自分で出来るコンディショニングケア 自分で出来るコンディショニングケア

理想のコンディションを得るためのカテゴリ別セルフケアメソッド

基礎代謝アップに内臓を動かそう!おすすめ肝臓ストレッチ

基礎代謝アップに内臓を動かそう!おすすめ肝臓ストレッチ

こんにちは、理学療法士の今井俊太です。基礎代謝を上げるためのストレッチ方法をお伝えします。

基礎代謝、新陳代謝って何?

基礎代謝という言葉は、最近一般的に使われるようになりましたが、よくわからないところもあると思うので、すごーく簡単に説明すると、安静にしている状態のときに、身体(筋肉、内臓、脳など)を活動させるために使うエネルギーのことです。

一方、身体を動かすために、食事などから栄養を取り込み、新しい細胞をつくることを新陳代謝と呼んでいます。

pixta_12982077_S

基礎代謝アップには、筋肉よりも内臓を動かすのがよい

基礎代謝の内訳で、1位は何かご存知ですか?

今まで基礎代謝の40%くらいは、筋肉によるものだといわれてきました。しかし、最近よくいわれているのは、基礎代謝の中で、筋肉よりもむしろ内臓、特に「肝臓」の占める割合の数値が、高いということです。参考に以下をご覧ください。

•肝臓:27%
•脳:19%
•筋肉:18%
•腎臓:10%
•心臓:7%
•その他:19%
(引用文献:FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告,1989年)

これは、基礎代謝率の内訳です。

研究によっては、筋肉の基礎代謝率が高いというものもあります。おそらく、研究対象とした人の状態がこの結果を分けるので、人によって内臓の比率が高い場合もあれば、筋肉の比率が高い場合もあるということですね。

今回は、基礎代謝の中も最も代謝量の高い、肝臓のストレッチをお伝えします。

肝臓を前後にストレッチ

では、肝臓をストレッチしましょう。

ちなみに、肝臓の作用は、今解明されているものだけで、500種類以上あります。アルコール分解作用が有名ですね。そんな内臓の中で、最大の臓器といわれる肝臓ストレッチしてみましょう。

1. 四つん這いになります。注意点としては、股関節、肩の角度がそれぞれ90度になるように、手と膝の位置を確認しましょう。

2. みぞおちを天井のほうに吊り上げられるように、背中を丸めていきます(息を吸いながら)。このとき、首はダランと力を抜いて垂らしておきましょう。

基礎代謝をアップするストレッチ1

3. 丸めた状態から力を抜いて、股関節と脇の下で体重を支え、重力の力で腰がそれるように、力を抜きます(息を吐きながら)。これを3〜5回繰り返します。

基礎代謝をアップするストレッチ2

これにより、肝臓を支えている周りの組織に働きかけ、ストレッチしながら呼吸をしているので、肝臓に対する血流が増えます。そのため、結果としてカラダの基礎代謝が上がるというわけですね。

ぜひ、基礎代謝をアップする肝臓ストレッチ、お試しください!

文:リズムアンバサダー 今井俊太
写真提供:今井俊太

この記事をシェア

PAGE HOME

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる