あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

五感で味わう、 お米と健康のおいしい関係 【橋本隆志さんインタビュー前編】

五感で味わう、 お米と健康のおいしい関係 【橋本隆志さんインタビュー前編】

  • Special

<SPECIAL>
五感で味わう、 お米と健康のおいしい関係 【橋本隆志さんインタビュー前編】

更新日:

| ライフスタイル | 生活習慣 | 食事 |

私たちの生活習慣をじっくり見直すと、古くから伝わる文化がさまざまな形で根付いています。例えば食習慣や入浴習慣の中にも、昔の人々の知恵や工夫があちこちに。こうした日本文化に立ち返り、健康について考えようという思いから生まれたのが、この「にほんのきほん」です。今回から4名のゲストを招き、さまざまな角度から健康のヒントを探ります。

第一回目のゲストは、京都市にある株式会社八代目儀兵衛の代表取締役社長・橋本隆志さんです。橋本さんは、江戸寛政時代から代々続く老舗米穀店の八代目。伝統ある家業を受け継ぐ傍ら、従来の形に捉われない画期的な取り組みに次々チャレンジし、国内外から注目を集めています。日本の食文化を語る上で欠かせない「お米」という観点から、健康についてお話を伺いました。

株式会社八代目儀兵衛の代表取締役社長
橋本 隆志(はしもと たかし)さん
230年以上続く老舗米穀店の八代目として生まれ、2006年に株式会社八代目儀兵衛を設立。
同年、お米のギフト事業を開始し、2009年には京都・祇園に「京の米料亭八代目儀兵衛」をオープンした。さらに2013年からは、五感を通じて「甘いお米」を目利きするコンテスト「お米番付」を毎年開催しており、今後は海外企業と共にお米を使った化粧品開発など多方面へ活躍の場を広げる予定。
http://hachidaime.com/

日本の食文化に深く根付くお米によって、新たな文化を創造する

―御社の事業内容を教えてください。

私たちは、お米の魅力をより多くの方々の知っていただきたいと、全国のお米を厳選し、時には複数種をブレンドしながら、自分たちが自信を持ってお届けできるものだけをご提供しています。一つは、それを「お米ギフト」として提供する通販事業。“お米を大切な方への贈り物にする”という、新しい価値観を提案しています。

また他に、選りすぐりのお米を最高の状態で味わっていただくために飲食事業を立ち上げ、京都は祇園、東京は銀座と成田国際空港で土鍋ご飯で炊き立ての銀シャリを提供するレストランを営んでいます。

―その他にも、農家と消費者をつなぐ独自の取り組みをなさっているそうですね。

産地や銘柄に捉われず、北は北海道から南は鹿児島まで全国40都道府県のお米を集めて「お米番付」というコンテストを開催しています。

従来のコンテストは、食味計という機械によってお米の成分を計測し、たんぱく質、アミロース、水分の含有量によって評価していましたが、私たちはおいしさを数値化できるとは考えていません。「お米番付」では日本米穀小売商業組合連合会が認める“お米の博士号”お米マイスターの中でも国内にわずか372名(2014年6月時点)しかいない5つ星マイスターが実際に食べて味わい、白さ、ツヤ、香り、甘さ、食感、粘り、喉ごしの7点を五感を生かして総合的に評価しています。

―これまでの米穀店にはなかった斬新な取り組みですね。始められたきっかけは何ですか?

もともと日本では、気候に左右されず一年間安定した味のお米を提供できるよう、われわれ米穀店がブレンドを行ってきました。しかし20数年前、日本が米の不作に見舞われ、海外の米を「ブレンド米」として安価に販売したことから、「ブレンド米はまがいものだ」という認識が広まってしまったのです。また一方、国内では消費者の米離れが進み、生産者へのお米の収入が減ったことによって、生産農家の中には質より量を追求することで利益を得ようと考えるところも出てきました。

私たちはこの事態を重く受け止め、お米の味を最優先したブレンドをすることで付加価値の高い商品を提供し、お米のおいしさ、そしてお米を中心とした食生活の素晴らしさを消費者へ伝えようと考えたのです。

生きるエネルギーを作り出すお米。正しい知識を得ることが健康への第一歩

―橋本さんはご自身もお米マイスター5つ星の資格を取得し、お米のことを熟知しておられます。お米と健康の関係についてどのようにお考えですか?

私たち日本人にとってお米は弥生時代から続く食文化です。これだけ長い間、継承されるということは、やはり日本人の体質に適しているということではないでしょうか。

最近は、「糖質カット」という言葉によって「お米=太りやすい食べ物」という誤ったイメージが定着し、消費者の米離れが進んでいます。しかし、お米をはじめ、パンや麺類などの炭水化物には、でんぷんという栄養分が含まれ、これが糖に変換されることでエネルギーが生まれ、体が動いたり頭が活性化したりすることができます。なかでも、お米は消化に時間がかかるため腹持ちがよく、血糖値をゆるやかに上昇させるので、パンや麺に比べて太りにくいのが特徴。非常に効率が良く、健康な体作りにも適した食物です。

私は、こうした正しい知識を得ることでおいしいお米と出合い、より健康的な生活ができると考えています。


なるほど、そのお考えが御社のさまざま事業につながっているというわけですね。後編では、この考えに基づいて誕生した独自の食育活動、さらにおいしいお米の見分け方、研ぎ方について教えていただきます。どうぞお楽しみに!

京の米老舗 八代目儀兵衛
https://www.okomeya.net/


【芸能人御用達!お米ギフトのオンラインショッピング】
気品ある彩り鮮やかなお米ギフトで人生の晴れ舞台をお手伝いいたします。


取材・文:竹田亮子
写真:宇野真由子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ライフスタイル | 生活習慣 | 食事 |

関連記事

スタミナを向上させるためのトレーニングとは?持久力をつけてパフォーマンス向上!

  • Exercise
  • Special

スタミナを向上させるためのトレーニングとは?持久力をつけて ...

土屋智哉さん、バックカントリーで何を食べますか?【スキー再発見――登って、歩いて、滑るスキーをしよう】

  • Special

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(前編)

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

  • Special

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラ ...

宮杉理紗さんのスイミング再履修 水泳の基礎&海で泳ぐコツ【特集:自然の中を泳ぐ。オープンウォータースイミングを始めよう】



新着記事

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる