あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

更新日:

| ヒップホップ | ライフスタイル |

日本語ラップの黎明期から活動を開始して、2019年には30周年を迎えるヒップホップグループ「RHYMESTER」。今年の9月には11枚目のアルバム「ダンサブル」をひっさげてツアーを開催中だ。MCを担当する宇多丸さんは、ラッパーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティーを務めるなど、アラフィフになっても多忙な毎日を送っている。そんな宇多丸さんに、ヒップホップの話と共に、生活リズムを整えるための普段のライフスタイルについてお話をお伺いしました。

宇多丸(うたまる)
ラッパー・ラジオパーソナリティ。ラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。早稲田大学在学中に「ソウルミュージック研究会 GALAXY」に所属し、後に後輩となるMummy-Dと出会い、1989年にRHYMESTERを結成。日本語ラップの黎明期からシーンを牽引してきた。当初からヒップホップシーンで評判だったトークスキルが、後にラジオパーソナリティとして開花。TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の他、インターネット放送「AbemaTV」の『水曜The NIGHT』などでも活躍中。今年9月には、11枚目となるアルバム「ダンサブル」をリリースすると共に、ツアーを開催。来年1月には島根・東京・京都の三か所にて追加公演が決定している。

早大のサークルで結成されたRHYMESTER

——“日本語ラップ界の重鎮”、あるいは“レジェンド”とも呼ばれるRHYMSTER(ライムスター)ですが、結成されたのは、早稲田大学在学中に所属していた音楽サークル「ソウルミュージック研究会 GALAXY」で出会った3人によって結成されたそうですね。2019年には結成30周年を迎えるとお聞きしましたが。

もうすぐ30年!こういうのはいい加減なもので、カウントのやり方次第なんですけどね(笑)。実際にCDデビューしたのはもうちょっと後なのですが、メンバーと出会って一緒にやろうとなってから2019年でちょうど30年ということになりますね。

所属していたGALAXYというサークルに、Mummy-Dがヒップホップ好きの後輩として入ってきた。まずは彼と結成したグループですね。GALAXYは、ソウル・ミュージック研究会という名前の通り、レコードを買ってきて聞いたりして、ミニコミ誌を出版したりする。演奏をする側ではなく、どちらかと言うと聞く側のサークルだったんですけどね。

当時はイカ天ブームやバンドブームで、ロックが全盛。今からは想像できないくらい、ブラックミュージックはマニアックな音楽でした。そんな中で、ストイックにブラックミュージックを聞いている集団でした。

高校生の頃から自分はダンスミュージックが好きなんだなと気づいて。大学に入ったら、ダンスミュージックに造詣の深い人が多いサークルに入ろうと思っていました。GALAXYにはDJをやる人もいたので決めました。

80年代末から90年代にかけての頃というのは、ちょうどディスコとクラブのカルチャーが入れ替わる時期。80年代的きらびやかでバブルなカルチャーから、ストリートカルチャーに変わっていく時代だったんですね。そんな時代にサークルに入ってみたら、ひょんなことから自分でラップをするようになるという、まったく考えてもみなかった道を進むようになってしまった(笑)。

ひょんなことからラップをやることに

——ひょんなことからラップをするようになったというのは、どういうことですか?

GALAXYに入ると、5月の頭にディスコを借り切って新歓パーティーが開催されるんですよ。そこで新入生が何か出し物をするのが決まりで、「お前も何かやれ」と先輩が言う。しかも、先輩が考えたコントをやれと言われたのですが、それがまったく面白いと思えなくて、「嫌です!」と拒否。当時は生意気盛りでしたからね(笑)。

そこで自分でやってもいいと思える出し物を考えるなかで、そのころ中西俊夫さんがタイクーン・トッシュ名義でラップ曲を出していて、英語の歌詞なんですけど、それを覚えていたので、「ラップやります!」と。

サークルの先輩たちは日本人がラップすることに違和感を持っている人ばかりだったので、懐疑的な目で見られてしまいましたが、やってみたらすごく好評だった。若かったので、自分でも「オレはラップ上手いんじゃないか?」と思った。

当時はDJコンテストが数多く開催されていて、ラップでも出場できる。出たらそこそこイケるんじゃないかと思って出るようになると、どこでやっても「上手い」と褒められて、調子に乗ってラップにハマっていったという感じですね(笑)。

その頃って、同時多発的にスチャダラパーなど、同世代がいっせいにラップを始めた時期なんですよね。まだまだアンダーグラウンドな動きではありましたが、これから日本語のラップとかヒップホップがどんどん盛り上がっていくんじゃないかという雰囲気がありました。

——日本語でラップでやるようになったのはいつ頃からでしょうか?

最初の1年くらいは適当なウソ英語でラップしていました(笑)。ところが、ラップ仲間が増えていくなかで、「日本語でやったほうが面白いよ」って言われたんですよ。僕自身はそれまで日本語でラップをやることに懐疑的だったけれど、いろんな人の日本語ラップを見ているうちに「あ、こんなやり方もあるのか」とわかってくると、「コレだったらオレのほうが上手くできるな」と(笑)。

それ以来、日本語でラップを書くようになっていったのが大学2年生になった頃。ちょうど、そのタイミングでMummy-Dが新入生として入ってきた。僕と同じように5月のパーティーの出し物で日本語ラップを披露したのですが、ものすごくレベルが高かった。

すぐに「これだけ上手けりゃ、オレたち一緒にやれば天下取れんじゃねえの!?」という話になって、一緒に始めたのが1989年ですね。すぐにその甘い夢は打ち砕かれることになりますけど(笑)。

試行錯誤の連続で日本語ラップを創る

——当時はまだ日本語ラップ黎明期だったと思います。日本語でどうラップするのか、みんなが試行錯誤していた時代だったりするのでしょうか?

日本語ラップのやり方自体もそうですが、日本人がどういうラップをすればいいのかという初歩から考えないといけない。今だったらアメリカに近い現実が日本にもあるというスタンスでやることも不自然ではないけれど、当時はそうではない。だったら、日本人ならではの発想があるはずだ、と。それは未だに悩む部分ですが、当時はそういった試行錯誤の連続でした。

アメリカのヒップホップを聞きまくって、ラップの“聞こえ”をどう日本語に置き換えるといいのか、1曲、1曲が実験というか。日本語ラップを同世代のラッパーたちと作り上げていった。でも、それを理解して聞いてくれる人が存在しない現実にぶち当たった。いくらやってもウケないんですよ。

理想とするラップをいくら追い求めてみても、それを理解してくれる人がそもそもいないんじゃないか。これじゃムダなんじゃないかって……。

その頃、音楽雑誌などからライターとして声がかかるようになったので、音楽批評をしながらラップやヒップホップを理解してくれる層を開拓しながら、作品を作り続けるようになりました。「両輪でやっていかないといけないな」と思ったからです。

RHYMESTERがある程度、軌道に乗ったところで評論の仕事からは離れましたが、評論活動とラップをすることは、僕のなかでは実は大きな差がないというか、同じ地平にあったりするんですよね。何かを見て、それを分析してアウトプットし直す、という作業が重なることが多い。そういうのが体質的にもともと好きだったからこそ、今まで続けてくることができたんだと思います。

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)へ続く)

構成・文:國尾一樹
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ヒップホップ | ライフスタイル |

関連記事

体重20kg増の過去…肉ダイエットに辿り着くまで【長谷川香枝さんインタビューVol.1】

  • Column
  • Food

体重20kg増の過去…肉ダイエットに辿り着くまで【長谷川香枝さん ...

朝のウォーキング、”向いている人”と”向いていない人”(前編)

  • Column
  • Relaxation

朝のウォーキング、”向いている人”と”向いていない人”(前編)

『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.3 〜ストレスのメカニズムとマインドフルネス瞑想の本質〜

食物アレルギー日記 vol.27 アレルギーっ子の生活習慣 早わざ!原材料名確認

  • Column
  • Relaxation

食物アレルギー日記 vol.27 アレルギーっ子の生活習慣 早わざ! ...

アレルギーっ子の外食対応(外食へ行く前の約束の仕方編)

  • Column
  • Food

アレルギーっ子の外食対応(外食へ行く前の約束の仕方編)



新着記事

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

  • Relaxation

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

  • Relaxation

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

  • Relaxation

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

  • Relaxation

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

  • Beauty

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる