自分で出来るコンディショニングケア 自分で出来るコンディショニングケア

理想のコンディションを得るためのカテゴリ別セルフケアメソッド

基礎代謝を上げて太りにくい体に!おすすめの食べ物とは?

基礎代謝を上げて太りにくい体に!おすすめの食べ物とは?

食事量は控えているし、運動もほどほどにしているのに、年々太りやすくなっていると感じていませんか?これは実は、加齢に基づく基礎代謝の低下、に関係しているのです。

ここでは、基礎代謝とは何なのか、そして、基礎代謝を上げるために、食事面でどのような工夫ができるのか、いったいどんな食べ物を取り入れたらよいのか、詳しくご紹介します。

そもそも基礎代謝とは?

基礎代謝とは、身体が生命活動を維持するため、生理的に行う活動に必要なエネルギーのことです。呼吸をしたり、瞬きをしたり、内臓が消化活動を行ったり、何もせず、じっとしていても消費されるエネルギーで、当然、睡眠時にも消費されるものです。

体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)を示す「基礎代謝基準値」は、年齢と性別によって定められており、男女ともに、1歳から2歳で最高値を示し、その後は年齢と共に低下していきます。1日あたりの標準的な基礎代謝量は、基礎代謝基準値×体重で求めることができます。1日あたり、一般成人女性では約1,200kcal、男性では約1,500kcalとされています。

基礎代謝を上げて、太りにくい身体に

代謝体質
食生活や、運動量が変わっていないのに太りやすくなる要因に、この基礎代謝量の低下が考えられます。

成長期が終わって、代謝が安定した時期の基礎代謝の消費量は、骨格筋と肝臓、そして、脳が半分以上を占めますが、その割合は、肝臓27%、脳19%、筋肉18%、腎臓10%となっています。

つまり、基礎代謝を上げるうえで重要なことは、「筋肉をつけること」と同時に、肝臓や腎臓などの「内臓機能を高めること」だといえるのです。
では、そのためには、どのような食べ物を取ればよいのでしょうか。

基礎代謝を上げる食べ物とは?

基礎代謝を上げる食べ物は、大きく分けると、身体を温めて内臓の働きをよくするもの、筋肉のもととなり、脂肪燃焼効果が高いもの、代謝をサポートするものに分けられます。

以下、項目別に、該当する代表的な食べ物をあげてみました。

身体を温める成分を含む食べ物

唐辛子
トウガラシ、ショウガ、ネギ、玉ネギ、ニンニク、ニラ、サツマイモ、カボチャ、ゴマなど、

脂肪燃焼効果が高いアミノ酸を豊富に含む食べ物

チーズ
牛乳、チーズ、カツオ、シジミ、シラス、アジ、レバー、豆類、鶏肉、豚肉など。

代謝をサポートするビタミンBを含む食べ物

498946090

納豆、大豆、ウナギ、青魚、マグロ、サケ、卵、牛乳、玄米など。そのほか、糖質、脂質、たんぱく質の代謝促進に役立つ、ヨウ素を多く含むコンブ、ワカメ、牡蠣、ハマグリ、サケ、パイナップルなどがあります。

トマト

さらに、脂肪をつきにくくするリコピン酸を含むトマト、脂肪燃焼効果の高いアボカド、血液の循環をよくするカカオ、体脂肪を燃やすカテキンを含む緑茶なども、基礎代謝を高めるうえで、積極的に摂りたい食べ物です。また、こうした食べ物を、1日3食バランスよく取り入れることが大切です。

忙しい、面倒などの理由で、不規則に間に合わせの食事をするのではなく、基礎代謝を上げる食べ物を、意識して取ることによって、太りにくい身体づくりができるはずです。まずは、ひと月続けてみることを目標に始めてみませんか?

文:風美紫紺


この記事をシェア

PAGE HOME

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる