あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

写真作家たつろう「ルワンダの虐殺記念館(後編)」

写真作家たつろう「ルワンダの虐殺記念館(後編)」

  • Column

<COLUMN>
写真作家たつろう「ルワンダの虐殺記念館(後編)」

更新日:

| コミュニケーション | 教養 | |

皆さん、こんにちは、世界を旅する写真作家たつろうです。前回に引き続きルワンダ編です。

なぜルワンダは、他のアフリカの国々と比べて異質なのか。この国の歴史を知ればその意味を理解できます。

ツチ族とフツ族、民族間の争いの末、50万人以上もの死者を出したジェノサイド。僕はこの時中学生で、その虐殺の様子をニュースで意味も知らず遠い目で見ていました。

今回、キガリ虐殺記念館に行って見たものの、現地の人の話を聞いて知った限りでは、まだはっきりとした事実は分かりませんが、民族間でこんなひどい殺し合いをしたりはしない、民に多くの罪はないように思いました。

その当時、良い意味でも悪い意味でもバランスを取りながら共存していた民族の間に、フランス政府が明確に線引きしたことにより虐殺が起きた。

殺したくもないのに、自分の村の仲間を殺したライフル銃を持ちながら泣いている青年の写真。ナイフで抉られて両目が失くなり、血まみれになりながら叫ぶ少年を抱きかかえて泣く母親。

ルワンダ虐殺記念館

そんな写真を、ここキガリ虐殺記念館でいくつも見ました。

しかし、ムランビ虐殺記念館はもっと壮絶でした。1994年4月に大量虐殺の現場となったこの建物は、もともと学校であり、現在はその惨禍を伝えるために記念館になっていました。

ルワンダ虐殺記念館

ミイラが保管されている小屋もあり、扉を開けるとそこには白骨化したミイラが何百体とありました。こんな姿になろうとも、今でも苦しいよと叫び続けているようなその姿に過去の惨事を思い描き言葉を失っていました。

ナタでズタズタにされて殺されるよりは銃でひと思いに殺してくれと懇願するツチ族、また種を残さぬよう幼児は徹底的に殺されました。岩に叩きつけられたり、汚物槽に生きたまま落とされたり。

記念館を出る頃にはすっか生気を失っていました。2、3日は食欲もなくほとんどしゃべる気にもなれませんでした。同時に、この事実をもっと世界中の人に知ってもらいたいと思いました。

ルワンダ虐殺記念館

しかしこの記念館に行くまで決められたルートはなく、バスやモト(バイク)を乗り継いで自力で行かなくてはいけません。

しかもミイラの保存方法も無頓着で日本の博物館のように、温度・湿度管理を一切しておらずケースにも入れられないままむき出しで、ただ机の上に並べられています。

それゆえ屍体の匂いは一帯に充満し、息ができないほど異臭が漂った状態だった。

世界的に見ても、この記念館はとても意味のある重要文化財にあたると思います。だからこそしっかりと整備して、もっと多くの人に訪れてほしいと思いました。

自分ができることはなんだろう。こういった形で伝えていくこと以外に、もっとできることはきっとたくさんある。

帰りにオレンジ色の服を着た大人の集団を見た。

ルワンダ虐殺記念館

片手だったり義足の人が混じっていました。彼らは誰なんだと同じバスに乗り合わせていた地元民に聞いてみる。するとジェノサイドで人を殺めた囚人だという。20年罪を背負って母国のためにボランティア活動をしているのだと教えてくれました。

殺すしかなかった、殺さないと自分が殺された。すれ違いざまに見た彼らの顔にそんなに悪意は感じなかった。どの顔にも優しく儚い瞳があった。どんな想いで彼らは生きてきたのだろう。

辛い時代から立ち直ってきたからこそ、きっと人の気持ちがわかる優しい人が多いんだ。

それでは次回も、ここでトラベルマガジンをお届けしたいと思います。

文・写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| コミュニケーション | 教養 | |

関連記事

死者数、最大1億人!人類史上最悪のパンデミックはインフルエンザだった!

  • Column

死者数、最大1億人!人類史上最悪のパンデミックはインフルエン ...

食物アレルギー日記 vol.26 ストレスによる内臓の冷えとアレルギー悪化の関係

  • Column
  • Relaxation

食物アレルギー日記 vol.26 ストレスによる内臓の冷えとアレル ...

「仕方なく」始めた料理が「楽しい」に変わるまで【小竹貴子さんインタビューVol.2】

  • Column
  • Food

「仕方なく」始めた料理が「楽しい」に変わるまで【小竹貴子さ ...

忙しくても簡単にできる!栄養バランスのとり方【小竹貴子さんインタビューVol.3】

  • Column
  • Food

忙しくても簡単にできる!栄養バランスのとり方【小竹貴子さん ...

飲んできれいになれる!美容健康に良い中国茶を取り入れよう

  • Column
  • Food

飲んできれいになれる!美容健康に良い中国茶を取り入れよう



新着記事

理学療法士が教える。モデルウォークで風邪予防

  • Exercise

理学療法士が教える。モデルウォークで風邪予防

食欲がないときは紅茶がおすすめ。腸活に効く紅茶レシピを公開!

  • Food

食欲がないときは紅茶がおすすめ。腸活に効く紅茶レシピを公開!

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

  • Column
  • Relaxation

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

  • Food

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる