あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(前編)

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(前編)

更新日:

| ヒップホップ | ライフスタイル |

日本語ラップの黎明期から活動を開始して、2019年には30周年を迎えるヒップホップグループ「RHYMESTER」。今年の9月には11枚目のアルバム「ダンサブル」をひっさげてツアーを開催中だ。MCを担当する宇多丸さんは、ラッパーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティーを務めるなど、アラフィフになっても多忙な毎日を送っている。そんな宇多丸さんに、ヒップホップの話と共に、生活リズムを整えるための普段のライフスタイルについてお話をお伺いしました。(Vol3前編後編より続く)

宇多丸(うたまる)
ラッパー・ラジオパーソナリティ。ラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。早稲田大学在学中に「ソウルミュージック研究会 GALAXY」に所属し、後に後輩となるMummy-Dと出会い、1989年にRHYMESTERを結成。日本語ラップの黎明期からシーンを牽引してきた。当初からヒップホップシーンで評判だったトークスキルが、後にラジオパーソナリティとして開花。TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の他、インターネット放送「AbemaTV」の『水曜The NIGHT』などでも活躍中。今年9月には、11枚目となるアルバム「ダンサブル」をリリースすると共に、ツアーを開催。来年1月には島根・東京・京都の三か所にて追加公演が決定している。

心にゆとりを生むためにすること

——生活リズムが乱れそうなときに、整えるために実践していることはありますか?

先ほども少しお話しましたが、やはり、一番は自分を慰めたり甘やかすチャンネルを持つということですね。懐メロを聞くということもありますが、他にも食に関してもこだわりがあります。好きなお店の好きなメニューをわざわざ食べに行くんですよ。「今日はもう、仕事で疲れ切ったから、ちょっと遠出してでもお気に入りのカレーを食べに行こうかな」みたいな感じですね。

他にも、仕事の入り時間が決まっているなら、なるべく余裕を持ってスケジュールを組むのもいいですね。僕がよくやるのは、ちょっとだけ早めに現地に到着すること。そして、ドトールに寄ってエスプレッソを飲むのが好きなんですよ。ちょっとだけ寄って、1杯だけパッと飲んで、ダラダラしないでサッと目的地に向かう。

本来は必要のない行動なのですが、そのワンクッションがあるだけで生活そのものが貧乏臭くならないというか。生活が何となく潤って、心にゆとりが生まれてくる感じがするんですよね。

それをするだけで、「今、オレはエスプレッソを飲む余裕がある男だ!」という感じですかね?「早く行かなきゃ!」「間に合わないかも!」って焦るよりも、そういった気分になれると、だいぶ、心に余裕が出てきて変わってきますよね。もちろん、出かける前に余裕があるときは、自宅でコーヒーをいれて、ちょっと1杯飲んでからゆったりした気分で出かけるということもあります。

生活に“必要のないワンクッション”を入れる

——余裕を持ったスケジュールで心にゆとりができるというのは、いいですね。

それはエスプレッソじゃなくてもいいですよね。ちょっと本屋に寄るとかでもいい。とにかく、時々、“必要のないワンクッション”を入れる。それがスゴくいいんですよ。公園にちょっと寄るでもいいし、神社を見かけたら一瞬だけ寄ってお参りをするというのでもいい。

それって機能的じゃないことですよね。でも、そうしたちょっとしたムダな時間って、とても大切なことなんじゃないかと思います。ゲームなんかもまさにそうですよね。今すぐに寝て、明日の仕事に備えるのがいいに決まっているのはわかっているんだけど(笑)、何かムダな時間を入れないと、どこか仕事ばかりの働きアリみたいな気分になってしまうことってありませんか?だから、僕はたまに睡眠時間をちょっと削ってでも、ムダな時間を入れることがありますね。

ゲームはオトナになってからむしろ本格的に始めたのですが、これも本来は必要のないムダな時間ですが、それをちょっと過ごすことで心に余裕ができていいですよね。やり込んじゃうと大変なことになりますけどね(笑)。

同じ食事でも、より心が豊かになれるほうを選択

——好きなお店の好きなメニューというと、例えばどういうものですか?

僕はカレーが大好きなんですよ。湯島に「デリー」という老舗中の老舗のカレー屋があるのですが、そのお店は子どもの頃から親に連れられてよく行っていたんです。カシミールカレーが名物で、コースメニューがある。

ラサムというトマトベースのスープから始まるんだけど、そのスープが出てきた瞬間、「出たぁ!コレだよなあ」って。その後、サラダとカレーが出てきて、食後に必ずマンゴージュース、という構成がお決まりです(笑)。

すると、その日はデリーでカレーを食べることができたから「ひとつ得した気分」になれる。その日の“良かったことリスト”に、間違いのないひとつが加わるワケですからね。同じ1食にしても、より心が豊かになれるのであれば、ちょっと足を伸ばしてでも好きなモノを食べにいきたい。

オトナなオレを満喫。“適度に適当”がちょうどいい

僕は、食事を適当に済ますくらいなら、食べないほうがマシだというスタンスなんですよ。だから、けっこうお腹が減っていても我慢して、わざわざ自分が食べたいと思うところに足を伸ばして行く。そういうふうにしていると、“オトナなオレ”を満喫できるじゃないですか。「オレは今、好きな時に好きなモノを食べることができるオトナなんだ」と思えて、メンタル的にも満足できる。

夜中にやっている映画館にふと立ち寄って、見終わった後に寿司屋に寄って食べるとか、深夜までやっているレストランでもいいです。1人でワインを飲んでいると、最高ですよ。「東京のオトナって最高!」っていう感覚が好きですね(笑)。

こういうふうに適度に自分を甘やかす。“適度に適当”がちょうどいいんです。僕は根が小心者なので。常にストレスをため込んでいるんですよね(笑)。それだけに、僕みたいなタイプの人間はちょっとだけちゃらんぽらんなところもないと、モチベーションが続かないと思います。

やっぱり、日々の生活において、ストイックになりすぎないほうが絶対にいいと思います。そのほうが、ビシっと仕事をする時に好影響を与えてくれますから。メリハリをつけたほうが、どっちも楽しくなるじゃないですか。ダラダラしてばかりだと仕事をビシっとしたくなるし、バリバリ仕事できていると、快感だったりする。それで、「よし、この仕事片づけたらガッツリ遊ぶぞ!」とか、「ちょっと自分を甘やかそうかな」とか。そうなれるとメリハリがついていいと思います。

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(後編)へ続く)

構成・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ヒップホップ | ライフスタイル |

関連記事

写真作家たつろう「ルワンダの虐殺記念館(後編)」

  • Column

写真作家たつろう「ルワンダの虐殺記念館(後編)」

偉人の遺伝子はやはり違う!? 手塚治虫の遺伝子の解析結果は?

  • Column

偉人の遺伝子はやはり違う!? 手塚治虫の遺伝子の解析結果は?

ジェル、フッ素…電動歯ブラシの歯磨き粉はどれがいい?【歯科医監修】

  • Column

ジェル、フッ素…電動歯ブラシの歯磨き粉はどれがいい?【歯科医 ...

眠れなくて辛い…あなたの不眠の原因は自律神経の乱れかも?

  • Column
  • Relaxation

眠れなくて辛い…あなたの不眠の原因は自律神経の乱れかも?

女子は理解できない!男のロマン「モノへの情熱」編

  • Column

女子は理解できない!男のロマン「モノへの情熱」編



新着記事

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

  • Relaxation

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

  • Relaxation

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

  • Beauty

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

~堀 知佐子の「美をつくる食卓」~ 貧血対策! あさりとブロッコリーのアンチョビ炒め

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

~堀 知佐子の「美をつくる食卓」~ 貧血対策! あさりとブロッコリーのアンチョビ炒め

リフレクソロジーとは?足裏を刺激して不調知らずの体に!

  • Relaxation

リフレクソロジーとは?足裏を刺激して不調知らずの体に!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる