あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』~Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.4~

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』~Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.4~

  • Column
  • INTERVIEW

<COLUMN>
『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』~Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.4~

更新日:

父親の積極的な育児・家事の参画を目指し、父親の意識改革を目標に実践的な活動をするNPO法人「スーパーダディ協会(SDA)」が、“仕事と家事・育児の完全両立を目指し、熱く生きる父親”に贈る「スーパーダディアワード2017」。その賞に選出されたのが、Jリーガーの大久保嘉人さんだ。

2015年に史上初の3年連続Jリーグ得点王という快挙を成し遂げ、J1リーグの最多得点の記録も樹立。Jリーグ史上最強と評されるストライカーでありながら、4人の男児の父親として育児にも積極的。2015年には、流産をきっかけに奇胎後hCG存続症と診断されて抗がん剤治療を行うことで髪の毛が抜けるかもしれない妻を励ますため、3人の息子と共に丸刈りにしたというエピソードが話題となった。

そんな家族の絆を大切にする大久保嘉人さんに、仕事と家庭のワークライフバランスのほか、コンディション維持のために心がけていることや家族と共に過ごす生活のなかでのリラックス法など、プライベートな話をお伺いしました。(Vol3より続く)

大久保嘉人(おおくぼよしと)
現在、35歳のJリーガー。長崎県立国見高校3年生時に高校三冠を達成するなど活躍し、2001年、セレッソ大阪にてプロキャリアをスタート。その後、2006年にスペインのマヨルカに移籍。帰国後、ヴィッセル神戸に移籍するも、ドイツのヴォルフスブルクへ。帰国して再びヴィッセル神戸を経て川崎フロンターレへ移籍。現在はFC東京でプレーしている。2010年と2014年のW杯で日本代表に選出されたほか、2013〜2015年にかけてJリーグ史上初となる3年連続得点王を達成。J1最多得点記録を持つJリーグ最強のストライカー。現在、4人の男児の父親で、育児にも積極的な子煩悩パパとしても知られる。「家族を大切にする熱き父親」と評価され、スーパーダディ協会「スーパーダディアワード2017」を受賞した。

ストイックになりすぎると逆にストレスになる

——アスリートであるからには、常にフィジカルやメンタルなど、パフォーマンスを維持するために気を使ったりすることも多いと思いますが、食に関してはこだわっていることはありますか?

身体を作るためにいろいろこだわったりしている選手が多いのですが、自分はあまりこだわらないようにしています。あるとすれば、好きな時に好きなモノを食べる、ということですね(笑)。

なぜそうしているのかというと、アレはダメ、これもダメとストイックになりすぎると、それがストレスになってしまいますからです。やっぱり、パフォーマンス維持のためにはストレスはなるべくないほうがいいですからね。だから、食べたい時に食べたいモノを食べるようにしています。

家で食べるときは、その分、妻が栄養バランスに気をつけて作ってくれていますが、どうしても食べたいモノがあったら家族揃って外食に行きます。焼肉食べたいとか、パスタ食べたくなったらイタリアンのお店に行くことが多いですね。

子どものリクエストで行くのは寿司。ちゃんとした寿司屋ではなく回転ずしですね(笑)。子どもってやっぱり、回転ずしが大好きですから。もう、入店するとみんな大喜びでハイテンション。その姿を見ているだけで、ストレスも吹っ飛びますからいいですよね。


——家でのごはんは奥様が気を使ってくださるんですか?

いろんな料理を栄養面を考えてバランス良く作ってくれています。自分が妻の料理で特に好きなのは、豚肉のトマトソース炒め。なんという名前の料理がわからないですけど(笑)、しょうが焼きに使うようなちょっと厚めの豚ロース肉をトマトソースで炒めているみたいです。トマトソースの絡み具合が絶妙で、自分だけでなく息子たちも大好きです。

長くアスリートとして活躍する秘訣

——35歳になってもJリーガーとして活躍し続けるためのコンディション維持には何かコツなどあるのでしょうか?

プロになってからは身体のケアだったり食事のことだったり、練習が終わっても24時間、サッカーのために気をつけて体調を管理するようにと言われるんですよね。それをシッカリ守ってやる人はやっていますが、ストレスなくできる人はやったほうがいい。それがいいのか悪いのかわかりませんが、自分はストレスになるばかりなので、やっていないです(笑)。

この感じは、プロのサッカー選手になってからずっと変わらないですね。そこまでストイックにならなくても、サッカー選手として十分やっていけるだろうし、自分にはそこまでストイックに管理はできないなって思った。

実際にそこまでストイックになって気を使うことなく、35歳まで現役としてやってこれたので、今後もしばらくはこのままでいいのかなって思っていますね。35歳になっても、今のところパフォーマンスが落ちていると感じることもありません。とはいえ、いつか落ちてくる時が来ると思います。そうなったら自然と変えていくようになるんじゃないでしょうか。


——ストイックになることなく、自然体といった感じですか?

そうですね。ストイックになるでもなく、自然と身体に聞いているという感覚なのかもしれないですね。自分は今、何を欲しているのか。食に関してもトレーニングに関しても、メンタル面にしても、身体に聞いてみると答えが出てくるといった感じですね。

何ごとも適度にストレスなく過ごすことの大切さ

——サッカー選手のなかでも、特に大久保さんは国内、海外を含めて移籍が多いと思いますけれど、環境の変化などがストレスになることはないのでしょうか?

もともと環境の変化には順応しやすいんでしょうね。逆に、ずっと同じところにいることができない性分なんですよ。飽きてきたら、次に行こうかなっていうタイプなんです(笑)。どこか心の底で、停滞してくると変化を求めているところがあるのかもしれない。そっちのほうが性に合っているんでしょうね。

妻のほうも環境が変わることにはあまり抵抗感がない感じで、いつも一緒にいます。やはり、プロサッカー選手である限り、移籍による環境の変化というのは避けられないものですから、環境変化に順応できるほうがいいですよね。

子どもは環境の変化への順応力は、見ているとすごいですよね。すぐに慣れるので問題ないです。本来は小学校に入学したら、なるべく転校はさせたくないと思っていたのですが、長男は小学校入学して1年生の途中で転校することになってしまいました。少し心配していたのですが、すぐに適応しました。長男の場合は、スペインで現地の幼稚園に通ったというのもあったので、特に適応能力が高いのかもしれません。

——長く現役のサッカー選手として活躍し続けるための秘訣はどういうモノでしょうか?

繰り返しになりますけど、やっぱり、ストレスをなるべく溜めないようにするということではないでしょうか。他のサッカー選手と比べたら、僕はマジで何もしていないと思うんですよ(笑)。これは、あくまでも自分の場合、ということではなりますが、それが一番の秘訣です。

自分の身体のケアのために十分にマッサージしたり、食に気をつけるなど、しっかりやる人は本当にストイックにやっています。自分の場合は、それがストレスになってしまって、逆に調子が悪くなってしまう。だから、食べたいものがあれば食べにいくほうがいい。

もちろん、食べたいものがあるからと暴飲暴食していてはダメですが、何ごとでも適度にしてストレスなく過ごすということが一番、大事なことではないかと思っています。

スーパーダディの称号の次に目指すものとは!?

——スーパーダディアワードを受賞されましたが、4児のパパとして、プロのサッカー選手として、今後、どのように過ごしていきたいと考えていますか?

今とあまり変わらない生活を続けていきたいですね。今、35歳ですけど、次は40歳、その次は45歳と、常に5年区切りで自分をイメージしながらなるべく長く現役でサッカーを続けていきたい。なるべく長くサッカーと共に生きていきたいし、その姿を子どもたちに見てもらいたいと思います。


——45歳まで現役を続けていれば、親子でJリーガーということも不可能ではなさそうですね?

あ、そうか、自分が45歳になると、長男は23歳くらいですよね。そうなると最高ですね。いや、本当にそうなったらスゴいことだと思います。そうなったら、さらに現役続行を目指して、カズさんみたいに50歳まで続けてみようとなりそうですね(笑)。

大久保四兄弟がプロのサッカー選手になるという夢と共に、親子でプロサッカー選手という新たな夢も実現できたら最高っすね!

あと、もうひとつは、女の子が欲しいんですよ。女の子が生まれるまで夫婦仲良く頑張っていきたいと思っています。5人目が男の子だったら、6人目を目指すつもりです。そうなったら、もう立派なビッグダディ。スーパーダディの次は、ビッグダディを目指していきたいですね(笑)。

取材協力:スーパーダディ協会
プライベート写真提供:大久保嘉人公式ブログ
取材・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

歯磨きは食後?回数は?虫歯・歯周病予防の効果を上げる口腔ケア【歯科医監修】

  • Column

歯磨きは食後?回数は?虫歯・歯周病予防の効果を上げる口腔ケ ...

メッセンジャー世界チャンピオンの見る世界vol.1

  • Column
  • Exercise

メッセンジャー世界チャンピオンの見る世界vol.1

唇の荒れ、本当の原因は!?身体の中から作る艶々リップのつくり方

  • Column
  • Relaxation

唇の荒れ、本当の原因は!?身体の中から作る艶々リップのつくり方

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.4

  • Column
  • Relaxation

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学 ...

RUN女子集まれ!! 女性だけのランイベント「ランガール★ナイト」

  • Column
  • Exercise

RUN女子集まれ!! 女性だけのランイベント「ランガール★ナイト」



新着記事

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

  • Relaxation
  • 提携メディア

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

  • Relaxation
  • 提携メディア

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

  • Relaxation
  • 提携メディア

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる