あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

自然の水に入るときに気をつけるべきこととは【特集:自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう】

自然の水に入るときに気をつけるべきこととは【特集:自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう】

  • Special

<SPECIAL>
自然の水に入るときに気をつけるべきこととは【特集:自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう】

更新日:

| Rhythm Ultra | オープンウォータースイミング | オープンウォータースイミングを始めよう | 水泳 |

リスクも伴う自然の水の中を泳ぐうえでは、自分の安全を自分でしっかり守ることが求められます。オープンウォータースイミング(OWS)特集の第5回は、さまざまなスイム指導を行っている宮杉理紗さんに、OWSのためにの健康管理についてお話を伺いました。

■特集「自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう」全5回
1. 守谷雅之さん、オープンウォータースイミングについて教えてください
2. 対談:浅井弘樹×本間素子 海峡を泳いで渡る理由
3. 宮杉理紗さんのスイミング再履修 水泳の基礎&海で泳ぐコツ
4. 対談:平井康翔×守谷雅之 トップスイマーと指導者、それぞれが語る「自然を泳ぐこと」
5. 自然の水に入るときに気をつけるべきこととは

――健康的にOWSを楽しむためには、どのようにトレーニングを行えばいいでしょうか。

宮杉 必要なトレーニングは人によって異なりますが、まず基礎的な知識として、ストレッチなどのウォーミングアップをしてから泳ぐトレーニングをすることと、トレーニングが終わったら身体をリラックスさせるためのクールダウンをすることが何よりも大切です。ウォーミングアップ、トレーニング、クールダウン……この3つを必ずセットで行うこと。

でも実際のところは、前後を飛ばしてトレーニングだけをして終わりという人が少なくないんですよね。特に多いのが、クールダウンが抜けてしまう人。トレーニングで使った筋肉をほったらかしにしておくと疲労も抜けにくく、ケガなどの障害の原因になります。しっかり筋肉を伸ばすなどして血流を良くした方が睡眠などの休息を取る際に回復もしやすいです。
OWSの年齢層は割と高めで、40~50代の方が多いのですが、クールダウンは年齢を重ねるほど大事になってきます。

――海などの自然の水に入る前にするべきことはありますか?

宮杉 私は「5水チェック」というものを必ず行うよう教えています。「5水」は、水温、水質、水底、水流、水深の5つ。次のことを確認します。


・水温=どれくらいの温度か。
・水質=潜ってみてどれくらい先まで見えるのか。
・水底=潜ってみて底がどのような状態か。
・水流=体を浮かせてみて、どれくらいの流れがあるか。
・水深=どれくらいのところから深くなって、どれくらいから浅くなるか。

自然の水がプールといちばん異なるのは、これから泳ぐところはどのような状態・環境なのかがわからないところです。わからないところに身を投じて泳ぐわけですから、怖いんです。だからあらかじめ調べておく。これによって安全確保ができますし、安心が生まれます。

――こういう時は水のなかに入らない方がいいなど、入水を判断するバロメータになるものはありますか?

宮杉 年齢を重ねるほど、自分の体の感覚にしっかり耳を傾けた方がいいですね。今日はちょっと体調が悪いなと感じるのであれば、もちろん止めた方がいい。一方で自分の感覚だけでは本当の体調はわからないので、客観的な判断材料になる数字を見ることも大事です。例えば、日常的に脈拍を取ったり体温を測ったりすることを習慣づけることはお勧めですね。そういう数値的な指標と、感覚的な指標を掛け合わせることで、健康管理がしやすくなると思います。

それからこれはリスク管理の領域になりますが、天気が荒れていたら海に入るのは絶対避けてください。特に雷が鳴ったら水に入ってはいけません。水は通電しますから遠くの落雷であっても感電する可能性があります。

――水から上がった後は、どんなことに気をつければいいでしょうか。

宮杉 水泳は体を横にした状態での運動ですから、水から出た時に姿勢が変わって血流がぐっと変動するので、ふらふらすることが多いです。特に泳いだ後に立ち上がる時は気をつけた方がいいですね。いきなり砂浜を駆け上がったりせずに、体のバランスが取れるかを確認してからゆっくり歩き出すようにしてください。一度ちょっと座るとか、余裕を持って体を休めた方が安全だと思います。

――日頃の食生活で気をつけるべきことはありますか?

宮杉 プロのアスリートでない限り、普段の食事にそこまで気を配る必要はないと思いますよ。前回もお話したようにOWSは楽しむという側面が強い競技なので、食事もストイックに考えずに楽しんだ方がいい。ただ、ハードなトレーニングをした場合などは身体のケアを目的としたビタミンやアミノ酸などをサプリメントの摂取は大事だと思います。

――レースに出場する際に心がけておくことを教えてください。

宮杉 レース前にも食事を採りましょう。緊張して食べられないという人もいますが、やっぱり食べておいた方がいいです。がっつり食べる必要はなくて、バナナやおにぎり、エナジージェルくらいを体に入れておく。そうしないと力が出ませんし、血圧が下がって気分が悪くなる原因にもなります。

そして冒頭でお話した「5水チェック」を必ずする。環境を把握せず不安なままでレースに臨んだら不安が膨らみ、よく聞くスタート時のパニックの原因にもなりますから。OWSでは心拍を上げ過ぎないよう、精神的に落ち着いて泳ぐことが大事です。そのために安心材料をしっかり持ってスタートして欲しいです。

もちろん前後のウォーミングアップとクールダウンも必ず行ってください。これは本当に基本的なことですけど、レースの緊張でこういう基本を省略してしまう人は多いんです。レースが終わったら、すぐにビールを飲んで寝てしまったり。その前に体のケアをした方が絶対いいですね。

――レース後にお酒を飲むことも控えた方がいいですか?

宮杉 いえ、レース後であればお酒は差し支えないと思いますよ。OWSは大会後にパーティーが催されることもありますし、そういうところも含めて楽しいですから。

――自然の水に入ることには、健康面でどんなメリットがありますか?

宮杉 体が水のなかに入ると、全身に水圧がかかって血流が促されます。ですから、まず水に入ること自体が体にいいと言えます。それから海などの体温より冷たい水に入ると新陳代謝も向上しますね。

――では健康のためにもOWSはお勧めできますか?

宮杉 そうですね。とは言え、OWSを始めるにはちゃんと泳げることが前提になるので、入り口はプールでのスイムになります。まずプールで泳ぎの基礎を固める。そこからさらに楽しさや刺激を求めるのであれば、OWSに目を向けてみるといいのではないでしょうか。

宮杉理紗 Profile
全日本オープンウォータースイミングチャンピオン、北京オリンピック代表候補。競泳とOWSの経験をもとにした独自のスイムのメソッドを提供する「E3 Fit」を設立。OWS練習会をはじめとするさまざまなプログラム&レッスンを通じてスイム指導を行っている。
http://www.e3-fit.com/

取材・文/Rhythm Ultra編集部 撮影/津田宏樹


■特集「自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう」全5回
1. 守谷雅之さん、オープンウォータースイミングについて教えてください
2. 対談:浅井弘樹×本間素子 海峡を泳いで渡る理由
3. 宮杉理紗さんのスイミング再履修 水泳の基礎&海で泳ぐコツ
4. 対談:平井康翔×守谷雅之 トップスイマーと指導者、それぞれが語る「自然を泳ぐこと」
5. 自然の水に入るときに気をつけるべきこととは

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

もっと自然と一体化するなら 「滝ヨガ」が効果抜群!

  • Exercise
  • Relaxation
  • Special

もっと自然と一体化するなら 「滝ヨガ」が効果抜群!

身体と、心と、人生に変化をもたらした、ピラティスとの運命の出合い【熊澤枝里子さんインタビュー前編】

  • Beauty
  • Special

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.2:肩編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.2:肩編~

【Rhythmアンバサダー ツバキアンナの京都マラソン初挑戦プロジェクト】マラソン当日編

  • Exercise
  • Special

【Rhythmアンバサダー ツバキアンナの京都マラソン初挑戦プロジ ...

UL Ski Hiker=野上建吾さんの バックパックの中を見に行く【スキー再発見――登って、歩いて、滑るスキーをしよう】



新着記事

食物アレルギー日記 vol.34 アレルギーっ子の外食事情

  • Column
  • Relaxation

食物アレルギー日記 vol.34 アレルギーっ子の外食事情

神社に日常的に行くと調子が良くなるのには理由があった!

  • Column
  • Relaxation

神社に日常的に行くと調子が良くなるのには理由があった!

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol2

  • Column
  • Relaxation

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol2

「食欲の秋!食べても太らない身体づくりを目指そう」Vol.34

  • Beauty
  • Exercise

「食欲の秋!食べても太らない身体づくりを目指そう」Vol.34

生活習慣を見直す秋の温活~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.37~

  • Column
  • Relaxation

生活習慣を見直す秋の温活~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.37~

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる