自分で出来るコンディショニングケア 自分で出来るコンディショニングケア

理想のコンディションを得るためのカテゴリ別セルフケアメソッド

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

筋肉の疲労を回復させるためにはマッサージがおすすめです。マッサージは手軽に行うことができ、得られる効果も即効性が高いので、筋肉の疲労回復に最適といえるでしょう。

しかし、何でもいいからマッサージをすればいいというわけではありません。どんなマッサージが効果的なのかを知ってから行うことが重要です。

今回は、マッサージのなかでもとくに筋肉の疲労回復におすすめのマッサージを4つ紹介します。たくさん動いて筋肉痛が心配なときなどは、今回の内容を参考にしてみてください。

筋肉疲労回復に効果的なマッサージ

マッサージには、擦る・揉む・叩く・圧迫する方法があります。自分に合った方法で筋肉をほぐしていきましょう。

強擦法(きょうさつほう)

手のひらに力を入れ、指の先を円を描くように回転させる強擦法は、筋肉全体に圧をかけながら深い部分をマッサージすることができる方法です。主に関節の周囲や傷跡、しこり、筋肉のけいれんに対して行います。

揉捏法(じゅうねつほう)

揉捏法は、疲労部位に対して圧力を加えながら揉みほぐし、手根、親指、四指を使って筋の深部をマッサージします。筋肉をリラックスさせたり伸ばしたりして、組織中の体液の移動を助け、癒着部分を引き伸ばすことが可能です。

ひじから先の力を使って、1ヶ所あたり2~4回ほど揉みほぐしながら筋肉の流れに沿ってゆっくりと移動させていきましょう。

叩打法(こうだほう)

叩きながら筋を柔らかくしていく叩打法は、掌握と呼ばれる両手の掌を合わせて軽く握った状態や、こぶし、切打などの叩き方を組み合わせながらリズム良くマッサージしていきます。

マッサージをする部分を叩いて刺激することで、血液の循環を増加させたりする効果が得られるでしょう。

圧迫法(あっぱくほう)

圧迫法は、両方の手のひら全体で体重をかけながら筋肉を圧迫し血液の循環を高める方法です。施術をする部位を、持続的あるいは少し間隔を空けながら圧迫刺激を与えていく手技であり、指圧もこの方法のひとつに含まれます。

まとめ

今回は筋肉の疲労を和らげるのに効果的なマッサージを4つ紹介しました。これらのマッサージには異なる効果があるので、身体の状態に合わせて最適な方法を選ぶようにしましょう。

マッサージをすると筋肉の硬結を和らげ、過去のケガによって溜まりやすくなった組織の疲労を取り除くなどの効果が出てくるのでおすすめです。正しい方法を守りながら、疲労回復を目指していきましょう。

この記事をシェア

PAGE HOME

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる