あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方とは?

敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方とは?

  • Beauty

敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方とは?

更新日:

| アウトドア | 日焼けケア | 紫外線 |

「日焼けはしたくない!」と思うのは誰もが同じですが、一方で「どの日焼け止めが自分に合うのかわからない」「肌荒れしないか心配・・・」という人も少なくありません。

特に敏感肌の人は日焼け止め選びにも慎重になるものですが、実は簡単なポイントさえ押さえてしまえば、自分に合った日焼け止めを簡単に見つけることができます。

日焼け止めには二種類ある

日焼け止めは、肌への紫外線の影響を避ける方法によって大きく二つに分けることができます。

一つは「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」といって、紫外線を物理的にはじくものであり、もう一つは、吸収した紫外線を別のものに変換して放出する「紫外線吸収剤」というものです。

紫外線吸収剤は効果が高いけど刺激が強い

紫外線吸収剤は肌に塗っても伸びが良く白浮きしにくいほか、紫外線をカットする力が強く、日焼け止めとしての高い効果が期待できます。

しかしその反面、肌への負担が大きく、刺激を感じやすい敏感肌の人は特に避けたほうがよいでしょう。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプのものを選ぶ

一方、紫外線散乱剤(ノンケミカル)は白浮きしやすく化粧崩れしやすいほか、紫外線をカットする力も紫外線吸収剤に比べると劣るというデメリットがあります。

しかし、その分肌への負担は少なく、敏感肌の人でも安心して使えるものが多いようです。

状況に応じたSPFとPAのものを選ぶ

SPFの低い日焼け止めを使う

SPFとは紫外線の中でも、特にUV−Bという種類の紫外線を防ぐ効果があります。UV-Bは、日焼けや肌の炎症といった肌トラブルのもとになるものであり、SPFの値が高ければ、その分UV-Bを防ぐ効果も高いというわけです。

しかし、SPFの値が高ければその分、肌への負担が大きくなるというデメリットもあります。そのため常時SPFの高い日焼け止めを使うというのはあまりおすすめできません。

SPFの高い日焼け止めは、炎天下でのレジャーやスポーツの時など紫外線の影響が大きいとされるときのみ使用し、日常生活ではもう少しSPFの低いものを使用するほうがよいでしょう。

PAも同様、日傘やサングラスとの併用も

PAとは肌の老化の原因とされるUV-Aという紫外線を防ぐ効果があります。

UV-AはUV-Bとは違い、肌の表面に大きな影響はありませんが、ジワジワと肌の奥深くまで浸透します。ガラスまで通過するタイプの紫外線であり、天候や場所に関係なく常に気にする必要があります。

PAもSPFと同様に値の高いものは、その分効果も高いですが、肌への負担も大きくなります。

なので敏感肌の人は特に、SPFやPAの高い日焼け止めばかりに頼るのではなく、日傘やサングラスなどを併用するなど、いろいろな方法で日焼けを防ぐことが大切です。

PAやSPFについての詳細は、<<「PA」「SPF」って何?日焼け止めの選び方の基準を徹底解説!>>からもご覧いただけます。

低刺激な日焼け止めを選ぶ

日焼け止めのパッケージを見ると、どんな成分が含まれているのかが分かると思います。肌に刺激を与える成分は、なにもSPFやPA、紫外線吸収剤だけではありません。

防腐剤やパラベン、アルコール、石油系界面活性剤などの成分も肌に悪影響を与えることは良く知られています。

敏感肌の人ならば、なおさらこれらの成分にも刺激を受けやすいですから、なるべく上記のような成分の入っていない日焼け止めを選ぶことが大切です。

まとめ

以上のポイントを押さえることで、敏感肌の人でも自分に合った日焼け止めをきっと見つけられるはず。

また、日焼け止めを使うと肌が乾燥しがちになります。乾燥は敏感肌を悪化させる大きな要因となりますから、保湿をしっかりと行い、肌をケアしていくことも大切です。

サンプルも試してみよう

最近では技術の進歩により、紫外線吸収剤の日焼け止めでも肌への負担が少ないものも出回っています。

薬局ではサンプル品をもらえることもありますから、サンプル品を上手く活用して、自分に合った日焼け止めを見つけると良いかもしれません。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| アウトドア | 日焼けケア | 紫外線 |

関連記事

高速振動で汚れを除去!オムロンのおすすめ電動歯ブラシ3選

  • Beauty

高速振動で汚れを除去!オムロンのおすすめ電動歯ブラシ3選

腸内環境を整え、痩せやすい身体を作る3つの習慣

  • Beauty
  • Food

腸内環境を整え、痩せやすい身体を作る3つの習慣

オムロン式美人特製レシピ「簡単美白・美肌 トマトヨーグルトドリンク」

  • Beauty
  • Column
  • Food

オムロン式美人特製レシピ「簡単美白・美肌 トマトヨーグルト ...

身体の内側から美肌へ!美白効果を高める栄養素7つ

  • Beauty
  • Food

身体の内側から美肌へ!美白効果を高める栄養素7つ

毎日5分でOK。女子力を高めるヨガポーズ10

  • Beauty
  • Exercise

毎日5分でOK。女子力を高めるヨガポーズ10



新着記事

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Exercise

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Column

ダイエット最大の敵はお菓子やラーメンではない?(ボクの最後のダイエットvol.2)

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

  • Relaxation

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

  • Beauty
  • Food

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる