あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

身体がカタいと、頭もカタい!? 今日から始めるストレッチ習慣とは

身体がカタいと、頭もカタい!? 今日から始めるストレッチ習慣とは

  • Exercise

身体がカタいと、頭もカタい!? 今日から始めるストレッチ習慣とは

更新日:

| ストレッチ | パフォーマンス | 体幹 |

こんにちは。リズム編集部です。

日頃からランニングをしている人の中には、忙しいビジネスパーソンも多いはず。健康管理や時間管理など、多くのマネジメントをしている人にとっては朗報となる、オフィスで簡単にできる、走れるカラダづくりがあることを、ご存じですか?

社員が健康で元気溢れる職場づくりを進め、京都マラソンに参加する社員もいるオムロンでは、リズムアンバサダーの青山剛さんをお招きし、効果的な体幹ストレッチを体験。本日は、そのイベントの様子をレポート形式でお伝えいたします。

青山剛(あおやまたけし)
元プロトライアスリート。大学時にプロ活動を開始し、1999年世界選手権日本代表に選出される。その後トライアスリート中西真知子選手のコーチとなり、2004年アテネ五輪出場に導く。現在は、ランニング、トライアスロン、クロストレーニングのコーチとして、競技者から初心者、タレントまで幅広く指導。チームアオヤマ代表。

走るためにも、良い仕事をするためにも姿勢が大事

京都マラソンに参加する、有志の社員を中心として集まって開かれた、このイベント。サブタイトルが「身体がカタい人は、頭もカタい!?」という刺激的なものだったからか、社内でも気になる人が多かったようで、たくさんの参加者で賑わいました。

ランニングコーチ・青山剛
写真:コーチの青山剛さん

そもそも、なぜストレッチが大切なのか

IMG_8977
写真:「ランニングで身体を壊す人は、身体がカタい人が多いです」と語る青山さん

「身体がカタいため、十分に筋肉や関節が動きづらい状態になっている」にもかかわらず、運動時に無理にそれを動かそうとしてしまうことで負担がかかり、最終的にはケガにつながります。

ストレッチをすることで新陳代謝が良くなり、ダイエットに効くことは知られていますが、アスリートの世界では、パフォーマンスを高めたり、ケガをしにくいカラダをつくるために、ストレッチは取り入れられています。

通算2000名以上のランナーをコーチした経験から、「身体がカタい人は、頭もカタい」と青山さんは言います。

身体がカタい人は、頭もカタい!?今日から始めるべき、ストレッチ習慣!

青山さんが、今回レクチャーしてくれた内容は「身体がカタい人は、頭もカタい!? 今日から始めるべきストレッチ習慣」というもの。

マラソンやハーフマラソンは、いかに足を節約して走れるかが、走れる距離を大きく左右します。長く走るためには「体幹を使って、いかに足の負担を減らすか」がとても重要になります。

今回のセミナーの中では、体幹を使って走ることの重要性、そのための正しい姿勢、ひいては良い仕事にもつながる美しい姿勢の意義を理解してから、仕事もはかどって一石二鳥になる体幹ストレッチを、教えていただきました。

ビジネスパーソンは、日々デスクワークで姿勢を悪くしがち

青山さんの軽妙なトークは、すぐに参加者の心をつかんで引き込んでいきます。わかりやすい表現で説明してくれるので、スッと頭に入ってきます。

ビジネスマンは、デスクワークで日々姿勢が悪化している
写真:デスクワークでパソコンを使うビジネスパーソンは、無意識に前かがみになり、それが日々、姿勢を悪くしていく大きな原因になっているという

こうして教わりながら身体を動かしてみると、実際に首や肩の動きを比較することができて、普段のデスクワークの姿勢が、いかに身体に負担をかけているのか、よく理解できます。

走るための美しい姿勢は、体幹を使えるようにすることから始まる

今回のストレッチは体幹をメインにするもので、その重要性をいくつかの例で実験してみると、全員から驚きの声が出るほどに、違いは明らかなものでした。

「体幹が大事ってよく聞くよね」と、頭ではよくわかっているつもりなのですが、実際にやってみると、まるでマジシャンにマジックをかけられたように、劇的な変化を感じることができて、本当に驚きました。

体幹と聞くと、アスリートがより高いパフォーマンスを発揮するために、追求するものだと思いがちですが、ちょっとした意識の向け方さえわかれば、走る姿勢はおろか、普段の姿勢さえも変えてしまえるのです。

IMG_9044

IMG_9056

正しく立つことが、正しい姿勢をつくる

IMG_9003

体幹に関して、特に青山さんが強調していたのは、「正しく立つ」ということでした。走ることの基本は歩くことにあり、歩くことの基本は立つことなのです。

「体幹を意識した姿勢を身につければ、移動がエクササイズに変わるけれど、姿勢が悪い人はただの移動になってしまう」という青山さんの言葉も、実際にこうして体験してみると、痛感します。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨ストレッチ1
写真:肩甲骨ストレッチ1

肩甲骨ストレッチ2
写真:肩甲骨ストレッチ2

20年ストレッチを続けている青山さんは、なんとここまで曲がります。
IMG_9059
写真:青山さん曰く、「一流アスリートは全員これくらいできますよ」。肩甲骨ストレッチについて、詳しく知りたい方は、肩甲骨ストレッチの詳細をご覧ください。

股関節を伸ばすストレッチ

60分のセミナーの中では、そのほかに、下半身のストレッチも。
股関節を伸ばすストレッチ
写真:股関節を伸ばすストレッチ

たった60分のストレッチでも、見事に変化が!

今回60分のセミナーを通じて、肩甲骨ストレッチを中心に、いろんなストレッチを教えていただいたのですが、最後に、ストレッチを始める前と比較してみると、見事に変化がありました。

IMG_9118

ストレッチを、日々の生活リズムに取り入れ、習慣化する

プロトライアスリート現役時から、20年にわたり、毎日ストレッチを欠かさず行っているという青山さん。ストレッチをすることで、筋肉を伸ばすことはもちろん、身体の変化を確認して、自分の状態に気付くことができるといいます。

「継続は力なり」といいますが、20年も継続することはとても大変なこと。青山さん自身が、今も毎日ストレッチを継続できているコツは、「お風呂を出た後に10分など、時間を決めて行い、毎日の自分の生活リズムに取り入れて、習慣化できていること」だと、おっしゃっていました。

まずは3分からでも始めてみる

今回ご紹介した肩甲骨ストレッチや股関節を伸ばすストレッチは、ジムなどの設備がなくても、自宅で簡単に行えるものばかりですし、夜にお風呂を出た後に、3分、5分ならできそうな気もしますね。

毎日3分でも良いので続けていくと、1週間、早ければ2、3日で効果を感じ取れるようになるはずです。

マラソン大会に参加するランナーの方も、ランナーではないけど、ちょっぴり頭がカタいなと思っている人も、とても簡単なストレッチですので、ぜひこの機会に試してみてください。

オムロンでは、マラソンをする人にもしない人にも大切な、日頃からのカラダづくりのコンテンツを配信しています。
http://www.omron.co.jp/about/kyotomarathon/


京都マラソン2016

文:リズム編集部

関連記事:
意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

関連特集:
Rhythm内の「体幹」に関する、記事はこちらから
写真撮影:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ストレッチ | パフォーマンス | 体幹 |

関連記事

姿勢を整えるカムカムエクササイズ

  • Exercise

姿勢を整えるカムカムエクササイズ

自宅でもできる!自重トレーニングの3つのメリットvol.1

  • Exercise

自宅でもできる!自重トレーニングの3つのメリットvol.1

秋からのしなやかボディづくりとウォーキング~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.40~

  • Exercise

体幹を意識した動きでくびれゲット!簡単ベリーダンス・エクササイズ

  • Exercise

体幹を意識した動きでくびれゲット!簡単ベリーダンス・エクサ ...

少しでも痛みを軽減するには?野球肘の原因と対策を紹介

  • Exercise

少しでも痛みを軽減するには?野球肘の原因と対策を紹介



新着記事

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.8:内また(内転筋)編~

  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.8:内また(内転筋)編~

屋久島、奄美大島、西表島… ワイルドな離島の滝に会いにいこう

  • Special

屋久島、奄美大島、西表島… ワイルドな離島の滝に会いにいこう

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.22

  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.22

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.7:太もも前後編~

  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.7:太もも前後編~

メタボリックシンドロームを予防せよ

  • Exercise
  • Special

メタボリックシンドロームを予防せよ

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる