あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

修験道体験vol.5 〜修行中の大事故発生!〜

修験道体験vol.5 〜修行中の大事故発生!〜

  • Column

<COLUMN>
修験道体験vol.5 〜修行中の大事故発生!〜

更新日:

| ライフハック | 教養 | 絶景 |

修行してますか?どうも。しそう家のスギです。

前回の話も、女人禁制1300年を保つ修験道の聖地・大峯山に入るための精進潔斎(しょうじんけっさい)についてでした。

今回は、特にその初年度に起きた大事件ついて、お話ししたいと思います。

初めての修験道を目前にした好青年を襲った悲劇とは、一体、なんだったのでしょうか?

初年度の悲劇

あれは、今から3年前のこと…。

大峯山のある奈良に向かうために、夜中に東京から車で出発する時でした。お伝えしたとおり、外食は動物性の出汁が入っていたりして、なかなか難しいので、出発前に夜食のために精進料理を作っていたんです。

当時はそれなりに研究していたので、精進料理でもおいしいメニューを教えてもらって自炊していました。なかでも、茹でて潰したジャガイモと片栗粉をこねて揚げる一品が、まるでお餅のような食感でとても気に入っていたんです。

なので、運転中の夜食もこれにしようと思って、一人で大量にせっせと作っていました。

その時です。

揚げているうちに、大量の団子が中心に集まって、そのままくっついてしまいそうだったので、両手に箸を持ってほぐそうとしたら…

ボンッ!!!!!

と、グラグラに煮えたぎった油が噴水のように爆発して、僕を襲ってきたのです!

巷でよくいわれている、「事故の瞬間はスローモーションに見える現象」でしたね。顔全体に油の飛沫が飛んできて、両手も滴り落ちる油を振り払うほどに油を被っていました。

「やばい!これは一生、痕が残るほどの大火傷だ!氷水!」

この間、3秒ほどでしょうか、油をくらって、後ろにのけぞった体勢の次のモーションが、冷凍庫から氷を出すことでした。

それからはとにかく1時間ほど氷水に手と顔を漬けていました。これがもう、修験道でお山に入る前の、冷たい水に漬かる修行なんて比べ物にならないくらいの苦行でした。火傷で痛いんだか、氷水で痛いんだか、わからないくらいに、もうとにかく痛いんです。皮膚も痛いし、骨まで染みる痛さですよ。

凍傷になるくらい、限界まで氷水に漬けていないとやばい、と思い込んで、ひたすら冷却。

大きなボールに氷水を張って顔を10秒突っ込んでは出すという、まるで泳げない人が水に慣れる特訓かよ!と突っ込みたくなるくらい必死になりながら、携帯を取り出して119番します。

「どうしました?あぁ火傷ですか。救急車呼びますか?」と言われたものの、別に事故で重傷を負ったり、意識が朦朧(もうろう)としているわけでもなく、普通に歩けるので、救急車なんて呼んだらかっこ悪いし、申し訳ないと思い直し、

「あ、いや、やっぱり大丈夫です…あの…自分で今から行ける病院紹介してもらってもいいですか?」

と、見栄を張って、都内で夜中でもやっている救急外来を教えてもらい、自力で電話して確認することに…。

両手は氷水に漬けたまま、顔と肩に携帯を挟んで何件も電話するものの、全然見つからない…もうこれでダメなら、やっぱり救急車を呼ぶしかないと思った最後の病院がやっていて、タクシーで行くことに。

真夜中の救急外来

タクシーの中では、ひたすら絶望でした。

「あぁ、端正な俺の顔立ちとも今日でおさらばだな…火傷の痕が残る人生かぁ…」

と思うと、ホント泣きそうになりましたよ。あんな悲しい気分でタクシー乗ったのは初めてでした。

そして、

「はい、ここだよ〜」

と、真夜中の路上で降ろされた僕の目の前にあったのは、

あの有名な慶應病院…、

ではなくて、

住宅街にある、こぢんまりとした普通の◯◯医院みたいなところでした。オンボロな蛍光灯が光る◯◯医院…、この昭和の町医者って感じが不安を一層煽ります。

「こんなところで治療してもらって大丈夫なのか?俺は一生残るかもしれない火傷なんだぞ!」と、不安と怒りと後悔と情けなさに打ちひしがれている僕。

今後の人生、顔の火傷のことを聞かれるに違いない。

その答えが「いや〜、イモを揚げていたら油が爆発してね〜」なんて、どんだけマヌケなんだよ!

だったら「火事の中、なんとか家から脱出したけど、この通りさ、いや、子犬を助けるためにね」とか言ってみてーよ!、と一人ひたすら心の中で怒り狂います。

しかし、そんな僕の気持ちにおかまいなく、待機していたお医者さんと看護師のおばちゃんは、淡々と仕事をこなしていきます。

「はい、どこが火傷なのかな〜?」

「もう全部っすよ、全部!顔と手が全部痛いっす。これ痕残ります?やばいっすか?」

「はいはい、じゃあとりあえず痛いところ包帯するから」

ぐるぐる
ぐるぐる…
ぐるぐる……
ぐるぐる………

IMG_0003

ジャジャーン!!!

……という、とんでもない試練を乗り越えざるを得なかった僕。

どうやらこれは因果応報ともいうべき深い業(ごう)を、僕が背負い込んでいたのではないか、精進潔斎ぐらいじゃ落とせない穢れが、体に染み付いていたのではないか……気になる続きは、また次回。

文・写真提供:スギ

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ライフハック | 教養 | 絶景 |

関連記事

代謝アップ!お腹をネジって骨盤底筋群をしっかりストレッチ

  • Column
  • Exercise

代謝アップ!お腹をネジって骨盤底筋群をしっかりストレッチ

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

  • Column
  • Relaxation

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【 ...

田中律子「毎日を楽しく生きていくために大事なこと」

  • Beauty
  • Column

田中律子「毎日を楽しく生きていくために大事なこと」

呼吸を整えれば、不調は改善する<実践編>【呼吸整体師・森田愛子さんインタビュー後編】

  • Column
  • Relaxation

呼吸を整えれば、不調は改善する<実践編>【呼吸整体師・森田 ...

モデル道端カレン「外食でも、太りにくい食事法」

  • Beauty
  • Column
  • Food

モデル道端カレン「外食でも、太りにくい食事法」

新着記事

日本古来の美容・健康食「雑穀」!オススメ3種をご紹介

  • Food

日本古来の美容・健康食「雑穀」!オススメ3種をご紹介

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

  • Relaxation

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

  • Column
  • Relaxation

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

  • Food

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる