あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.3(後編)

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.3(後編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.3(後編)

更新日:

| ヒップホップ | ライフスタイル |

日本語ラップの黎明期から活動を開始して、2019年には30周年を迎えるヒップホップグループ「RHYMESTER」。今年の9月には11枚目のアルバム「ダンサブル」をひっさげてツアーを開催中だ。MCを担当する宇多丸さんは、ラッパーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティーを務めるなど、アラフィフになっても多忙な毎日を送っている。そんな宇多丸さんに、ヒップホップの話と共に、生活リズムを整えるための普段のライフスタイルについてお話をお伺いしました。(Vol2より続く)

宇多丸(うたまる)
ラッパー・ラジオパーソナリティ。ラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。早稲田大学在学中に「ソウルミュージック研究会 GALAXY」に所属し、後に後輩となるMummy-Dと出会い、1989年にRHYMESTERを結成。日本語ラップの黎明期からシーンを牽引してきた。当初からヒップホップシーンで評判だったトークスキルが、後にラジオパーソナリティとして開花。TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の他、インターネット放送「AbemaTV」の『水曜The NIGHT』などでも活躍中。今年9月には、11枚目となるアルバム「ダンサブル」をリリースすると共に、ツアーを開催。来年1月には島根・東京・京都の三か所にて追加公演が決定している。

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビューVol.3(前編)より続く)

常に身体に問いかけて、ムダに我慢をしない

——ライブをすることでかなりの運動になってバランスが取れているようですが、けっこう激しい運動になっているのでしょうか?

飛んだり跳ねたり歌ったりと激しい運動なので、体重もけっこう減るハズですが、ライブ後はけっこう食べるんですよ。燃やしたカロリー分を食べているという感じですね。

実は今、尿酸値が高くて痛風の危険性があってマズいということで薬を飲んだりしています。本当は尿酸値をこれ以上上げないために食べてはいけないモノがアレコレあるんですけど、そういうのはあまり気にしすぎないようにしています。

というのも、あまり我慢しすぎると、ストレスになるんじゃないかと。気にしすぎないで食べたいモノを食べる。「食べ過ぎなければいいんじゃない!?」くらいの感じで過ごしています。

ただ、僕の場合、悪癖として挙げるなら、唯一、お酒ですね(笑)。酒は飲む時はメチャクチャ飲んじゃうので、これはハッキリと身体に悪いことしています(笑)。

——お酒を飲むときは、どれくらいですか?

飲む時はかなりの量になりますね。持続力があるというか、お酒であんまり潰れることがない。だから、ついつい飲み続けちゃう。友人と飲むと、最後まで飲み続けます。「もうちょっと行こうよ」と誘い続けて周りが酔いつぶれたところで帰宅するという感じですね。

ただ、たくさん飲んだ翌日はお酒が身体に残っている感覚があると、飲みたくない。常に身体に問いかけて、自分の身体が不快だと思わない範囲で飲むし、不快なら飲まない。不快なら、自然とその日は休肝日になっています。「この日は休肝日にしなきゃ!」って決めるのではなくて、ただ、「今日は飲みたくないなあ」っていうことになれば、飲まない。そうすることで、我慢することによるストレスは軽減されているのではないかと思います。

心地良い眠りのためのセッティング

——日ごろ、こだわっているリラックス法や健康法などはありますか?

先ほどもお話しましたが、ストレッチポールはスゴくいいですね。円筒形でその上に寝転がってゴロゴロしながらストレッチをするんです。なんか疲れたなあという時にはストレッチポールの上に寝転がって、それこそ、映画を観ながらやったりしています。健康法というより、ただ気持ちいいからやっているだけですが、リラックスできます。

寝ることも大好きなので、アイテムにはこだわりがあります。音に敏感なので、耳栓とアイマスクは欠かせないですね。冬になると、アイマスクはホカホカ温まるモノを使っています。なかにアズキが入っていて、電子レンジで温めるやつ。さらに、寝る前に布団乾燥機で温かくしておくと完璧。そういうセッティングをしてから寝ると、瞬殺ですね(笑)。自分なりの心地良い眠りにつくためのセッティング方法を作るというのもいいと思います。

発想転換のためにフェーズを変える

——普段は作詞の部分で苦労することもあると思いますが、メンタル面での話として気分転換するのに何かやっていたりしますか?

作品を制作する時期になると、ブツブツと口に出しながら考えを巡らせて作ります。そういう意味では、不審者になっています(笑)。相当、歌詞作りに集中するので、宙を見つめながら歩いています。

自宅のリビングで夜に作詞するということもあります。無音が好きだと言いましたが、作詞する時は音を鳴らして聞きながらラップしてみる。そういう繰り返しで行ったり来たりを繰り返すことで作っていくタイプです。ただ、不思議なもので、歌詞の良いアイデアが湧く瞬間って、実は、寝起き直後のしばらくの時間に訪れることが多いんですよ。

うんうん唸ってばかりだと良い歌詞はできないことのほうが多い。それよりも、朝起きたときとか、ちょっとシャワーを浴びるとか。そういうフェーズをちょっと変えて気分転換した瞬間に一番、アイデアが湧きやすい。

ひとつの考えに凝り固まってしまって動けなくなっているときには、一旦、そのアイデアを取っ払ってあらためてやってみると、「ああ、こうすればいいんだ」って、ふっと出てくることがある。だから、煮詰まることがあると、何かフェーズを変えてみるのはオススメしたいですね。歩きながら考えを巡らせてみるのもいいと思います。散歩すると脳が活性してくる感じがします。


——発想の転換に良さそうですね?

アイデアをひねり出す段階と、それを煮詰める段階って、頭の使い方が違うと思うんです。ゼロを1にする時は集中したほうがいいんだけれども、1を100にするためにブラッシュアップする時には逆にノイズがあったほうがいいモノができることが多い。思いも寄らなかったアイデアが出てきて、「そうか、オチはこうすればいいんだ」とか。

だから、いわゆる“閃き”といったものは、ゼロを1にする段階であって、その時は集中する。それで、ブラッシュアップしていくときにはいろんなノイズというか情報を入れながらやっていく。こういう可能性もあるな、こういう可能性もあるなって無意識のなかで揺さぶりをかけるなかでブラッシュアップしていく。最初の閃きの部分というのは神秘的な感じがありますね。

——アーティストのみなさんはよく“降ってくる”といったようなことをおっしゃいますよね?

僕の場合は、歌詞を考えているときに、降ってくる前に必ずロジカルな積み重ねが必要なんです。ただ降ってくるわけじゃない。コレとコレでどうしようってなったときに、自分なりの連立方程式があるわけです。その方程式で歌詞を作ってみて、そこからどうしようってところまでやらないと閃きもクソもないというか……。

そこまでやった時に、こうやって解けばいいんだという自分なりの答えが見えてくる。たぶん、そういったことを寝ている時にも脳がある程度働いているんでしょう。起きたときに、「あ、デキてる!」っていうことがたまにあります。これが、僕にとっての“降ってくる”なのかもしれません。

ナシならナシで全て捨てるという発想法

——ラップの歌詞だけでなく、音楽や映画の評論などでも活躍する宇多丸さんならではのオススメの発想法といったものがありますか?

パソコンでカチャカチャやるよりも、実際に手を動かして書いたほうが脳がより活性化されるというのもあるんじゃないかと思います。ラジオ番組で映画の評論を毎週やっているのですが、自分の映画評の台本は、必ず直前に手描きで書きます。手描きで書いているうちに、「あ、こういうことね」ってわかってくることがよくあります。

ただ、歌詞を書くときは、それと相反することをしていて、歌詞を書くときは必ずパソコンなんです。ノートに手書きする利点って、紙に思考の過程が残ることです。映画評のときはそれがいいのですが、歌詞を書く場合には、その過程に引っ張られたくないんですよね。このアイデアは良かったね、というところに引っ張られたくない。

歌詞の場合は、ナシにするならナシにして全て捨てるんです。例えば、4小節目の歌詞がどうしても出てこなくて埋まらない。なぜ、ココで詰まっているのかというと、その4小節目だけが問題なんじゃなくて、そこに至る前の、3小節分の積み重ねがそもそもダメだから詰まっているんだ、と考える。

そこで、3小節目まではいいんだけどな、みたいに考えてやっていると、まったく進まなくなる。だから、一旦、全部捨てる。その歌詞全部のデータを消してしまうんです。そういうふうにデジタル的な発想でやっていくほうが、最終的に納得できるいい歌詞が書けるんですよね。僕にとっては、この方法が一番、シックリくるというだけのことですけどね。人それぞれにシックリくる方法があると思うので、自分なりの方法を見つけるといいと思います。

(『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.4(前編後編)へ続く)

構成・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ヒップホップ | ライフスタイル |

関連記事

オフィスでできる!ランチの後の眠気対策 3選

  • Column

オフィスでできる!ランチの後の眠気対策 3選

RUN女子集まれ!! 女性だけのランイベント「ランガール★ナイト」

  • Column
  • Exercise

RUN女子集まれ!! 女性だけのランイベント「ランガール★ナイト」

歯が痛い…頭痛に発熱も!これって何なの?【歯科医監修】

  • Column

歯が痛い…頭痛に発熱も!これって何なの?【歯科医監修】

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.4 〜野人、サッカーの世界基準を知る〜

  • Column

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.4 〜 ...

お尻から骨盤を温める! 普段の生活で気軽にできる、お尻ポカポカバレエエクササイズ

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

お尻から骨盤を温める! 普段の生活で気軽にできる、お尻ポカ ...



新着記事

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

  • Relaxation

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

  • Relaxation

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

  • Relaxation

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

  • Relaxation

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

  • Beauty

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる