あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

放っておくと危険!最低血圧が高い人の原因と対処法

放っておくと危険!最低血圧が高い人の原因と対処法

  • Relaxation

放っておくと危険!最低血圧が高い人の原因と対処法

更新日:

| 健康 | 健康管理 | 血圧 |

高血圧は、悪い生活習慣が招く生活習慣病のひとつとしてよく知られています。しかし、最低血圧が高くなることで引き起こるリスクについてはあまり知られていません。

実は、最低血圧が高くなると高血圧以上に心筋梗塞などの心疾患を招くリスクが高いのです。今回は、どういった原因で最低血圧が高くなるのか、そして対処法はどうすればよいのかをご紹介します。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、がん、心疾患、脳血管疾患といった病気を指しますが、これらは大人になってから起こる病気として「成人病」と呼ばれていました。

しかし、これらの病気は加齢によって起こるものではなく、長い間の生活習慣によって起こることが判明したのです。そこで厚生労働省は、1996年に「生活習慣病」と名前を変更しました。

2番目に多い生活習慣病が高血圧

生活習慣病に罹る人が増えて問題になっていますが、中でも糖尿病の患者が一番多く、次に多いのが高血圧の患者です。高血圧の人は血管に常に負担がかかり、脳卒中や心疾患など危険な病気になるリスクが高まります。

血圧は最高血圧と最低血圧に分かれており、最高血圧とは血液を体内に押し出すために「心臓の筋肉が最大に収縮したとき」の血圧のことです。

一方、最低血圧とは、心臓の筋肉がゆるみ「心臓の筋肉が最大に拡張したとき」の血圧のことを指します。成人の正常な数値は最高血圧が140mmHg、最低血圧が90mmHgなので、それよりも高くても低くても気をつけなければなりません。

最低血圧が高い場合のリスクとその原因

高すぎても低すぎても問題になる血圧ですが、特に危険なのが下の血圧が高い場合です。最低血圧は、心臓の筋肉が最大に拡張した時の血圧なので「拡張期血圧」とも呼ばれており、最低血圧が100mmHgを超えると非常に危険な状態になります。

最低血圧を放置しておくと慢性的な高血圧になるリスクが高まるので注意が必要です。

原因1:末梢血管抵抗の増加

最低血圧が高くなる主な原因として一番に考えられているのが、末梢血管抵抗の増加です。末梢血管抵抗の増加は、たとえ最高血圧には問題が起らなくても最低血圧を高くしてしまいます。

原因2:運動不足や食生活の乱れ

末梢血管抵抗の増加を招く原因として挙げられているのが、運動不足や食生活の乱れ、そして生活習慣の乱れなどです。そのほか、睡眠不足も最低血圧を高くする原因となっています。

現代は運動不足の人が多く、それが原因で疲れがなかなか取れないで苦しんでいる人もいます。そして、運動不足の人は肥満になりやすく、肥満は最低血圧を高くする原因となってしまいます。

また、お肉中心で野菜が少ない人や塩分を取りすぎる人は、コレステロールが高くなるため肥満になるリスクが高く、肥満になると血行を悪くして最低血圧が高くなる結果を招きます。

加齢と血圧の関係

生活習慣の乱れは老化現象を加速させ、血圧にも悪い影響を及ぼします。

たとえば、若いときは血圧が低かった50代の女性が、健康診断で血圧の数値が上がっていたので「血圧が正常になった」と喜んだところ、医師からは「50歳を過ぎて血圧が上がるのは老化現象の表れです」と言われたとします。

加齢とともに最高血圧はあがる一方、最低血圧は加齢とともに下がる傾向があるので、最高血圧と最低血圧の差が大きくなってしまい、この差は心筋梗塞ほか各種心臓病に罹るリスクを高くしてしまうのです。

予防法と改善の方法

通常の高血圧の場合は、最高血圧も最低血圧もともに上がります。ところが最低血圧だけが上がる人もおり、心疾患などの病気を招いてしまう可能性もあるのです。

高血圧を予防する対処法はありますが、最低血圧が高くなるのを防ぐための専門の予防法はありません。そのため、対処法としては高血圧の予防法や改善法と同じく生活の乱れを治し、規則正しい生活を送ることが予防や改善に繋がります。

ほかにも野菜を多くしたバランスの良い食事と適度な運動、睡眠を十分に取った規則正しい生活習慣が最低血圧の上昇を予防することができるでしょう。

まとめ

最低血圧が高いと健康診断で言われても、症状が感じられないので放っておくことがもっとも危険です。早めの対処が最低血圧が高くなるのを防ぐのに大きな効果があります。異常が出てからでは遅いことを忘れないようにしましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 健康 | 健康管理 | 血圧 |

関連記事

冬のお風呂タイムにぜひプラスしたい美肌ケア(前編)〜水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.3〜

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!カフェインの過剰摂取を控えるべきケースとは?

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!カフェインの過剰摂取を控えるべきケースとは?

インフルエンザの予防接種の方法・費用について解説!

  • Relaxation

インフルエンザの予防接種の方法・費用について解説!

真冬に備えておさらい!「冷え」を予防する大切な習慣

  • Food
  • Relaxation

真冬に備えておさらい!「冷え」を予防する大切な習慣

夏の疲労回復に!酵素が効いてる梅酵素ジュースレシピ

  • Food
  • Relaxation

夏の疲労回復に!酵素が効いてる梅酵素ジュースレシピ

新着記事

冷え性対策!基礎体温を上げる方法5選

  • Beauty

冷え性対策!基礎体温を上げる方法5選

週末のリラックス法は夫婦で楽しむ日帰り温泉巡り【浅井香葉子さんインタビュー 前編】

  • Relaxation

週末のリラックス法は夫婦で楽しむ日帰り温泉巡り【浅井香葉子さんインタビュー 前編】

冷え性解消に!睡眠時の靴下、オススメ素材と履き方は

  • Relaxation

冷え性解消に!睡眠時の靴下、オススメ素材と履き方は

首・手首・足首!3つの首を温める温活グッズ7選

  • Beauty

首・手首・足首!3つの首を温める温活グッズ7選

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜



  • Column

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜



おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる