あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

物語で辿る文脈登山 vol.3 〜ヤマトタケルが鎮まる奥ノ院〜

物語で辿る文脈登山 vol.3 〜ヤマトタケルが鎮まる奥ノ院〜

  • Relaxation

物語で辿る文脈登山 vol.3 〜ヤマトタケルが鎮まる奥ノ院〜

更新日:

| アウトドア | 教養 | |

低山トラベラーの大内征です。

日本各地の歴史や風俗といった土地の物語を辿って出会った、ちょっと面白い山や地域の話。今日の“文脈登山”は、東京の御岳山のさらに奥にある“聖地”を辿ります。

Rhythm_pics01

美しい三角形の峰、男具那ノ峰(オグナノミネ)

遠目に見ると、本当に美しい三角形のカタチをした男具那ノ峰。御岳山の奥にある、ヤマトタケルの鎮まる地です。この「オグナ」というのはヤマトタケルの幼名で、一般的には男の子・少年といった意味があるようです。

お隣の日の出山から見ると、男具那ノ峰(向かって左)と御岳山(向かって右、山頂の建物が武蔵御嶽神社)が並んだ状態で眺められます。いやー、ほんとキレイですね。東京山中、なかなかです。

昔の日本人は、こうした美しいカタチをした山を神聖視していたようで、そこにひとつの自然崇拝=山岳信仰が生まれます。富士山なんかは、わかりやすいですね。

自然の中に畏怖と敬意をもっていたのが、ぼくら日本人の祖先。自然に教わる姿勢。単に「行く」「見る」「食べる」といった消費の旅とは違った気持ちになれるのが、登山の魅力のひとつ。ここ数年のキーワードですね、消費より体験って。

いざ、武蔵御嶽神社の奥ノ院へ!

武蔵御嶽神社から奥ノ院まで約40分。御岳山の山頂までは、ケーブルカーを使ったり、舗装された生活道を歩いたりと、登山としてはちょっと物足りないかもしれません。そんな人は、人気のロックガーデンとともに、この奥ノ院まで足を延ばしてみるのがオススメ。ちょっとしたアドベンチャーなコースです。

Rhythm_pics02

天狗の腰掛け杉と呼ばれる巨木のそばにある鳥居。ここをくぐると、そこからは本格的な山道を歩くことになります。登山靴等の装備をして行きましょう。

Rhythm_pics03

しばらく登ると、弟橘媛(オトタチバナヒメ)が迎えてくれます。海上でヤマトタケルの危難を救った女神であり、ヤマトタケルの奥さまです。ぜひご挨拶を。

Rhythm_pics04

大木の根っこが行く手を阻みます。ゆっくり進みましょう。ちなみに、濡れた根っこは滑りやすく、上に乗った途端にすてーん!と転ぶので要注意ですよ。フリじゃありません、絶対に乗らないように。ぜったいに。

Rhythm_pics05

こちらはクサリ場。できるだけ山側に沿って歩き、歩幅は小さく。クサリを頼りすぎるのは危険ですが、ここではゆっくりと進めば大丈夫。ゆっくり、ゆっくり。

Rhythm_pics06

クサリ場、杉の大木の間を抜ける尾根道、根っこ道。野趣あふれる道のりを無事に乗り越えると、そこにはこんな社が。奥ノ院に到着です。が、ここでお詣りして帰ってしまうと、本当の奥ノ院には出会えません。ぜひこの裏にある急な登りを進んでください。ゆっくり、ゆっくり。

Rhythm_pics07

Rhythm_pics08

すると、そこが本当の男具那ノ峰山頂です。1070mと、929mの御岳山よりちょっと高いですね。山頂は広場みたいになっているので、ここでお弁当を広げてみてはいかがでしょう。

Rhythm_pics09

男具那ノ峰山頂では、こんな木が迎えてくれます。なんか見たことあるなぁ、あの有名なアニメとかに出てきそうだなぁ。

1070mというと、日本アルプスや八ヶ岳といった3000m級の山々よりはかなり低い山。とはいえ、条件が揃えば感動レベルの自然現象に出会えます。例えば、こんな雲海に。

Rhythm_pics10

この雲の下は、東京から神奈川にかけたあたり。麓は雨でしょうか。友人たちは、この雲の下にいるわけですね。なんかいい知れぬ優越感があるのは、気のせいでしょうか(笑)。

男具那ノ峰に行けない時は…

いろいろ撮りためた写真を漁っていたところ、奥ノ院をとらえたものが出てきました。

Rhythm_pics11

以前ご案内した大口真神(おおぐちまかみ)社(武蔵御嶽神社の裏、御岳山山頂に鎮座)の奥にある遥拝所。ここから奥ノ院(奥宮)が眺められます。行けない場合はここから参拝しましょう。しかし、きれいな三角だなー!

Rhythm_pics12

そしてこちらは、長尾平というゲレンデ状の尾根から眺める男具那ノ峰。緊急時のヘリの離着陸場にもなっているため、とても拓けていて休憩には最高。ここから眺めているだけでも、気持ちがいいです。ちなみに、この背後には東京の大展望がどーん!と。

余談ですが

そうそう、最後に群馬県にある武尊山のネタを少々。

この山の名前は、ヤマトタケル(日本武尊)がその由来になっています。深田久弥さんの記した「日本百名山」によれば、この山の読み方を知っているのは山好き以外にはあまりいないだろうとのこと。はい、読みは「ほたかやま」といいます。この2158mの堂々とした大きな山の麓に、「オグナほたかスキー場」という施設があるんですね。

山名(大人になったヤマトタケルの名前)といい、スキー場名(子どもの時のヤマトタケルの名前)といい、地域伝承を大切にしているんだなぁ、と思うわけです。こうした地域の名称に注目してみるのも、文脈登山の楽しみ方のひとつですね。

文・写真提供:リズムアンバサダー 大内征

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| アウトドア | 教養 | |

関連記事

じめじめ季節も大丈夫!楽しく過ごすための身体ケア3つ 〜芒種編

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

じめじめ季節も大丈夫!楽しく過ごすための身体ケア3つ 〜芒種編

簡単&手間いらず!ベランダで育てられるハーブ5選

  • Relaxation

簡単&手間いらず!ベランダで育てられるハーブ5選

世界一のダイビングスポット・パラオの魅力Vol.2

  • Relaxation

世界一のダイビングスポット・パラオの魅力Vol.2

漢方薬剤師がすすめる、冷え性に効く漢方5選

  • Relaxation

漢方薬剤師がすすめる、冷え性に効く漢方5選

アスリートが実践するセルフメンテ、「筋膜リリース」って何!?

  • Exercise
  • Relaxation

アスリートが実践するセルフメンテ、「筋膜リリース」って何!?

新着記事

スポーツによる腰痛を改善するストレッチ:事前に行う予防法も紹介

  • Exercise

スポーツによる腰痛を改善するストレッチ:事前に行う予防法も紹介

正確測定サポートつき!オムロン手首式血圧計HEM-6323Tの口コミ・評価

  • Relaxation

正確測定サポートつき!オムロン手首式血圧計HEM-6323Tの口コミ・評価

寒い夜はかしこいバスタイムでポカポカに!

  • Beauty
  • Relaxation

寒い夜はかしこいバスタイムでポカポカに!

冬の血圧チェックと水分補給~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.26~

  • Column
  • Relaxation

冬の血圧チェックと水分補給~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.26~

都内のおすすめスポーツ鍼灸院4選:趣味でスポーツをしている人にも最適!

  • Relaxation

都内のおすすめスポーツ鍼灸院4選:趣味でスポーツをしている人にも最適!

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる