あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

モデル道端カレン「温活で疲労回復を早める」

モデル道端カレン「温活で疲労回復を早める」

  • Beauty

モデル道端カレン「温活で疲労回復を早める」

更新日:

| 健康習慣 | 冷え性 | 温活 | 疲労回復 |

こんにちは。道端カレンです。

最近、私が強く実感していることがあります。それは、人間の身体というのは、温まっていて、血流が良くなっていることが、とても大事なんだなということ。

最近、温活の効果を身体で実感するように

「温活」がはやっていますから、身体を温めたほうがいいということは、みなさんもよくご存じだと思います。私自身も頭では十分理解していました。

でも、それを身体で実感できるようになったのは、ごく最近なんですよね。

よく、年をとってきたら無理が利かなくなったとか、徹夜ができなくなった、お酒が弱くなったというような話を聞きます。

正直言って、数年前までは、それがどんな感じなのか、全くわかりませんでした。でも、本格的に運動をするようになり、自分の体力や健康と向き合うようになってから、その意味がだんだんとわかるようになってきました。

運動の疲労をいかに早く回復させるか

運動をして身体を鍛えれば、体力は向上します。でも、同時に、運動することによって、疲労も蓄積されていきます。

その疲労をいかに早く回復させるかが、健康の鍵となります。

疲労の回復が遅いと、せっかく運動して体力をつけていたつもりでも、逆に疲れがだんだん溜まってきて、パフォーマンスが落ちてしまうというジレンマに陥ります。

若いころは疲労も蓄積されにくいし、回復も早いのですが、だんだんとそのスピードが遅くなっていると、最近実感するようになったのです。よく栄養ドリンクなどのCMで、「その日の疲れは、その日のうちに」とか「朝起きても疲れが残っている」といったコピーが流れていますが、まさに自分も、運動をしすぎて、その疲れがとれていないと感じることが多くなっていました。

実践している疲労回復を早める3つの習慣

そこで、疲労回復を早めるためには、どうしたらいいのか、いろいろ考えたり、実践したりして、辿り着いたのが次の3つです。

1.タンパク質をきちんと摂る
2.たっぷり寝る
3.身体を温める

運動をし始めてから実感していることは、「身体は食べたものでできている」ということです。せっかく運動をしても、栄養がしっかり摂れていないと、理想的な身体にはならないんですね。

ファイル 2015-12-15 3 57 01

特に、筋肉はタンパク質でできていますから、良質のタンパク質をしっかり摂らないと、運動をしても筋肉がついてきません。そのため、私は毎日の食事で、必ず肉や魚を摂るように心がけています。

特に、ラム肉はカロリーが低いうえ、脂肪を燃焼させる効果のある成分を含んでいるそうなので、わが家でもときどき食卓に並びます。

また、疲労回復効果が高いのは、豚肉だそうです。豚肉には疲労物質を分解するビタミンB群が豊富で、タンパク質のバランスが良いと聞いて、豚肉料理が食卓に並ぶことが多くなりました。さらに、運動後はプロテインもしっかり補給しています。

睡眠は、身体を休ませ、心身の機能を回復させるのに必要不可欠。私はいつも、夜10時くらいには寝てしまいます。起床は朝5時ごろ。モデルの仕事は朝が早いことも多いですし、トレーニングも早朝に行うので、朝は早くから始動します。5時ごろから起きていると、自然と夜10時には眠たくなってしまいますね。睡眠不足にならないように気をつけています。

そして、ようやく冒頭の話につながるのですが、3つめの「身体を温める」ことが、実はとても重要ではないかと思っています。いわゆる「温活」ですよね。最終的にそこに行き着くのです。

温活の効果

では、身体を温める温活をすると、どんな効果があるのか、今まで私が、本で読んだことや専門家の先生から聞いたことも含めて、情報をまとめてみましょう。

●体温が上がると免疫力が上がる
●血流が良くなり、身体のこりがほぐれる
●リンパの流れがよくなり、疲労回復が早まる
●肌の新陳代謝が高まる
●消化器官などの内臓が活発に動く
●発汗を促し、老廃物の排出を促進させる

まだ、他にもあると思いますが、ざっと思いつくだけでも、これだけの効果が身体を温めることによって生じるわけです。温活がいかに大事か、よくわかりますよね。そう考えると、むかしからよくいわれる、「冷えは万病のもと」という言い伝えも、納得です。

私が意識的に行っている温活は、次の3つです。

1.湯船に浸かる

道端カレン 湯船に浸かる

2.白湯を飲んだり、できるだけ温かい飲み物を飲む

道端カレン 白湯を飲んだり、できるだけ温かい飲み物を飲む

3.室内でも厚手の靴下を履くようにする

道端カレン 室内でも厚手の靴下を履くようにする

どれも地味な方法ですが、こうした地道な温活の積み重ねこそが、大切だと思っています。

身体は一度冷えてしまうと、なかなか温まりにくくなるそう。しかも身体の表面だけでなく内臓まで冷えてしまうと、体調にも影響するようです。普段から身体を冷やさないようにすることが大切なんですね。

いろいろな温活方法がありますが、自分が続けられる温活を考えて、この冬を元気で乗り切ってください。

リズムアンバサダー:道端カレン

関連記事:【医師監修】温活!真っ先に取り組むべきは、食事・飲み物の見直し

関連記事:
疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

関連特集:
Rhythm内の「疲労回復」に関する、記事はこちらから

関連特集:
Rhythm内の「冷え性」に関する、記事はこちらから

関連記事:
意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

関連特集:
Rhythm内の「体幹」に関する、記事はこちらから

関連記事:
冷え性解消に!4つのシーン別“白湯”の嬉しい温活効果

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 健康習慣 | 冷え性 | 温活 | 疲労回復 |

関連記事

血流が悪いのは危険信号!瘀血(おけつ)を改善し健康な身体に!

  • Beauty
  • Relaxation

血流が悪いのは危険信号!瘀血(おけつ)を改善し健康な身体に!

婦人用体温計の使い方・注意すべきポイントまとめ

  • Beauty

婦人用体温計の使い方・注意すべきポイントまとめ

寝つきが悪い、眠りが浅い方へ!良質な睡眠を促す5つの方法

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

寝つきが悪い、眠りが浅い方へ!良質な睡眠を促す5つの方法

オムロン式美人特製レシピ 「まったり期(排卵から月経までの約2週間)の献立」

  • Beauty
  • Column
  • Food

オムロン式美人特製レシピ 「まったり期(排卵から月経までの ...

調味方法&調味料で、秋冬の「冷え食材」を「あたため食材」に

  • Beauty
  • Food

調味方法&調味料で、秋冬の「冷え食材」を「あたため食材」に

新着記事

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

  • Relaxation

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

  • Column
  • Relaxation

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

  • Food

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

  • Beauty
  • Relaxation

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる