あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(後編)

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(後編)

  • Column
  • INTERVIEW

<COLUMN>
『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(後編)

更新日:

| ヒップホップ | ライフスタイル |

日本語ラップの黎明期から活動を開始して、2019年には30周年を迎えるヒップホップグループ「RHYMESTER」。今年の9月には11枚目のアルバム「ダンサブル」をひっさげてツアーを開催中だ。MCを担当する宇多丸さんは、ラッパーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティーを務めるなど、アラフィフになっても多忙な毎日を送っている。そんな宇多丸さんに、ヒップホップの話と共に、生活リズムを整えるための普段のライフスタイルについてお話をお伺いしました。(Vol3前編後編より続く)

宇多丸(うたまる)
ラッパー・ラジオパーソナリティ。ラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。早稲田大学在学中に「ソウルミュージック研究会 GALAXY」に所属し、後に後輩となるMummy-Dと出会い、1989年にRHYMESTERを結成。日本語ラップの黎明期からシーンを牽引してきた。当初からヒップホップシーンで評判だったトークスキルが、後にラジオパーソナリティとして開花。TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の他、インターネット放送「AbemaTV」の『水曜The NIGHT』などでも活躍中。今年9月には、11枚目となるアルバム「ダンサブル」をリリースすると共に、ツアーを開催。来年1月には島根・東京・京都の三か所にて追加公演が決定している。

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(前編)より続く)

アラフィフになって気をつけていること

——アラフィフになったところで、気をつけていることはありますか?

友人から最近、血圧計と体脂肪計をいただいたんですね。血圧計はまさにオムロンの最新型のモノなのですが、デザインがカッコイイ。しかも、コンパクトなのに血圧がちゃんと測れて、スマホに記録が残るんですよね。部屋に置いていてもぜんぜん嫌じゃないし、毎日、自分の身体の状態をチェックして知ることは、アラフィフになってくるといいこと。

データが溜まってくると、アプリで血圧の推移を眺めたりするうちに楽しくなってくるのも面白い。自宅で血圧を毎日チェックしているオレって「かっこいいオトナだな」って思っちゃいました(笑)。


(オムロン 上腕式血圧計 HEM-7600T)

食に関しては、腹が減っていなければ食べないようにしています。自分の生活リズムのなかで食事時になったから食べるというのではなく、腹が減ったときに食べるようにしています。それがもしかしたら、あまり太らない原因なのかもしれないですね。

心地良く生きていなければ意味がない

ただ、お酒は相変わらず飲むときには飲むし、食べるときは食べる。焼肉とか、“ヤング”な食べ物も好きだし(笑)。でも、お酒と一緒で「本当に今、オレは何が食べたいのか?」と自分の身体の欲求と相談をするようにしています。

そうしているうちに、身体の欲求がわかるようになって、自然とバランスが取れるようになる気がしますね。ある意味、欲望のままに生きるほうがいいのかもしれません。

要は、偏った飲み食いはしないということが一番ですよね。何か治療が必要だというのでなければ、あまり考えすぎずに身体の欲求に従ってバランスを取っていればいいんじゃないでしょうか。そもそも、自分は何のために生きているのかということ。心地良く生きていなければ意味がないですから。

心地良く生きるには健康が必要だし、一方で欲望に任せることも必要。やはり、バランスですよね。ストレスこそが万病の素とされて、ストレスを抱えるのは良くないと言われます。でも、抱えないで済むなら誰も苦労しないですよね。だからこそ、なるべくストレスを抱えないように自分なりのセッティングとかチャンネルをわかっておくべきだし、それを複数用意しておくことが大事だと思います。

身体も心も気持ち良くなるニューアルバム

——11枚目のアルバムを9月にリリースして、ツアーも年明けまで続きます。今回の作品はどういうコンセプトになっているんでしょうか?

ひとつ前のアルバムはちょっと暗めのコンセプトだった。生きている現代の日本のストレスみたいな内容を前面に押し出して「ストレスだよね!」とハッキリとしたテーマにしていました。でも、今回はテーマ性がないというワケではないんだけれど、フィジカル的にもメンタル的にも気持ちイイというのがコンセプトですね。

ちゃんと音楽として気持ちイイとか、楽しい感じに落とし込もうというコンセプトです。だから、タイトルは『ダンサブル』にして、気持ち良く踊れる曲を集めました。ダンスミュージックがベースになっているというのもありますが、何かウキウキするというか、心が躍るような楽しいアルバムに仕上がっています。

大変なこともあるけど、心地良く生きていきたい

——どういう人に聞いて欲しいと思っていますか?

若い世代はもちろんのこと、僕と同世代のアラフィフのみなさんにも聞いて欲しいと思っています。最近は僕と同世代のファンの方が増えているんですよ。普通にサラリーマンのおじさんが会社帰りにスーツ姿で来てくれたりもする。ニューアルバムを聴いていただいて、ぜひ、ライブに来ていただきたい。

元気なアラフィフの姿を目の当たりにできますから。もう、飛んだり跳ねたり……。そのへんの若いヤツらよりも遙かに元気なんで(笑)。きっと勇気が湧いてくると思います。

あと、アラフィフの世代というのは、あまり日本語ラップに興味を持たないで今まで来た年代だと思うんですよね。そういう意味では、今回のアルバムはこれまでのアルバムのなかでも、特に日本語ラップの入口として最適なアルバムだと思います。歌詞の内容もアラフィフなりの同世代にも響く内容になっています。例えば、「尿酸値が危ない!」とか(笑)。オトナでも聞くに堪える内容になっているハズなので、日本語ラップにあまり馴染みがない同世代の人にも聞いてもらいたいですね!

——最後に読者のみなさんに向けてメッセージをお願いします。

繰り返しになりますけど、やっぱり、自分を心地良くするための方法とかチャンネルを知っておくようにして、そのための環境のセッティングをできるようにしておくことが本当に大事だと思います。

それさえできていれば、この先、世の中や自分がどうなっていくのかわかんないけど、自分っていうものが保たれる。「まだオレは大丈夫」っていうね。そういう芯がシッカリしていれば、世の中がどうなっても、正気を保って生きていけると思います。

アラフィフともなれば、人生において大変なことって色々ありますけど、そのなかでも心地良く生きるということを心かげていけたらいい。そういう意味でも「お互いに頑張りましょう!」と言いたいですね。あんまり、カリカリしないで生きていきたいですね。

構成・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ヒップホップ | ライフスタイル |

関連記事

この夏おススメの体験!野生のイルカウォッチング

  • Column

この夏おススメの体験!野生のイルカウォッチング

歯周病の基礎知識!歯周ポケットと歯石の関係は?【歯科医監修】

  • Column

歯周病の基礎知識!歯周ポケットと歯石の関係は?【歯科医監修】

つらいPMSの軽減にも効果あり。「飲む点滴」甘酒活用レシピ

  • Beauty
  • Column
  • Food

つらいPMSの軽減にも効果あり。「飲む点滴」甘酒活用レシピ

物語で辿る文脈登山 vol.10 ~絶景 甲州アルプスを歩く#3~

  • Column
  • Relaxation

物語で辿る文脈登山 vol.10 ~絶景 甲州アルプスを歩く#3~

サッカー元日本代表・鈴木啓太が語る、身体のリズムの整え方

  • Column
  • Exercise

サッカー元日本代表・鈴木啓太が語る、身体のリズムの整え方



新着記事

歯科衛生士がアドバイス!あなたに合った電動歯ブラシの選び方

  • Column

歯科衛生士がアドバイス!あなたに合った電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシのメリット・デメリット【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

電動歯ブラシのメリット・デメリット【歯科医監修】

電動歯ブラシはどう動かす?正しい使い方とその効果!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシはどう動かす?正しい使い方とその効果!【歯科医監修】

青山剛の「地球の走り方」vol.4 ~永尾薫のNEW YORK・POPULAR BROOKLYN Half~ (ニューヨーク・ポピュラー ブルックリンハーフ)参戦記〜

  • Exercise
  • Special

青山剛の「地球の走り方」vol.4 ~永尾薫のNEW YORK・POPULAR BROOKLYN Half~ (ニューヨーク・ポピュラー ブルックリンハーフ)参戦記〜

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.17

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.17

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる