あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

道端カレン、オムロンヘルスケア訪問!カレン流、筋トレを伝授

道端カレン、オムロンヘルスケア訪問!カレン流、筋トレを伝授

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

<COLUMN>
道端カレン、オムロンヘルスケア訪問!カレン流、筋トレを伝授

更新日:

| イベント | ダイエットメニュー | トレーニング |

先日、健康経営を推進するオムロンヘルスケアの京都本社を、リズムアンバサダーの道端カレンさんが訪問するということで、リズム編集部も同行してきました。

karen-omron-visit1

オムロンヘルスケアの健康経営を、道端カレンさんも応援!

今回のカレンさんの訪問の理由は、健康経営を推進するオムロンヘルスケアの「オムウォーク」という社内イベントを激励すること。

DSC_0840

DSC_0865

「オムウォーク」とは、健康経営という理念の推進のために、オムロングループ全社で、従業員の健康管理の一環として取り組んでいるイベントです。

403c

この活動量計を日々持ち歩き、健康ポータルサイト「ウェルネスリンク」にリンクさせることで、活動量の合計をチーム単位で測定し、競うものです。

オムウォーク1

このオムウォークで、「いい結果を出そう!」ということで、トライアスロンを日頃から行っているカレンさんが、特別に講演してくださることになったのです。

日々の健康管理やダイエット方法などを、モデルの立場から講演していただけるということで、参加人数も多く、社内での健康管理に対する関心度の高さが伺えました。

講演会の司会進行は、同じくリズムでアンバサダーをされている、ラジオDJの川原ちかよさんが行ってくださいました。

10代の時には、お菓子だけのダイエットをしていた時期も

さて、気になる講演内容ですが、たまたま前日にテレビで放送されていたという道端三姉妹の話を、川原さんが切り出したことから始まりました。

DSC_1017

なにやら道端家の教えとして、お菓子を食べることは禁止されていて、家庭では肉料理中心の食事ばかりを食べていたそうです。魚料理さえもあまり口にすることがなかった、というのだから驚きです。

その反動からか、16歳で親元を離れて東京で一人暮らしを始めたときに、今までお菓子を禁止されていた反動もあって、お菓子を思う存分食べたいと感じたそう。期間としては、1〜2カ月足らずだったのですが、お菓子を食べ始める生活が始まってしまいました。

当時、モデルは痩せているほど良いとされる時代だったので、とても体重には気を遣っていたようですが、当然ご飯とお菓子の食べすぎで太ってしまう事態に。

しかし、なんとそのときカレンさんは、「ご飯とお菓子の両方を食べるから太ってしまう。それなら、お菓子は食べたいから、食事のほうを減らそう」という、奇想天外な決断をします!

体重やカロリーを意識していたため、「ご飯を減らし、お菓子を食べる」という本末転倒なダイエットをしても、若いときはどうにかなったというカレンさん。

その当時は、体重のコントロールは、食べないようにしさえすれば簡単にできるんだと、勘違いしていたといいます。

出産後、食事制限だと体重は落ちないと実感し、運動を始めた

ところが、25歳で出産した時のことです。出産後に体重をもとに戻そうとして、食事量を減らしてみました。食事さえ減らせば体重は落ちるものだという、10代の時の経験があったのでやってみたのですが、今回は食事制限だけでは体重は落ちないことを実感。

それがきっかけとなって、今のように日々、運動に取り組むようになったそうです。

DSC_0996

ここで、カレンさんが、日ごろ実践されているお手軽な筋トレ法を教えてくださったので、ご紹介します。自宅でも職場でも簡単にできるエクササイズなので、ぜひみなさんも試してみてください。

道端カレン直伝「自宅でも職場でも簡単にできる筋トレ方法」

二の腕のたるみを取る〜ドアノブ回し筋トレ〜

・全身が映る鏡の前に立つ。
・鏡を見ながら、体の幅より外側にはみ出さないように、両腕を後ろにもっていく。
・後ろにもっていった両腕を、少しだけ上へあげる。
・この状態で、後ろにドアノブあると想像して、後ろ手でドアノブを回すように手首をひねる。
・回す時は小指の先までひねり切る。
・その動作を繰り返す。
・負荷が足りない時は、もっと両手を背中の中心へと寄せるか、上へあげる。

このエクササイズをやってみると、二の腕のたるみの部分が鍛えられているのが、よくわかります。

オムウォークイベント

DSC_1004

骨盤から姿勢を正す〜骨盤底筋の筋トレ〜

・椅子に座る。
・骨盤を前に倒して、尿道に力を入れる。もとの位置に戻す。
・その動作を繰り返す。
・次に、骨盤を後ろに倒して、肛門に力を入れる。もとの位置に戻す。
・その動作を繰り返す。

ちなみに、マイケル・ジャクソンのムーンウォークは、骨盤底筋を引きあげて、下半身の力を抜くからできることなのだそうです。

講演の終盤には質疑応答がありました。そこでも、旬の野菜を旬の時期に買って、冷凍しておいて食べたほうが、旬ではない時期に生で食べるよりも、栄養があって身体に良いなど、カレンさん流のいろいろなアドバイスがあり、とても勉強になりました。

そして最後には、オムウォーク本番に向けて、現在の上位者を激励する「道端カレン賞」の授与がありました。上位者の方たちには、カレンさんのサイン入りの新著『痩せる、くびれる、ヒップがあがる!ママチャリダイエット』が贈呈されました。

DSC_0053

10代の頃からモデルとして活躍し、今はトライアスロンのために毎日ハードなトレーニングをしているカレンさん。

ダイエットや健康に関しての知識がとても深くて、終始圧倒されてしまいました。

社員のみなさんも士気が上がったようで、とても盛り上がったイベントとなりました。

12244719_1090928387591863_1193480672986277633_o
左から:リズムアンバサダー 川原ちかよ道端カレン

文・写真提供:リズム編集部

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

冬のおしゃれなレディース長靴・レインブーツの種類と選び方

  • Beauty

冬のおしゃれなレディース長靴・レインブーツの種類と選び方

冷えない身体に!基礎代謝を上げる野菜温活レシピ2品

  • Beauty
  • Food

冷えない身体に!基礎代謝を上げる野菜温活レシピ2品

婦人用体温計、おすすめ製品4点の特徴チェック!

  • Beauty

婦人用体温計、おすすめ製品4点の特徴チェック!

すべては好きな歌を楽しく歌うため。歌手birdさんの健康管理の秘訣(前編)

  • Beauty

すべては好きな歌を楽しく歌うため。歌手birdさんの健康管理の ...

「しゃがめない」私たちが抱える身体の脆弱さ〜カラダの機嫌をとってみる(姿勢編)〜

  • Beauty

「しゃがめない」私たちが抱える身体の脆弱さ〜カラダの機嫌を ...

新着記事

冬太りを防ぐ分かれ道…痩せやすい身体を維持する生活習慣とは

  • Beauty
  • Exercise

冬太りを防ぐ分かれ道…痩せやすい身体を維持する生活習慣とは

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

  • Column
  • Relaxation

週末の寝だめ習慣が疲れの原因。正しい「寝だめ」の方法とは

ダイエットにも最適!アスリートが教える「水泳の魅力」

  • Exercise

ダイエットにも最適!アスリートが教える「水泳の魅力」

水銀体温計、割れると危険!破損したときの処理方法

  • Column

水銀体温計、割れると危険!破損したときの処理方法

体温計のおすすめは「長く使えて高品質」!厳選4製品紹介

  • Relaxation

体温計のおすすめは「長く使えて高品質」!厳選4製品紹介

おすすめの記事

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

  • Column

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

  • Food

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Exercise

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Column

モデル道端カレン「体のリズムを整えるには」

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる