あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)

  • Column
  • INTERVIEW

<COLUMN>
『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)

更新日:

| ライフスタイル |

日本語ラップの黎明期から活動を開始して、2019年には30周年を迎えるヒップホップグループ「RHYMESTER」。今年の9月には11枚目のアルバム「ダンサブル」をひっさげてツアーを開催中だ。MCを担当する宇多丸さんは、ラッパーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティーを務めるなど、アラフィフになっても多忙な毎日を送っている。そんな宇多丸さんに、ヒップホップの話と共に、生活リズムを整えるための普段のライフスタイルについてお話をお伺いしました。(Vol1前編より続く)

宇多丸(うたまる)
ラッパー・ラジオパーソナリティ。ラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。早稲田大学在学中に「ソウルミュージック研究会 GALAXY」に所属し、後に後輩となるMummy-Dと出会い、1989年にRHYMESTERを結成。日本語ラップの黎明期からシーンを牽引してきた。当初からヒップホップシーンで評判だったトークスキルが、後にラジオパーソナリティとして開花。TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の他、インターネット放送「AbemaTV」の『水曜The NIGHT』などでも活躍中。今年9月には、11枚目となるアルバム「ダンサブル」をリリースすると共に、ツアーを開催。来年1月には島根・東京・京都の三か所にて追加公演が決定している。

勝つまでやってやるという意地だけでラップを続ける

——サークルの出し物でラップを始めて、まさかここまで続けることになるとは考えていなかったのでしょうか?

本当にひょんなことから始まって、成り行きでこうなっただけですから。コンテストに顔を出すうちに「上手い」と言われるようになって、仲間もいっぱいできた。そうこうしているウチに「うまくいくんじゃないかな」という甘い考えでやってきた。

結局、そう上手くは行かなかったけれど、もう引っ込みが付かなくなってしまった(笑)。「ここでやめたら、何か負けた感じがする!」と思って、勝つまでやってやるという意地だけでしたね。

そうこうしているうちに大学3年生になって、普通は就職を考える時期じゃないですか。実は僕、就職氷河期に入る直前の、売り手市場の最後の学年だったんですね。それがものの数年で、笑っちゃうくらい空気が変わって就職氷河期に突入しちゃった(笑)。

そういう年代だったので、就職を考える大学3年生のときは、まだ売り手市場真っ盛りだったので、「別にあくせくしなくても、何とかなるんじゃない?」って、すごく呑気な感じでした。すでに音楽評論などでライター業もやっていたし、実家も東京。そんなにお金が欲しいワケでもないからという、すごく雑な人生設計でズルズルとやっていましたね。

「今、革命を起こしているんだ」という想い

——ある意味、惰性で日本語ラップを続けていたとはいえ、ラップに魅力を感じていたからこそ、続けられたという面もありますか?

日本語ラップ自体がまだまだ未開拓の分野でしたし、1曲作ることがすべて“発明”というか……。「オレたちは日本の音楽業界ではまだ売れていないけれど、確実に今、革命を起こしているんだ。最先端を走っているんだ!」という自負はありましたね。ヒップホップというジャンルが、次世代のポップミュージックの中心になるだろうという確信もあった。

なかなかそうはならない現状に苛立ちを感じながらも、一方でやり甲斐を感じていたと思います。使命感があったのかもしれないですね。「オレたちがやらなきゃ、誰がやる?」っていう。そういうのもあったので、すごく楽しかった。そうこうしているうちにやめられなくなったという感じですね。

1994年くらいから、日本語で即興のラップができるのかといった実験も始めました。最近は、「フリースタイルダンジョン」という、フリースタイル(即興)でラップのバトルをするテレビ番組が話題になっていますよね。自分たちが24年くらい前に始めたんだけれど、それを知らない若い世代が、まるでスケボーでもやるように普通にやっている。

そんな様子を見ていて、時々思うんですよ。「オレらは、やっぱりスゴいことをやってきたんじゃないか」って。僕らに特許料とか、お金が入るワケでもないですけどね(笑)。

まだまだ発展途上だから面白い

——日本語ラップの黎明期から、それを創り上げていく苦労はどういうところでしたか?

これはラップに限らないと思いますけど、英語圏で生まれた音楽のリズムの構造に、まったく違う言語体系である日本語をどうフィットさせていくのかということですよね。僕たちの前に日本語ロック論争みたいなこともあったわけで、それと同じように日本語ラップをどうリズムにすり合わせていって表現するのか、その方法を探るのが面白かった。

日本語ロックは、すでに定着しているけど、日本語ラップはまだ定着しきれていない。それが面白いと思っているんですね。今でも、あんなやり方があるのかといった発見もあるし、進化し続けている。それが今の日本語ラップ。まだまだ発展途上だし、浸透しきっていないし、理解もされていないところも多いですから。そこが未だに面白いと思える音楽ジャンルだと言える理由ですね。

ひとつの音楽ジャンルとしての存在意義を、常に自分たちで問い続けていかないといけない。日本語ロックをやっている人たちは、もう、そんなことは考えていないと思うんですよ。「何で日本人がロックやるんだろう?」なんて、定着しているから考えない。でも、それをいちいち考えないといけないのが、日本語ラップなんです。そこが面白いところですよね。

——日本語ラップに関して、ここだけは譲れないといったこだわりなどありますか?

これはあくまで僕個人のこだわりですが、「日本語として間違っていないラップ」をしたいとは常に思っています。文章として読んでもおかしくないもの。そこにこだわっていますね。実はそれってすごく無理があることなんですけど、そこが面白い。アメリカナイズされたラップをする若者もたくさんいて、それはそれでスタイリッシュなんですが、それを自分でやろうとは思わないし、そもそもできない(笑)。

何て言うんですかね……、「オレ、カッコイイだろう!?」的なことには興味ないのかな。それより、日本語の構造そのものに向き合ったりとか、そういうことのほうに意識が向きがちではある。

だって、西洋的なリズムに日本語を合わせるって、無理くりじゃないですか。その無理くりを、如何に無理くりに見せないよう、洗練させるか。そういうラップを目指したいというのが、僕のなかでは最大の興味でもあるし、こだわりでもあります。

オジサン世代にはないセンスが面白い

——宇多丸さんにアコガレてラップを始めた若者も多いと思いますが、そういう姿を見てどう思いますか?

いやあ、もう、上手いなあ、と。スタートラインが僕らとはぜんぜん違いますからね。見ていて面白いのは、ラップってものすごく流行り廃りがあるんですけど、今の日本語ラップは、とにかく平易な表現でラップすることが若者の間では流行っているんですよ。

僕らの時代だったら、四字熟語を使ったり、難しい日本語表現を使うのが流行ったんですけど、今はできるだけ口語的な表現が増えている。「あ、こんなことも歌にしちゃうんだ」っていう。これってすごくいいことだと僕は思っているんですよ。

日本語ラップとしてこなれてきたところもあって、僕らの世代のようにラップっぽく装う必要がないというか……。スゴく肩の力が抜けている。そこに今の世代の言語センスが加味されていたりしてね。そこが実は、我々、オジサン世代にはコピーし辛い部分だったりすんだけど(笑)、見ていて面白い。

そういう意味では、自分らとは違う新世代の日本語ラッパーがどんどん生まれていて、望ましい方向に行っていると思いますね。僕らの世代はけっこう英語コンプレックスがあったりするのですが、若い世代は全く関係ない。何か突き抜けた新しい世代が生まれているという気がしていますね。

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.2へ続く)

構成・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ライフスタイル |

関連記事

メキメキ免疫力UP!経絡整体師流、元気を作る入浴術で風邪予防対策

  • Column
  • Relaxation

メキメキ免疫力UP!経絡整体師流、元気を作る入浴術で風邪予防対策

歯槽膿漏は女性がなりやすい?その原因は?【歯科医監修】

  • Column

歯槽膿漏は女性がなりやすい?その原因は?【歯科医監修】

鼠蹊部を締めつけない「ゆるみパンツ」で冷えとむくみにサヨナラ!

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

鼠蹊部を締めつけない「ゆるみパンツ」で冷えとむくみにサヨナラ!

おうちでできる!歯周病予防のセルフケア方法【歯科医監修】

  • Column

おうちでできる!歯周病予防のセルフケア方法【歯科医監修】

ボディメイクを成功させるモチベーションテクニック〜vol.2〜

  • Column
  • Exercise

ボディメイクを成功させるモチベーションテクニック〜vol.2〜



新着記事

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

  • Relaxation
  • 提携メディア

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

  • Relaxation
  • 提携メディア

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

  • Relaxation
  • 提携メディア

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる