あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

ランと酒と浮世絵と。「東京マラソン“サブ4”達成の秘訣とは!?」 現代浮世絵師 ツバキアンナさんインタビュー(後編)

ランと酒と浮世絵と。「東京マラソン“サブ4”達成の秘訣とは!?」 現代浮世絵師 ツバキアンナさんインタビュー(後編)

  • Column
  • Exercise
  • Food

<COLUMN>
ランと酒と浮世絵と。「東京マラソン“サブ4”達成の秘訣とは!?」 現代浮世絵師 ツバキアンナさんインタビュー(後編)

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | ランニング |

現代女流浮世絵師として活躍し、9月15日~25日(20日は休み)までの10日間、東京・中野ブロードウェイ内にあるギャラリー「リトルハイ」にて自身の個展「『酒と女。』~「酒と椿」番外編~」を控えるツバキアンナさん。実は、大好きな日本酒を飲みたいがために走り始め、2回目の挑戦となる2016年の東京マラソンでサブ4を達成したという。そんなツバキアンナさんに、走ることの魅力や日本酒の楽しさなどをお聞きしました。

現代浮世絵師とは

——現代浮世絵師というのは、どういうものなのでしょうか?

もともとは漫画家として少女漫画雑誌で仕事をしていたのですが、その頃から浮世絵に影響を受けていました。漫画自体が浮世絵であるとも言えるので、漫画家はみな現代浮世絵師だと思っています。

浮世絵の魅力と言えば、写実的ではないところ。例えば、有名な北斎の波の絵は、実際の波とは違うのに迫力が伝わる。ジックリ見ると不思議な絵なのに、トータルして見ると写実的になっているところが面白いですね。

——ご自身の作品にこだわりはありますか?

三本柱があって、それは「日本」「ロック」「色(エロ)」ですね。現代浮世絵師と名乗り始めた頃に、テレビ番組でコラムニストの方に取材いただいたのですが、「浮世絵はかつて分業で絵を描く人と彫る人、刷る人がいたけれど、現代浮世絵師の場合はパソコンの中に全員がいるんだね」と。まさに、それが現代浮世絵師だと思います。

日本酒の魅力に目覚めたキッカケ

——もともと、日本酒好きになったのは、浮世絵と関係があるのでしょうか?

実は若い頃に日本酒を飲んで吐いたことがあったんですよ。それ以来、日本酒ってまずいものだと思い込んでしまって一切、飲んでいなかった。ところが、35歳くらいのときに、とある蔵元さんから日本酒のラベルデザイン依頼があった。日本酒を知らないまま描いたら失礼だと思って、蔵を訪ねさせていただいて全種類飲ませていただいた。そして、その美味しさに仰天しました。

味覚の幅がものすごいことを初めて知った。しかも、同じ蔵でもこうも違う日本酒を造れるのかと。とにかく、レンジの広さに感動しました。それ以来、日本酒を飲みまくる日々が始まりました(笑)。

あと、美味しいモノを食べたいんだったら、日本酒っていうこと。このひと品にこの酒みたいに、無限大に組み合わせることが、もう楽しくてしょうがないんですよね。

——これから日本酒を楽しみたいという人にアドバイスはありますか?

日本酒が好きだという人が必ず周りに1人はいると思うので、その人にくっついてオススメのお店に行くといいと思います。私は誰も教えてくれなかったので自力で開拓しましたが、詳しくなった今、魅力を語りたくてしょうがない(笑)。そういう人を捕まえて、体験するのが手っ取り早いと思います。

美容のために日本酒を飲む!?

——他にも日本酒にハマった理由はありますか?

日本酒って美容にもいいんじゃないかと思います。今日も美容師さんに「髪の毛がみずみずしいですね。何か特別なことしてらっしゃいます?」と聞かれたんですね。実は面倒臭いのでリンスをしなくなって3年くらい経っているんですけどね(笑)。

日本酒には、アミノ酸や有機酸が20種類以上含まれているらしく、そのおかげなのかなって。美肌にも好影響があるのか、アラフィフになったにも関わらず、ほうれい線が薄いとお褒めていただいております(笑)。

ちょっと前に10日間ほど日本酒を飲まなかったことがあるのですが、肌がかさついて大変だった。日本酒を飲んでいないと肌も髪も、キープできない身体になっていると実感しました。

私のありとあらゆる部分はすでにお酒でできているんじゃないか、と(笑)。そんなことを言い訳にしつつ、日本酒を飲み続けていますね(笑)。もちろん、飲み過ぎると二日酔いになりますけど、その分、走ることで健康も美容も維持できているんじゃないかと思います。走ることで免罪符を得ながら、とにかくお酒を飲んでます!

いい感じで年を重ねていきたい

——最後に、長く走り続けたいと思う人へのメッセージをお願いします。

美容だとか、健康、ダイエットといったことを目的に気合いいれすぎないほうがいいんじゃないかって思っています。女性である以上、美容にしろ健康にしろ、捨てたくないものだってたくさんあるじゃないですか。それに一生、美味しいモノ食べたいですよね。だから、いい感じで年を重ねていきたいですね。

とにかく自然体で、「大げさに考えなくてもいいんじゃない?」って思うんですよ。もうちょっと力を抜きつつ、とはいえ、さじ加減も考える。そのなかで自分なりのバランスを見つけていくのが一番いいのかなって思います。

アラフィフになってみて、年を経ないと見いだせないモノってあるんだなあと思うようになりましたが、それさえ見つかれば、後は身を任せていけばいいと思います。

ちょうどいい「気の張り方」と「気の抜き方」の真ん中を見つけるといった感じですかね? 私の場合は、それがたまたま日本酒だったということです。それさえ見つかれば、後は気楽に生きられるのではないかと思います。それは年を重ねてきたからこそできること。だから、アラフィフになった今を楽しく過ごせているんだと思いますね。


写真:着物の帯には、 「NO SAKE, NO LIFE」 のバッジがさりげなく

このまま、日本酒をいっぱい飲んで人生を楽しみたいと思っています。そのためには、飲み続けられる身体作りが大切! なんだか、呑兵衛の戯れ言みたいになっちゃいましたね(笑)。

取材・文:國尾一樹
撮影:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.3 〜ついに訪れたジョホールバルの歓喜〜

  • Column

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.3 〜 ...

今しかできない体験を!旅で得られる健康効果って?

  • Column
  • Relaxation

今しかできない体験を!旅で得られる健康効果って?

写真作家たつろう「ペルーで体験した異性との恋愛話」

  • Column
  • Relaxation

写真作家たつろう「ペルーで体験した異性との恋愛話」

電動歯ブラシのメリット・デメリット【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

電動歯ブラシのメリット・デメリット【歯科医監修】

湯上りストレッチでしなやかボディを手に入れる~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.19~

  • Column
  • Relaxation


新着記事

代謝アップ!お腹をネジって骨盤底筋群をしっかりストレッチ

  • Column
  • Exercise

代謝アップ!お腹をネジって骨盤底筋群をしっかりストレッチ

【特集/“痩せ”と“脂肪”の関係】ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<前編>

  • Beauty
  • Exercise
  • Food
  • 提携メディア

【特集/“痩せ”と“脂肪”の関係】ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<前編>

【特集/現代人のための“菌活”】日本人の魂に宿る『麹菌』のパワー

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/現代人のための“菌活”】日本人の魂に宿る『麹菌』のパワー

脂肪を効率的に燃焼させる!知っておきたい「正しいトレーニング」の内容と順番

  • Exercise

脂肪を効率的に燃焼させる!知っておきたい「正しいトレーニング」の内容と順番

基礎代謝が低下する夏!夏太りを避けるためのポイントは”○○”

  • Beauty
  • Exercise

基礎代謝が低下する夏!夏太りを避けるためのポイントは”○○”

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる