あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

どちらが健康的?朝シャワーのメリット・デメリット6つ

どちらが健康的?朝シャワーのメリット・デメリット6つ

  • Relaxation

どちらが健康的?朝シャワーのメリット・デメリット6つ

更新日:

| 入浴 | 新陳代謝 | 自律神経 |

眠気のまだ残る朝にシャワーを浴びて、すっきり爽快、一日を気分よく始める人は多いでしょう。

でも、就寝前にゆっくりと湯船につかって一日の疲れを癒す夜の入浴も捨てがたいです。朝シャワーや朝風呂にはどんなメリット・デメリットがあるのかチェックしてみて。

朝シャワーの3つのメリット

1.交感神経を刺激して、目覚めすっきり!

朝シャワーをする一番のメリットともいえるのが、眠気を吹き飛ばして、快適に一日をスタートできることでしょう。

人間には身体の機能を調節する自律神経があります。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、互いに刺激し合って身体のバランスを保つ働きをしてくれます。寝起きの身体はまだ副交感神経が働いているリラックス状態です。朝、シャワーを浴びると交感神経のスイッチがオンになり、身体が活動状態に入ります。

温度を少し熱めに設定し、水流を強めにして首、肩、背中にかけて3〜5分シャワーを浴びると効果的です。

また、目覚めを促すツボがあるうなじの少し上から背中にかけて、20秒ほど冷水を当てるとさらに眠気がすっきりします。

2.代謝の活性化でダイエット効果が期待できる!

身体の代謝が活発化することで、エネルギー消費量が増え、ダイエット効果が期待できます。交感神経のスイッチが入るということは、身体が活発状態になり、代謝を上昇させるということです。

また、血行が促進されると、代謝が活発になります。朝シャワーは、寝ている間に下がっていた体温を上昇させることや、水圧による肌への刺激で血行促進に効果があります。特に首を温めることで、首に通っている頸動脈の血流を促進すると、全身の血流促進にもつながります。

さらに、褐色脂肪細胞という脂肪を燃やす働きをする細胞を刺激することでも代謝を高めることができます。肩甲骨周りに多いこの細胞を、熱めのシャワーで刺激すると効果的です。

朝シャワーをすると、朝一番から代謝が活発になり、早い時間からエネルギー消費が行われることで、ダイエット効果が期待できます。

3.体臭予防効果も!

蒸し暑い朝、起きると汗で身体がびっしょりなんてことは、誰もが経験することです。朝シャワーで身体をすっきりさせると気になる体臭を予防することにもつながります。

人間は寝ている間に汗をかき、その量は平均して一晩でコップ一杯ほどにもなります。また皮脂の分泌も行われています。こうした汗や皮脂に雑菌が繁殖したり、酸化したりすると体臭の原因にもなります。

体臭の原因になる汗や皮脂を洗い流すことで、その予防につながります。また、汗や皮脂を洗い流すことで、化粧のノリもよくなります。

朝シャワーの3つのデメリット

AA032858

朝シャワーにはメリットがいっぱいで効果的と思うかもしれませんがデメリットもあります。

1.ヒートショック現象に注意

人間の身体は外気温に合わせて体温を調節しています。急激な温度変化によって、血圧が短時間の間に上がったり下がったりすると、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすヒートショック現象が起こることがあります。

朝シャワーをするために、暖かい室内から寒い脱衣所へ移動、そして熱いシャワーを浴びると、血圧が急激に上がったり下がったりするので注意が必要です。

ヒートショック現象は家の中の温度差が大きい冬に多いので、冬場に朝シャワーをするときは、脱衣所や浴室内も温度を上げてからシャワーにするとよいです。

また起きてすぐの朝風呂も同様に危険。起きたら風呂場に直行せず、まずは陽の光を浴びたり、新聞を読んだりしながらしばらくリラックスしましょう。

2.時間のない朝は、洗い残しやすすぎ残しが多くなる

朝は誰でも忙しいもの。そんな朝のシャワーでは、限られた時間の中で急いで洗うことが多いので、洗い残しやすすぎ残しが多くなりやすいのです。

特に、シャンプーのすすぎがいい加減になると、汚れがしっかり落ちないばかりか、頭皮のダメージや乾燥の原因になることもあります。頭皮湿疹の原因になることもあるので、気を付けましょう。

3.頭皮の皮脂膜が薄くなり、紫外線の影響を受けやすくなる

人間の頭皮は薄い皮脂の膜で保護されています。シャンプー後にはこれが一旦洗い流されて、数時間かけてまた新しい膜が作られます。朝シャワーによって頭皮膜が洗い流された状態で外出すると、頭皮が紫外線の影響を直接受けてしまうことになります。

薄毛や抜け毛の原因になることもあるので、朝シャンプーをしたときは、日傘や帽子をなどで紫外線対策をして外出しましょう。

まとめ

通勤、通学前に朝シャワーで気分スッキリ、爽快な一日を過ごせるのは気持ちいいです。その反面、忙しい朝にささっとシャワーだけでは、入浴によるリラックス効果、疲労回復効果は得られません。

朝シャワーのメリット、デメリットを考えて季節や生活習慣、体調に合わせて上手に活用していくとよいでしょう。

文:編集部ライター Y.K

関連特集:
Rhythm内の「新陳代謝」に関する、記事はこちらから

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 入浴 | 新陳代謝 | 自律神経 |

関連記事

睡眠不足を部屋から解消しよう!寝室を見直してぐっすり眠れる空間を

  • Relaxation

睡眠不足を部屋から解消しよう!寝室を見直してぐっすり眠れる ...

わずか1分で寝る方法とは?眠れない時使える3つの呼吸法

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

わずか1分で寝る方法とは?眠れない時使える3つの呼吸法

週末の日帰り温泉巡りで、心の迷いやサビを洗い流す【浅井香葉子さんインタビュー 後編】

  • Relaxation

週末の日帰り温泉巡りで、心の迷いやサビを洗い流す【浅井香葉 ...

沈没船でダイビング⁉︎ バヌアツの秘境、サント島

  • Column
  • Relaxation

沈没船でダイビング⁉︎ バヌアツの秘境、サント島

寒いからこそのメリットも!冬キャンプの魅力6つ

  • Relaxation

寒いからこそのメリットも!冬キャンプの魅力6つ



新着記事

ホットヨガの正しい呼吸法とポーズのやり方は?体の部位を意識しよう

  • Relaxation

ホットヨガの正しい呼吸法とポーズのやり方は?体の部位を意識しよう

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な簡単ツボ押し

  • Beauty
  • Relaxation

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な簡単ツボ押し

「朝型」は優秀なビジネスマン・ビジネスウーマンの条件? あなたの睡眠タイプをチェックしてみよう。

  • Relaxation

「朝型」は優秀なビジネスマン・ビジネスウーマンの条件? あなたの睡眠タイプをチェックしてみよう。

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

  • Beauty
  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

アスタキサンチンでからだの中から紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

アスタキサンチンでからだの中から紫外線対策

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる