あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

水泳の消費カロリーとダイエットに効果的な泳ぎ方紹介!

水泳の消費カロリーとダイエットに効果的な泳ぎ方紹介!

  • Exercise

水泳の消費カロリーとダイエットに効果的な泳ぎ方紹介!

更新日:

| ダイエットメニュー | 水泳 | 消費カロリー |

消費カロリーが高い水泳は、ダイエットに適しており、健康づくりにも役立つ嬉しい効果があると評判!本日は、水泳の嬉しい健康効果や他の運動より優れている点を、まとめてご紹介します。

水泳の消費カロリーは高い

-464963597

ダイエットに欠かせない有酸素運動。ジョギングやウォーキングなども有酸素運動として挙げられますが、水の中で行う水泳は有酸素運動の中でもよりカロリーを消費しやすい運動です。

例えば、50kgの人がウォーキングを1kmして50キロカロリー消費するのに対して、水泳は1kmで200キロカロリーの消費になるとも言われています。この数値からも、水泳は消費カロリーが高い運動と言えます。

水泳のうれしい運動効果

消費カロリーが高いと紹介しましたが、他にも水泳を行うことでメリットがあるのでしょうか?

まず、水中には浮力があるので、年配の方や体重が重く、運動が行いにくいという方も、足首や腰、膝に負担をかけすぎずに行うことができます。また、体に水圧がかかるので、血液の流れをスムーズにしたり、腹式呼吸をすることで心肺機能が上がったりするメリットもあります。

さらに、体全体に負荷がかかる全身運動であるため、筋肉がほどよくついた美しくバランスのよい体型になります。このように、ただ消費カロリーが高いだけでなく、年齢問わず誰でも行える点や、体の機能、見た目の美しさをアップすることもできる点も、水泳のメリットといえます。

水泳のダイエット効果

水泳には、ダイエット効果も期待できます。ダイエットにもいろいろありますが、脂肪燃焼、体重減、引き締めたいなどさまざまです。この水泳のダイエット効果についてご紹介しましょう。

エネルギーの消費が大きい

水泳は、比較的消費カロリーが高いといわれています。そこで、カロリー調整を行うダイエットに活用できるでしょう。ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ること。水泳を一生懸命行えば、消費カロリーが増えて、ダイエット効果が高まるでしょう。

ボディメイクができる

先ほど、筋肉が程よくついた美しい身体になると述べましたが、水泳は、水の抵抗を受けながら、全身運動が行える運動です。全身の筋肉が鍛えられることから、ボディメイクが可能になります。理想的な引き締まった身体になることができるでしょう。

基礎代謝が上がる

全身にほどよく筋肉がつくことは、基礎代謝アップにもつながります。基礎代謝は、筋肉をつけることで、上がるといわれているからです。全身の筋肉がほどよくアップすれば、安静にしていても燃焼できる痩せやすく効率の良い身体になることができます。

体重が重くても浮力で楽々

水中は、浮力が働くので、たとえ体重が重くても、陸上のように負荷がかかりにくくなります。ジョギングなどは身体が重くて億劫、しんどいと感じる人は、水泳はとても向いているトレーニング法といえます。

腹式呼吸で脂肪燃焼効率が上がる

水泳で泳ぐと、水圧で肺を広げることがむずかしくなるため、自然と腹式呼吸になるといわれています。腹式呼吸でたっぷりと酸素を吸えば、有酸素運動の効果も上がります。

有酸素運動は、酸素を取り込んで、糖と脂肪をエネルギーとする運動のことです。はじめは糖が使われますが、徐々に脂肪も使われるようになります。そうして脂肪燃焼し、体脂肪の減少が期待できるのが有酸素運動の醍醐味です。この有酸素運動で大切になるのが酸素です。腹式呼吸で効果的に脂肪を燃やしましょう。

ダイエットに効果的な泳ぎ方は?

ThinkstockPhotos-475085183

では、よりダイエット効果を上げるにはどのように泳ぐとよいのでしょうか?泳ぎ方によって消費カロリーも異なるので、比較してみると以下のようにクロールが一番効果があると言えます。

例:各1時間行った場合の、女性のカロリー消費

・クロール・・1039kcal
・平泳ぎ・・544kcal
・水中ウォーキング・・198kcal

もちろん、急に1時間泳げないという初心者の方もいますし、久しぶりに泳ぐという方もいますので、これらの消費カロリーはあくまで目安ということを忘れないで下さい。自分の体調、また泳ぐスキルに合わせて始めていきましょう。

ここで、水泳ダイエットにおすすめの運動メニューを紹介します。

初心者は水中ウォーキングから

効果的な水泳の運動メニューは、運動の目的によって2つに分かれます。筋肉をつけて、全身を引き締めながらやせたい場合には、平泳ぎやクロールを長い時間をかけてゆっくりと泳ぎましょう。

一方、脂肪を燃焼したいという場合には、水中ウォーキングから始めるのがベストです。特に泳ぐのが久しぶりだという方は、水中ウォークからはじめましょう。

歩くだけなので疲れにくく、長い時間継続することが可能です。水温も低いので、体は脂肪をエネルギーに変えて温めようとしてくれます。徐々にウォーキングの時間を伸ばしていき、慣れた頃に泳ぎに変えてみるといいでしょう。

泳ぐときも短い距離から徐々に距離を伸ばしていくことによって、体に無理な負担をかけることなく効果的にダイエットができます。

上級者は筋肉を鍛える意識で

上級者の場合には、十分な準備運動を行った後に、水中ウォーキング→クロール→背泳ぎ→休憩→クロール→水中ウォーキングの順で、自分の体力に合わせた距離を泳いでみましょう。

水中ウォーキングでインナーマッスルを鍛えてから、体の前面と背面の筋肉をクロールと背泳ぎで鍛えることを意識しましょう。

水泳はどこでできる?

このように、健康、ダイエットなど、さまざまな効果が期待できる水泳。思わず、すぐにでも泳ぎたくなってきた方は多いのではないでしょうか。
そこで、水泳はどのような場所で行えるのかをみていきましょう!

スポーツクラブやジムのプール

スポーツクラブやスポーツジムの中にには、プールが備わっているところがあります。施設ごとに利用規定が異なりますので、よく確認しましょう。会員であっても一回ごとに料金を支払うところや、会員であれば自由に利用できるところなどさまざまです。

また、スポーツクラブは会社の福利厚生に指定されていることもありますので、安価で利用ができる可能性もあります。会社員の人は、一度福利厚生を確認してみましょう。

スポーツジムでは特にスイムキャップを必ずかぶらなければならない規定がある場合もあります。また、プールに入る前には必ずシャワーを浴びて、汚れをある程度落とし、整髪料や日焼け止めなどは極力落としてから利用したいですね。

また、泳ぐコース、歩くコース、ジムのプログラムが行われているコースなどに分かれていることもあります。泳ぐのであれば、必ず泳ぐコースを利用するなど、しっかりルールを守って行動しましょう。

市民プールなどの自治体が運営しているプール

市民プールはとても低料金で気軽に利用できるので、習慣的に泳ぐのに便利な施設です。近くの市民プールで開放しているところがないか探してみましょう。

レジャー施設のプール

たまにはレジャー施設のプールで泳ぐというのもいいかもしれません。混んでいてあまり泳げないというときには、水中ウォーキングだけでもいいでしょう。

これらのプールを利用する際には、必ず規定のルールに従って行動しましょう。

まとめ

いかがでしたか?水泳はダイエットや健康のためにも効果的な運動だとお分かりいただけたのではないでしょうか。この機会に水泳でダイエットを成功させましょう。

関連記事:
意外と知らない?人間の一日の消費カロリーはどのくらい?

“関連特集:
Rhythm内の「ダイエットメニュー」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ダイエットメニュー | 水泳 | 消費カロリー |

関連記事

タイムや順位にこだわらない!ランニングの楽しみ方

  • Column
  • Exercise

タイムや順位にこだわらない!ランニングの楽しみ方

【動画】「走る上で起点」となる肩甲骨周りストレッチ (PERFECT RUNNING v3)

  • Exercise

【動画】「走る上で起点」となる肩甲骨周りストレッチ (PERFECT ...

【動画】効果絶大の「インターバル走」 (PERFECT RUNNING v7)

  • Exercise

【動画】効果絶大の「インターバル走」 (PERFECT RUNNING v7)

ただ体重を減らすダイエットは終わり!中臀筋を鍛えて愛されヒップを作ろう

  • Exercise

ただ体重を減らすダイエットは終わり!中臀筋を鍛えて愛されヒ ...

血行を促し冷え性にアプローチ!寝たままできるストレッチ6選

  • Exercise
  • Relaxation

血行を促し冷え性にアプローチ!寝たままできるストレッチ6選

新着記事

秋のスイーツ欲は焼きリンゴで解決!

  • Beauty
  • Food

秋のスイーツ欲は焼きリンゴで解決!

重心移動トレーニングでインナーマッスルを鍛えてみよう

  • Exercise

重心移動トレーニングでインナーマッスルを鍛えてみよう

日々の生活に癒しを!自分と対話するためにホテルステイを取り入れよう

  • Relaxation

日々の生活に癒しを!自分と対話するためにホテルステイを取り入れよう

【米国レポート】睡眠不足による悪影響、睡眠不足は風邪をひきやすい?

  • Column
  • Relaxation

【米国レポート】睡眠不足による悪影響、睡眠不足は風邪をひきやすい?

免疫力をつけて、今年こそ風邪知らずの温かいカラダに!

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

免疫力をつけて、今年こそ風邪知らずの温かいカラダに!

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる