してきたいと思います。

「ツール・ド・東北2015」公式HP
http://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2015/

文・写真提供:リズムアンバサダー 道端カレン