自分で出来るコンディショニングケア 自分で出来るコンディショニングケア

理想のコンディションを得るためのカテゴリ別セルフケアメソッド

一日の終わりに試したい!疲労回復のストレッチ7選

一日の終わりに試したい!疲労回復のストレッチ7選

どうしても疲れはたまりがちになってしまいますが、なるべくその日のうちに疲れをとり、次の日に持ち越さないように過ごしましょう。

疲れをとる簡単なスレトッチをご紹介していきます。

1.全身を伸ばすストレッチ

IMG_0193

仰向けに寝て、腕を真上にあげて、身体を大きく伸ばします。肩やももの力を抜くことが、ポイントとなります。

何度か繰り返し、全身を伸ばしていきましょう。この時、ゆっくり呼吸するとリラックスして行うことができます。

2.おしりのストレッチ

お尻のストレッチ

仰向けに寝て、右足のかかとを左足の膝の上に置きます。左手で右足の膝を持って引っ張ります。

右足のかかとが動かないように注意しましょう。呼吸を止めずリラックスして行い、左右ストレッチしていきます。

3.わき腹のストレッチ

IMG_0079

肩の力を抜いて立ち、右手を左側に伸ばし、左手で身体の後ろに引っ張ります。そのまま上半身を左側、右側と交互にひねっていきます。

猫背にならないよう注意をして、腕を組みかえ、反対側もストレッチしていきます。

わき腹を意識することで、ウエストのくびれも期待できます。

4.背中のストレッチ

タオルストレッチ

タオルを使って、肩や背中を伸ばす方法も良いでしょう。左手を上から右手を下に持って行き、タオルを引っ張ります。

徐々にタオルを短くしていくことで、肩や背中、胸の筋肉をほぐすのに有効です。

5.胸のストレッチ

タオルを使った、胸のストレッチ1
写真:前でタオルを準備

タオルを使った、胸のストレッチ2
写真:背中でタオルを後ろで持ち、胸を張る

リラックスして立ち、自分の肩幅と同じ長さのタオルを後ろで持ち、胸を張って両側に伸ばしていきます。

上体は起こし、肩や首に力が入らないようにリラックスして行いましょう。

6.ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

片足を立てて座り、膝の上に前肘をのせて、体重をかけて押していきます。かかとは床につけたままにしてください。

ふくらはぎは第2の心臓ともいわれている場所です。普段から意識して行うようにしましょう。

7.足のストレッチ

太ももの前側を伸ばす方法

太もものストレッチ

左脚を前に伸ばし、右脚を正座させるように座り、そのまま後ろに寝ます。伸びているのを感じながら行いましょう。終わったら脚を交代しましょう。

この時に腰を浮かせないのがポイントです。浮いてしまうときは少し上半身を起こすといいでしょう。

膝の後ろを伸ばす方法

太ももの裏を伸ばすストレッチ

仰向けに寝て、片方の脚を真上にあげ、足首またはふくらはぎを持ち、頭の方へ引っ張ります。手が届かない場合はタオルを足の裏にかけて、両端を持ち、膝の後ろを伸ばしていきましょう。

足裏をストレッチ

足首のストレッチ

右足を左の太ももの上に乗せ、親指の付け根の部分をクルクルと時計回り、反時計回り、順に回していきます。

ポイントは手で引っ張りながら、大きく回すことです。3回ずつくらい繰り返しましょう。

まとめ

どれもそんなに時間をかけなくても、効果が現われるはずです。1日の終わりにストレッチをして疲労回復しましょう。

それとともに、温かいお風呂にゆっくりつかり、睡眠をしっかり取ることができれば、明日からまた頑張れるでしょう!

この記事をシェア

PAGE HOME

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる