あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

イライラ、むくみ… ツライPMS(月経前症候群)に効く漢方4つ

イライラ、むくみ… ツライPMS(月経前症候群)に効く漢方4つ

  • Relaxation

イライラ、むくみ… ツライPMS(月経前症候群)に効く漢方4つ

更新日:

| ホルモン | 体質改善 | 漢方薬 |

PMSという言葉をご存じですか?女性特有の、生理前のあのつらい症状のことをPMS(月経前症候群)といいます。生理周期や生理痛に個人差があるように、PMSの症状やその重さにもかなり個人差があります。

こういった症状は平均すると生理前の3日〜1週間程度続くため、これが毎月あると思うと憂鬱な気分になってしまいますよね。

そこで、今回は漢方でできるPMS対策や、日常生活で簡単にできる養生法をお伝えしたいと思います。

なぜPMSは起きてしまうの?

PMSの原因は、実はまだはっきりとは解明されていません。一説によると、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が関わっていると考えられています。要は、ホルモンバランスが不安定な状態になって様々な不快症状が引き起こされるのです。

PMSが生じるのは、その方の生理周期にもよりますが、大体生理が始まる14日前(排卵日)以降になります。

PMSを悪化させてしまう原因として、主に以下が挙げられます。

・身体の冷え
・ストレス
・疲れ
・不規則な食生活
・睡眠不足

主に不規則な生活習慣がPMSを悪化させる原因となっているのが分かりますね。

PMSにはどのような症状があるの?

一番初めにお伝えした通り、PMSの症状にはかなり個人差があります。

精神的症状

・イライラ
・精神不安
・憂鬱
・やる気が出ない
・集中力低下

身体的症状

・むくみ
・体重増加
・胸の張り
・食欲増加
・頭痛
・肌荒れ
・のぼせやほてり
・便秘
・下痢
・眠気
・全身倦怠感
・腰痛

上記症状はほんの一部です。あなたはどれか当てはまるものはありましたか?

IMG_0203

PMSにはどんな漢方薬が効くの?

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

日常的にストレスが溜まりやすく、それが原因でホルモンバランスや自律神経の乱れが生じてしまう方に効果的な漢方薬です。イライラや、ストレス・疲れによる食欲増加、無性に甘いものが食べたくなるといった症状が改善します。

全身の循環も良くなるため、むくみや便秘の解消にも効果があります。どちらかというと専業主婦よりも、外でバリバリ働くキャリアウーマンのような現代女性に合うタイプの漢方薬になります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

冷えやむくみが強く、あまり体力がなくて疲れやすい、気持ち的にも落ち込みがちな方に効きやすい漢方薬です。加味逍遙散がストレスでイライラしてしまうタイプの方に合うのに対し、ストレスでズーンと落ち込んでしまう方に適しています。

身体のエネルギーが低下しているのを底上げし、血流やリンパの流れを改善します。昔から「当芍美人」という言葉があるように、色白でほっそりとした、物腰の柔らかい虚弱体質の女性に合うといわれています。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

血流が悪く、上半身がほてりやすく便秘がちな方に適した漢方薬です。そういった方は、生理の血の色が黒っぽく、塊が出やすいといった傾向もあります。

血流を改善することで、生理痛や頭痛・腰痛といった痛みを改善するほか、様々な婦人科系疾患にも対応しています。舌の裏を診て、血管が青く浮き出ているのであれば、桂枝茯苓丸が合う可能性が高いです。

四物湯(シモツトウ)

貧血のような症状があり、生理量も少なく、肌が乾燥しやすい方にぴったりです。「血(けつ)」が不足しているために全身に栄養が行き渡らず、それによりめまいが生じたり、髪の毛が抜けやすく爪も割れやすいといった症状が起こります。
「血」の不足は様々なPMSを引き起こすだけでなく、妊娠しづらくなるリスクもあるため、漢方薬を飲んでしっかりと対処していきましょう。

毎日の生活習慣でPMSを解消!

上記に述べた漢方薬はPMSや生理不順・生理痛などにとても効果が高いものですが、それよりも大切なのは規則正しい生活を送ることです。

栄養バランスの取れた食生活や規則的な睡眠に加え、毎日湯船に浸かったり軽くストレッチをすることで、血流が改善し、PMSや生理痛が軽減します。寒い時期は身体を冷やさないようにしっかり防寒をしたり、身体を温める食べ物や飲み物を選ぶのも良いでしょう。

ストレスを溜め込まないようにすることもとても大事です。ストレスで自律神経が乱れてしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。こまめにストレス解消をして、PMSに負けないホルモンバランス美人を目指しましょう。

文:リズムアンバサダー 森田ひろみ

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ホルモン | 体質改善 | 漢方薬 |

関連記事

夏の冷え対策!身体を内側から温めるハーブティーのチカラ

  • Food
  • Relaxation

夏の冷え対策!身体を内側から温めるハーブティーのチカラ

氷水にダイブ!北欧で前代未聞のアクティビティが体験できる⁉︎

  • Column
  • Relaxation

氷水にダイブ!北欧で前代未聞のアクティビティが体験できる⁉︎

あかぎれの原因と対策3選:生活習慣を見直して改善しよう!

  • Relaxation

あかぎれの原因と対策3選:生活習慣を見直して改善しよう!

手軽に治療!オムロン温熱低周波治療器HV-F128の特徴・口コミ・評価を紹介

  • Relaxation

手軽に治療!オムロン温熱低周波治療器HV-F128の特徴・口コミ・ ...

今さら聞けない!歯間ブラシとデンタルフロスの使い方

  • Relaxation

今さら聞けない!歯間ブラシとデンタルフロスの使い方



新着記事

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Exercise

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Column

ダイエット最大の敵はお菓子やラーメンではない?(ボクの最後のダイエットvol.2)

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

  • Relaxation

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

  • Beauty
  • Food

こだわるべきは調味料!日本の発酵食と食物繊維の組み合わせで、腸内を理想的な環境に【加勢田千尋さんインタビュー後編】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる