あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

真冬に備えておさらい!「冷え」を予防する大切な習慣

真冬に備えておさらい!「冷え」を予防する大切な習慣

  • Food
  • Relaxation

真冬に備えておさらい!「冷え」を予防する大切な習慣

更新日:

| 温活 | 生活習慣 | 食事 |

いよいよ冬本番。寒さが身にこたえる季節になりました。

皆さん、冷え対策はしっかりされていますか?対策は万全という人もそうでない人も、冷えを予防する基本をおさらいし、習慣づけしておきましょう!

温め食材・生姜を活用する

温め食材といえば、やっぱり生姜です。でも、生姜は生のまま摂ると、かえって身体を冷やしてしまうこともあるので、熱を通したものを積極的に摂るようにしましょう。

おすすめ!「生姜のはちみつ煮」

honey and ginger isolated with path

生姜のはちみつ煮をつくっておけば、いろいろなドリンクに応用できますよ。

お湯を注いで「生姜湯」、温かいミルクを注いで「生姜ミルク」など、お好みでアレンジしてみてください。

○材料(500mlの容器に入る分量)

生姜(粗みじん切り):2/3カップ
はちみつ(または砂糖):大さじ6
水:2カップ

○作り方

1. 鍋に材料をすべて入れ、弱火で煮詰める。

2. 全体がとろりとしてきたら、火を止めて冷ます。

3. 冷めたら清潔な瓶などに入れて、完成。

※冷蔵庫で1週間保存できます。

「陽の食材」を摂る

食材には、身体を温める「陽の食材」と身体を冷やす「陰の食材」、そのどちらにも属さない「中間の食材」があります。

冷えを予防・改善するには、陰の食材の摂取を控え、陽の食材を意識して摂るとよいでしょう。それぞれの特徴や代表的な食材を覚え、日々の食生活に役立ててください。

陽の食材

○塩分の強いもの
味噌、醤油、漬物、塩辛、佃煮など

※ただし、摂り過ぎは動脈硬化の原因となり、かえって冷えを促すことも。適量を心がけてください。

○水分が少ないもの
チーズ、干し野菜、ドライフルーツなど

○赤・黒・橙色の食品
牛肉、鶏肉、アジ、イワシ、ブリ、ニンジン・カボチャなどの根菜類、蕎麦、黒ごまなど

陰の食材

○水分が多いもの
フルーツ全般(特に南国産のフルーツ)、ナス・キュウリ・トマト・レタスなどの夏野菜

○糖分の強いもの
白砂糖がたっぷり入ったスイーツ、人工甘味料など

○暖かい土地で採れるもの
カレー、コーヒー、チョコレートなど

中間の食材

米などの穀物類、イモ類、大根など

夜は湯船にしっかりつかる

夜は、38~40℃くらいのお風呂に10~30分つかり、身体を芯から温めてあげましょう。ぬるめのお風呂にじっくりつかることで副交感神経が優位になり、リラックス効果も得られます。

入浴後はなるべく早く服を着て、できれば30分以内にベッドに入りましょう。

靴下や下着を重ね着する

Girl legs in socks near the fireplace with a cup

冷えた外気に体温を奪われないようにするには、下着や靴下で「温めるべきところ」をしっかりガードしてあげることが大切です。

最近は機能性だけでなくすてきなデザインのものも多いので、冬のおしゃれの一環として、重ね着を楽しんでみてください。

靴下の重ねばき

絹や綿など、汗を吸い取る素材の五本指靴下を最初にはき、さらにウールなどの温かい素材の靴下を重ねてはくのがおすすめ。

枚数を多く重ねるほど温かさの層ができるので、寒いときは何枚重ねてはいてもOK。

下着を中に着込んで

お腹や腰、お尻は脂肪が多く、冷えやすいところです。特に女性にとって、下腹部の冷えは大敵。毛糸のパンツや腹巻き、スパッツやレギンスなどでしっかり守ってあげましょう。

ポカポカ温まった身体は、寒さで縮こまりがちな心もほぐしてくれます。一つ一つのケアをおさらいし、真冬の心身の健康に役立てていってくださいね。

文:erica

関連記事:
冷え性解消に!4つのシーン別“白湯”の嬉しい温活効果

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 温活 | 生活習慣 | 食事 |

関連記事

時間と手間を節約!バーベキュー準備のコツ6選

  • Food

時間と手間を節約!バーベキュー準備のコツ6選

ハワイに行くならGO! 移住者がおすすめするヘルシーなアサイーボウル3

  • Food

ハワイに行くならGO! 移住者がおすすめするヘルシーなアサイー ...

食物アレルギー日記 vol.18 テーマパークで起きたアナフィラキシーショック〜大学時代〜

  • Column
  • Food

食物アレルギー日記 vol.18 テーマパークで起きたアナフィラキ ...

健康的に食べて痩せる!医食同源を実践するうえで大切なこと

  • Beauty
  • Food

健康的に食べて痩せる!医食同源を実践するうえで大切なこと

暑い夏こそ紅茶を飲もう!専門家がすすめる夏バテを防ぐ飲み方とは!?

  • Food

暑い夏こそ紅茶を飲もう!専門家がすすめる夏バテを防ぐ飲み方 ...



新着記事

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

  • Column
  • Relaxation

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

  • Food

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(後編)

  • INTERVIEW
  • Special

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(後編)

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(前編)

  • INTERVIEW
  • Special

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(前編)

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる