『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.2〜 | Rhythm (リズム)

あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.2〜

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.2〜

  • Column
  • INTERVIEW

<COLUMN>
『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.2〜

更新日:

| スーパーダディ | ワークライフバランス |

父親の積極的な育児・家事の参画を目指し、父親の意識改革を目標に実践的な活動をするNPO法人「スーパーダディ協会(SDA)」が、“仕事と家事・育児の完全両立を目指し、熱く生きる父親”に贈る「スーパーダディアワード2017」。その賞に選出されたのが、Jリーガーの大久保嘉人さんだ。

2015年に史上初の3年連続Jリーグ得点王という快挙を成し遂げ、J1リーグの最多得点の記録も樹立。Jリーグ史上最強と評されるストライカーでありながら、4人の男児の父親として育児にも積極的。2015年には、流産をきっかけに奇胎後hCG存続症と診断されて抗がん剤治療を行うことで髪の毛が抜けるかもしれない妻を励ますため、3人の息子と共に丸刈りにしたというエピソードが話題となった。

そんな家族の絆を大切にする大久保嘉人さんに、仕事と家庭のワークライフバランスのほか、コンディション維持のために心がけていることや家族と共に過ごす生活のなかでのリラックス法など、プライベートな話をお伺いしました。(Vol1より続く)

大久保嘉人(おおくぼよしと)
現在、35歳のJリーガー。長崎県立国見高校3年生時に高校三冠を達成するなど活躍し、2001年、セレッソ大阪にてプロキャリアをスタート。その後、2006年にスペインのマヨルカに移籍。帰国後、ヴィッセル神戸に移籍するも、ドイツのヴォルフスブルクへ。帰国して再びヴィッセル神戸を経て川崎フロンターレへ移籍。現在はFC東京でプレーしている。2010年と2014年のW杯で日本代表に選出されたほか、2013〜2015年にかけてJリーグ史上初となる3年連続得点王を達成。J1最多得点記録を持つJリーグ最強のストライカー。現在、4人の男児の父親で、育児にも積極的な子煩悩パパとしても知られる。「家族を大切にする熱き父親」と評価され、スーパーダディ協会「スーパーダディアワード2017」を受賞した。

子どもが生まれてからのライフスタイルの変化

——現在、4人の男の子のパパですが、お子さんが生まれてから生活はやはり変化したのでしょうか?

生活が一番ガラリと変わったのは就寝時間ですね。子どもが生まれてからは、寝るのが早くなりました。今は毎日、子どもと一緒に寝ていますから。早いときはもう、20時くらいには寝る(笑)。だいたい19時45分くらいにはベッドの中に入っています。

最近は少なくなりましたけど、読み聞かせもやったりしています。ちょっと前までは、「読んで!」と子どもたちに言われるので、毎晩のように読み聞かせをしていたんですけどね。最近は上の子ども3人ともサッカーを一生懸命にやっているので、練習で疲れているようで、布団に入るとパタンと寝ちゃう。なので、最近はたまに読み聞かせするといった感じです。

子どもが生まれる前は、毎晩のように飲み歩いていましたからね(笑)。それが今では早寝早起きになって健康的な生活サイクルになりました。飲みに出かける回数も激減して、翌日がオフの日にしか飲まなくなりましたし、子どもたちを連れて出かける予定があるときは飲まないなど、かなり飲みに出かける回数は減りました。

あとは、子育てを積極的にやるようになって変わったことと言えば、癒されるということ。ストレスが溜まることもありますが、そういう時に子どもたちと接していると、ものすごく軽減されてリラックスできます。試合がうまくいかなかった時などは特にストレスが溜まるのですが、それでも家に帰って子どもたちの姿を見るだけでホッとする。試合のことは忘れることができるので、子どもの存在というのは、本当に大きいなあと実感しています。

子どもと接することが最高のリラックス

——ここ10年くらいで、イクメンという言葉が定着してきたりするなど、子育てや家事に積極的な父親が増えてきて、男性のライフスタイルにも変化が現れていると思いますが、こういった現状をどう感じてらっしゃいますか?

とてもいいことだと思いますよ。やはり、父親はもっと積極的に子どもと関わっていかないといけないと思っていますから。そうすることが、子どもにとっても良いことだと思いますし、妻の負担も軽減されますから。

父親が子どもと積極的に関わったほうが、妻の負担も軽減されると言われたりしますが、自分の場合は、もう、単純に子どもたちが喜んでくれるから子どもと関わっているだけ。子どもの喜びが自分の喜びでもあるということですね。子どもの笑顔を見るというのは、父親としての最高の喜びだと思うんですよ。だから、これからも子どもたちの笑顔をたくさん見られるようにやっていきたいと思っています。

サッカー選手として毎日、闘っているわけですが、子どもと接することは、自分にとって間違いなく最高の癒しというか、リラックス方法なんだと思います。

欧州との子育て事情の違い

——大久保さんは欧州リーグでのプレー経験もありますが、欧州の選手の子育てなどと日本の選手の子育てに違いなどはあったりするのでしょうか?

本当に家族みんなが一緒になって、子どもを育てているんだなあと実感することが多かったですね。欧州の選手の子育てを見ていると、そう感じました。日本でも多くのクラブが午前中で練習が終わるので、午後からはタップリ時間があります。当然、子育て中の選手なら子どもと接する時間があるのですが、他のことに時間を使う人が日本では多いかもしれないですね。

日本の場合、会社勤めのパパだと、残業続きで子どもが寝てしまった後に帰宅するという光景が当たり前で、しかも子どもが起きる前に支度をすませて出勤するという人が多いじゃないですか。そういう雰囲気が日本のサッカー選手の間にもまだあるのかもしれないですが、そうじゃない生活が欧州にはありました。


——日本では、職場で子育てについて話ができない雰囲気もあったりするようですが、選手同士で子育て談義とかしますか?

けっこう子育て中の選手が多いので、チームメイトとは子育て談義はしますよ。息子の学校でこんなことがあった、とか。一番盛り上がるのは、自分に似ている、似ていないっていう話ですね(笑)。

毎日、上の息子3人と朝練を近くの公園でやっています。雨が降ったら家の庭の人工芝の上でドリブルやシュート、1対1の練習をしています。3人とも地元のクラブチームに所属しているので、自分の練習と重ならなければ練習や試合を観に行くこともあるんですよ。

で、子どもたちのプレーを見ていると、動きが自分とソックリなんですよね(笑)。そういうのを見ると、本当に嬉しくなるんです。「ああ、オレの子だ!」って実感できる。父親としての幸せを実感できる最高の瞬間ですね。子どもと一緒にサッカーできるというのは、自分にとっての最高の形です。ちょっと親バカかもしれないですけど(笑)。

大久保四兄弟でJリーガー!?

——プロサッカー選手という厳しい道を選んだ父親としては、子どもには違う道を歩んで欲しいと思うのではないかという気がしますが、そのあたりはどうですか?

ぜんぜん、ないですね! 息子たちが望むなら、どんどんサッカーやって欲しいし、できることならプロになって欲しい。自分は厳しい道を選んできて、本当にいろんな壁にぶち当たってきましたけれど、それを乗り越えてきました。だから、「オレはこういうふうにして壁を乗り越えてきた」という姿をこれからも息子に見せ続けていきたい。

自分の背中を見てサッカーを続けた息子たちもこれからたくさんの壁にぶつかることになると思うけど、それをどうやって乗り越えたり解決していくのか。それを見てみたいと思っています。もちろん、時にはサポートしながらですけどね。

サッカーに限らず、何ごとでもそうだと思いますけど、時には苦しいこともあるでしょう。そういう時にちゃんと気づいてやって声をかけて、相談に乗ってやれるようにしたいですよね。そういう意味で、友だちのような感覚で何でも相談できる親子関係でこれからもやっていいきたいと思っています。

もちろん、サッカーでなくても他の道に進みたいのであれば、それはそれでいい。他に何かやりたいことがあれば、それに打ち込めばいいと思います。


——最近ですと、元プロ野球選手の高木豊さんの息子さん3人がJリーガーとして活躍して「高木三兄弟」ということで有名ですが、もしかしたら「大久保四兄弟」が誕生するかもしれないですね?

そういうの、いいですよね!ぜひ、なって欲しいと思います。高木三兄弟のように、兄弟3人みんながプロサッカー選手になるってスゴく大変なことですから。自分の息子たちがプロの道を望むのであれば、全力でサポートしたいですね。プロになりたいという気持ちがあるなら、ぜひ、チャレンジしてもらいたいと思います。3人ともサッカーに一生懸命打ち込んでやっていますし、今はそれが自分の父親としての夢ですね。

——家庭では、育児・家事の分担はどういった感じでしょうか?

家事はあまりやらないです。その分、上3人の子どもたちの面倒をみることを僕が中心になってやっています。子どもたちを風呂に入れたりとか、習い事やサッカーの練習の送り迎えなどを担当しています。その間に妻がご飯を作ってくれるといった感じで分担しています。料理に何回かチャレンジしたこともあるのですが、苦手なんですよ。僕が料理を作ると不味い(笑)。頑張って作ろうとすると家族に迷惑をかけてしまうので、そこは妻に任せています。

家庭では子育て担当に専念ですね。朝練したり一緒に遊んだり。参観日なども積極的に行っています。それは義務感からではなく、自分が行きたいからなんです。子どもたちが学校や幼稚園でどう過ごしているのか、普段の様子を見たいから行っています。楽しくてしょうがないですね。

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』~Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビューVol.3~へ続く)

取材協力:スーパーダディ協会
プライベート写真提供:大久保嘉人公式ブログ
取材・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

医師が解説!肥満と睡眠時無呼吸症候群についての関連性

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!肥満と睡眠時無呼吸症候群についての関連性

日本の非常識は世界の常識だった!? -ボスニア・ヘルツェゴビナ編-

  • Column
  • Relaxation

日本の非常識は世界の常識だった!? -ボスニア・ヘルツェゴビナ編-

サンディエゴのリゾートウェルネス旅~癒しのホテルでの過ごし方編~

  • Column
  • Food
  • Relaxation

サンディエゴのリゾートウェルネス旅~癒しのホテルでの過ごし ...

虫歯の進行度を詳しく解説!ステージごとの治療法は?【歯科医監修】

  • Column

虫歯の進行度を詳しく解説!ステージごとの治療法は?【歯科医 ...

冬の人気No.1アクティビティ!スリル満点な犬ぞり体験

  • Column
  • Relaxation

冬の人気No.1アクティビティ!スリル満点な犬ぞり体験



新着記事

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

  • Column
  • Relaxation

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

  • Column
  • Relaxation

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

一夜漬けの勉強に役立つ!医師がおすすめする暗記の裏技とは?

  • Column
  • Relaxation

一夜漬けの勉強に役立つ!医師がおすすめする暗記の裏技とは?

デトックスや美容効果も!サウナの健康効果と消費カロリーは?

  • Relaxation

デトックスや美容効果も!サウナの健康効果と消費カロリーは?

インタビュー:堀川臣樹(パドルクエスト) カヌー、カヤック、SUP【特集:パックラフトと川の旅~パドリングスポーツの現在】

  • Special

インタビュー:堀川臣樹(パドルクエスト) カヌー、カヤック、SUP【特集:パックラフトと川の旅~パドリングスポーツの現在】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる