あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

【連載】本来の生活リズムを取り戻すためにできること 〜マインドフルネスのすすめvol.4〜

【連載】本来の生活リズムを取り戻すためにできること 〜マインドフルネスのすすめvol.4〜

  • Column

<COLUMN>
【連載】本来の生活リズムを取り戻すためにできること 〜マインドフルネスのすすめvol.4〜

更新日:

| ストレス解消 | トレーニング | パフォーマンス |

GoogleやFacebook、ゴールドマン・サックスなどなど、米国の名だたる世界的な有名企業が、新しい瞑想法「マインドフルネス」を導入しています。マインドフルネスとは、最新の脳科学で効果が実証されている心のトレーニングのことで、その起源は東洋を中心に広まっていた禅の瞑想やヨーガです。

瞑想することは、ストレスを軽減する効果があると“経験”として知られてはいましたが、その効果が最新科学によって裏付けられて発展。さらに宗教とは関係なく、誰でも実践できるものになったことで、欧米で大きな広がりを見せ始め、逆輸入という形で日本にも上陸して話題になっています。

マインドフルネスを生活のなかに取り入れてトレーニングを続けると、「仕事の生産性が上がる」とか、「集中力が高まる」「頭が良くなる」「視野が広がる」「ストレスが減る」「対人関係がうまくいく」「落ち着いて対処できる」などといった様々な効果が期待できるといわれています。しかし、根幹にあるのは、「心の安寧」を得ることで、日々の生活リズムが整い、毎日の生活に好循環が生まれることなのかもしれません。

いったい、マインドフルネスとは何なのでしょうか?その実践方法も含め、東京マインドフルネスセンター長であり、『知識ゼロからのマインドフルネス 心のトレーニング』の著者でもある長谷川洋介さんにお話を伺いました。

第4回は「本来の生活リズムを取り戻すためにできること」についてです。

生活リズムを整える助けになるマインドフルネス

——これまでの話をお聞きしていると、マインドフルネスは普段の生活リズムを整える手段としても、とても有効なような気がするのですが。

そう言っていいと思います。実践してみるとわかりますが、マインドフルネスで呼吸が整うことによって、気持ちも落ち着くようになっていくのです。

ここ最近、マインドフルネスの効果として注目されているトピックは、「自律神経が安定する」ということです。

自律神経は、血圧や脈拍、発汗、消化運動などを調節する役割がありますので、これが安定するということは、生活リズムが落ち着いていくことになると言ってもいいのではないでしょうか。

生活リズムというのは、文字どおり、人が生きて活動するうえでのリズムのことですから、それが安定しているほうがいいわけです。ところが、現代の文明社会のなかでは、人間本来のリズムが歪められてしまっているところが多々あるのではないかと思います。それを、少しでも本来の状態に戻す作業をする時に、マインドフルネスを実践すると戻しやすくなるのです。

より、人間という生き物としての本質に戻りやすくなる。その本質に導いてくれる大きな力をマインドフルネスは持っています。だからこそ、マインドフルネスを実践していくと、自然と生活リズムが整ってくるのです。

hasegawa_colum_4_2_4Y4B1759

生活リズムを整えるために

——他にも生活リズムが整う理由がありますか?

自分の身体に気づくことが増えていくというのも好影響を与えると思います。例えば、身体の調子がどうも悪いという時など、いつも気づく習慣が付いてくるようになるので、自分の身体にアクセスしやすくなります。

また、仕事についても、今やらなければいけないことに気づくことができるようになっていく。何ごとにおいても、気づきが増えていくことになります。

そうなってくると「あ、今日は身体の調子が悪い。飲みに誘われているけれども、今日はやめよう」といった選択ができるようになっていきます。

これはカンタンなことのように思えますが、意外と知らず知らずのうちに無理をしてしまうのが人間です。仕事はもちろん、他のことでもつい熱中しすぎてしまったり、集中しすぎて好きなことばかりやり続けていると、知らず知らずのうちに、エネルギーを使い果たしてしまっていることに気づかないことがよくあります。

のめり込み、その世界に入りすぎてしまうと客観視できなくなるので、自分が今、どういう状態なのか気づくことができなくなってしまうのです。そのうち、心身共に疲弊してしまいます。そして、ストレスがたまり、どんどん、生活リズムが乱れてしまいます。

マインドフルネスのトレーニングを続けていると、少し高い視点から自分を客観視できるようになります。心理学用語では「メタ認知」といいますが、その力が鍛えられてくると、「ああ、今、ちょっと頑張りすぎているな」と気づくことができる。そして、「少し休まないと」と判断をすることで、本来の自分の生活リズムに戻っていくことができます。

そういう判断ができるようになってくることで、ストレスは減っていきますし、さらに、身体の免疫力もアップしてくる。このような流れで好循環していくことで、生活リズムが自然と整っていくようになるのです。ですから、生活リズムを整えたいという人には、ぜひ、マインドフルネスをオススメしたいと思います。

hasegawa_colum_4_3_4Y4B1870

日常生活のなかで気づく瞬間を増やす

——マインドフルネスは、毎日の生活のなかで、どういう時間帯にどれくらいトレーニングするのがいいのでしょうか?

瞑想に関していえば、もともと、夜がオススメといわれることが多いのですが、それも人それぞれで個人差もあります。ですので、まずは「できるときにやってみる」だけでいいと思います。

瞑想の実践については、時間的なことで言いますと、初歩的なイスに座る瞑想の場合、最初は3分くらいでいいでしょう。呼吸に意識を集中するための初歩中の初歩の練習ですから、その感覚を実感していただきながら、徐々に時間を増やしていくのがいいと思います。

また、次のステップとして練習するのは、床などに座る瞑想ですね。最初は5分くらいから始めてみて、もうちょっといけそうだと思ったら、10分くらいにしてみるのがいいしょう。

瞑想には、座る瞑想以外にも、歩く瞑想ですとか、食べる瞑想というのもあります。結局、瞑想をすることで気づくということは、意識的に気づいているという練習をすることです。

慣れてくると、どんなシチュエーションでも、気づく練習はできるようになっていきます。

日常生活のなかの何でもかまいません。例えば、お皿を洗っている時であるとか、歯を磨いている時でもいい。いわゆる、習慣化してしまった“自動操縦状態”の時は、無意識のうちに自分の経験に基づいてやってしまっているわけです。

それを一度、自分の内側に戻してあげて、今、自分が行っていることを「これってどういう感覚なのか?」と意識することで立ち返り、気づくことができれば、実は、それだけでマインドフルネスの練習になるのです。こういった、何気ない日常生活のなかで気づく瞬間を増やしていくのは、とてもいいことだと思います。

——今後、マインドフルネスを生活のなかに取り入れていく人は増えていくのでしょうか?

私は、日本でもどんどん増えていくと考えています。なぜなら、日本にはもともと禅の文化があって、マインドフルネス的な考え方というのは、昔から日本人が生活のなかに取り入れてきたことだからです。そういう文化に馴染みのなかった人たちのために作り直されたのがマインドフルネスですから、日本人はただ、それを思い出せばいいということなんです。

茶道ですとか華道、弓道、剣道、柔道といった、いわゆる「道ごと」のなかには、すべてにマインドフルネスの要素が含まれています。それを現代の日本人は見直して、生活のなかで使っていく。そうする人が増えていけばマインドフルネスはもっと広がっていくでしょうし、より多くの人々に受け入れていただけるようになるのではないかと思っています。

取材・文:國尾一樹
撮影:たつろう
撮影協力: 東京マインドフルネスセンター

関連特集:
Rhythm内の「ストレス解消」に関する、記事はこちらから

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.3〜

【特集/むくみの正体に迫る!】体調を左右する「腸むくみ」とは?

  • Beauty
  • Column

【特集/むくみの正体に迫る!】体調を左右する「腸むくみ」とは?

アレルギーっ子の外食対応(オーダーの仕方編)

  • Column
  • Food

アレルギーっ子の外食対応(オーダーの仕方編)

「音波式電動歯ブラシ HT-B315」モニターレポート おすすめの12記事まとめ

  • Column

「音波式電動歯ブラシ HT-B315」モニターレポート おすすめの12 ...

下腹が出る原因は身体の歪み!? その理由と対策について

  • Beauty
  • Column

下腹が出る原因は身体の歪み!? その理由と対策について



新着記事

婦人用体温計と普通の体温計の違いとは?

  • Beauty

婦人用体温計と普通の体温計の違いとは?

ホットヨガの正しい呼吸法とポーズのやり方は?体の部位を意識しよう

  • Relaxation

ホットヨガの正しい呼吸法とポーズのやり方は?体の部位を意識しよう

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な簡単ツボ押し

  • Beauty
  • Relaxation

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な簡単ツボ押し

「朝型」は優秀なビジネスマン・ビジネスウーマンの条件? あなたの睡眠タイプをチェックしてみよう。

  • Relaxation

「朝型」は優秀なビジネスマン・ビジネスウーマンの条件? あなたの睡眠タイプをチェックしてみよう。

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

  • Beauty
  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる