自分で出来るコンディショニングケア 自分で出来るコンディショニングケア

理想のコンディションを得るためのカテゴリ別セルフケアメソッド

青山剛「正しいランニング方法は、体幹を使って足の負担を減らすこと」 ~走れるカラダ作りvol.2〜

青山剛「正しいランニング方法は、体幹を使って足の負担を減らすこと」 ~走れるカラダ作りvol.2〜

ランニングコーチの青山剛です。

前回から始まったこのコラムでは「健康的にずっと続けられる正しいランニング」をテーマに、基本的な考え方から実践のコツをお伝えしていきます。

前回、正しいランニング方法とは「怪我や故障なく快適なランニングが続けられること」、そして身体の面では「いかに足を節約して走れるかの追及」だとお話ししました。

今回はより具体的にお話ししていきましょう。

「足が速い」の落とし穴

よく、速く走れる人のことを「足が速い」と言います。野球など球技で投げる球のスピードが速かったり、遠くまで投げたり出来る人を「肩が強い」と言います。

この「言葉のレール」につられてしまい、速く走ろうとしたら足を鍛え、球速をアップしたければ肩を鍛える、そんな風潮が昔から日本にはありますが、この考えから改めなければなりません。

例えば、今のランニングブームは、
・ランニングを上達(=タイムアップ)したい
       ↓
・とにかく走り込んで、足を疲れさせて鍛える

となっている方が多くいます。

これはまさに言葉のレールにまんまと乗っかり、足を必要以上に酷使していて、怪我、故障を引き起こしてしまっている方が急増しているのです。よく考えてみれば、走るということに足だけを使わないといけないというルールはないことに、まず気付かなければなりません。

「体幹を使った走り」が正しいランニング方法

ではどういった走りが正しいランニングになるのでしょうか?

それは「体幹を使った走り」です。

taikan
写真:赤枠が体幹

手足は有限、体幹は無限エネルギーのイメージ

体幹とは、字のごとく体の幹の部分、反対に手足は枝葉にあたります。
幹をゆすれば枝葉はつられて(連動して)動いて「しまう」。
これをランニングに置き換えると、体幹を動かせば、足がつられて動いて「しまう」。

このような、体幹主導で足を連動させることが、体幹で走れるようになるはじめの一歩となります。

ではなぜランニングは体幹主導が良いのでしょうか?

とても簡単に言えば、体幹は疲れづらく、足は体幹に比べて疲れやすいからです。

もちろん足を使わないで走ることは出来ませんが、体幹主導で足を連動させ走ることで、「有限エネルギーな足」を節約して走ることが出来るのです。

対して体幹は足に比べると「無限エネルギー」なイメージとなります。

体幹を使えば、ペースダウンしづらくなる

しかし「体幹を使えば速く走れるようになる」といった考え方はかなり危険です。

正しくは、
・体幹を使えば、ペースダウンが先延ばしに出来る
  ↓
・結果、ゴールタイムの落ち幅が少なくなり、速くなる
と考えます。

このことは今後のコラムでもう少し詳しく解説していきます。

最後に、これらのことをこのコラムのテーマ的に置き換えると、体幹を使って走れるようになれば、足の負担が減り、怪我、故障のリスクも下がり、結果、「長く健康的に続けられるランニングとなる」というわけです。

次回のコラムからは、この「体幹で走れるようになる方法」を解説していきます。

キーワードは、体幹は鍛えるのではなく「使えるようにする」です!

文:リズムアンバサダー 青山剛

この記事をシェア

PAGE HOME

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる