あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

モデル道端カレン「1日1500kcal、食事制限ダイエットの真実」

モデル道端カレン「1日1500kcal、食事制限ダイエットの真実」

  • Beauty
  • Exercise

モデル道端カレン「1日1500kcal、食事制限ダイエットの真実」

更新日:

| ダイエットメニュー | 健康習慣 | 消費カロリー | 食事 |

みなさん、こんにちは、道端カレンです。本日のコラムは、女性であれば(最近は男性でもそう?)、誰でも気になるダイエット方法と食生活・食事メニューのお話。

やはり無駄な体脂肪はつけたくないし、スラリとしたボディが理想ですよね。モデルさんたちは、総じてみなさんスタイルが良いですけれど、それを維持し続けるのは、実は涙ぐましい努力があってこそなのです。

カロリー信仰の落とし穴

私が10代でモデルを始めたころは、今のように運動やエクササイズによって体重や体型をコントロールするという理論が、まだ認知されていなかったんですね。体重を増やさず、体型をスリムに保つには、食事制限をするしかありませんでした。つまり、カロリー制限ダイエットです。

私もやりましたよ。毎日サラダだけを食べたり、夜食べると太るからと8時以降は何も口にしなかったり。でも、そうした食事制限によるダイエットのほうが、かえって「太りやすい身体」を作ることになろうとは!私もいろいろ勉強してわかってきました。

食べ物はガソリン、筋肉はエンジン

たとえば、人を車に例えるなら、食べ物はガソリン、筋肉がエンジンです。ガソリンである食べ物をきちんと体に入れることで、ガソリンが燃えてエンジンである筋肉が動くわけです。

一般的に30代くらいの女性の場合、そのガソリンに当たる食べ物からとるエネルギーは、一日2000kcalくらい摂取すべきだといわれています。それを食事制限のダイエットで、1500kcalに減らしたとしましょう。500kcal減ったわけですから、その分、痩せると思いますよね。

ところが、ここがカロリー制限ダイエットの落とし穴。今まで1日2000kcalで生活していた人が、1500kcalに摂取カロリーを減らすと、最初のうちはトントンと体重が落ちていきます。私も経験しましたから、よくわかります。

でも、身体のほうは、一時的に足りなくなったマイナス500kcalの分を、なんとか補おうとします。そして、筋肉に蓄えているグリコーゲンという糖質をブドウ糖に分解し、エネルギーをまかなおうとするわけです。

そのとき、筋肉に蓄えていたグリコーゲンを使うのですから、筋肉自体は機能が衰えます。筋力が痩せ衰え、その分、体重もダウンするわけです。

食事制限ダイエット、実は”省エネの身体”が痩せにくくする

けれど、トントンと落ちていた体重が、そのうちだんだんと落ちなくなってきます。

実は、人間の体は生命維持のために、入ってくるカロリーに応じて、代謝によってエネルギーを使おうとする仕組みになっています。

つまり、1500kcalしかとらなくなると、体が自然と省エネモードになり、基礎代謝が下がり、1500kcalしか燃焼しない身体になってしまいます。1日1500kcalのエネルギーで私の身体は十分ですよ、となるわけです。

そんなふうに身体が省エネモードになって、1日1500kcalで活動することに慣れてしまったら、1500kcalの食事制限を続けていても体重は減らなくなってきますよね。よくダイエットの停滞期といわれる現象ですが、それが順調に落ちていた体重がだんだん落ちなくなってくる原因なのです。

ダイエットのリバウンドの真実

本当に問題なのはそのあと。もう効果がないと思って、「ダイエットなんてやめよう」と思ったとしますよね。そして、また2000kcal分の食べ物をとるようになります。

そうすると、どうなるでしょうか。

リバウンドでは、脂肪を増やすといった形で体重が増える

すでに1500kcalで活動できるよう、身体が省エネモードになっていますから、500kcalの余剰分がすべて脂肪となって身体に蓄えられてしまうわけです。

これが、いわゆる体重のリバウンドといわれる現象です。食事制限による、カロリー制限のダイエットがリバウンドしやすいといわれているのには、こうした体のメカニズムが理由だったわけです。

この「体重のリバウンド」については、みなさんもよくご存じかと思いますけれど、リバウンドというのは、体重が単に元に戻ってしまうだけではありません。

筋肉量を減らしてしまい、その分、脂肪を増やすといった形で体重が増えるのですから、身体をつくっている中身自体が変わってしまうわけですね。

そこが問題なのです。

痩せるときに筋肉を衰えさせてしまい、リバウンドで脂肪を体につけてしまう。そうしたダイエットは、身体にとって逆効果であることは言うまでもありません。

では、健康的でかつ均整のとれた身体を手に入れるには、どうしたら良いのか。

次回は、健康的な身体を手にいれ、太りにくい身体になるための食事の摂り方という切り口で、「野菜から食べる」が大事なワケについて、お話ししますね。

次回もカレンのコラムを、ぜひ読みに来てください。

文:リズムアンバサダー 道端カレン
写真:大城士武

“関連特集:
Rhythm内の「ダイエットメニュー」に関する、記事はこちらから”

関連記事:
意外と知らない?人間の一日の消費カロリーはどのくらい?

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

料理家が伝授「美しい瞳を保つ食べ物」〜食で美しい身体づくりvol.2〜

  • Beauty
  • Food

料理家が伝授「美しい瞳を保つ食べ物」〜食で美しい身体づくりv ...

フェイスラインが引き締まる!小顔エクササイズ

  • Beauty
  • Exercise

フェイスラインが引き締まる!小顔エクササイズ

ひな祭りには女性にうれしい甘酒を

  • Beauty
  • Column
  • Food

ひな祭りには女性にうれしい甘酒を

専門家が教える「ファスティングが身体に起こす8つの段階」

  • Beauty

専門家が教える「ファスティングが身体に起こす8つの段階」

鉄分たっぷり!ハワイのヘルシーフード、アヒポケとは

  • Beauty

鉄分たっぷり!ハワイのヘルシーフード、アヒポケとは

新着記事

絶景とアウトドアを同時に楽しめるフィッシングで健康に!

  • Relaxation
  • Special

絶景とアウトドアを同時に楽しめるフィッシングで健康に!

疲れが取れないときにオススメ!疲労回復に効く飲み物6選

  • Food

疲れが取れないときにオススメ!疲労回復に効く飲み物6選

この症状、もしかして高血圧が原因?高血圧によって引き起こされる症状とその対処法

  • Relaxation

この症状、もしかして高血圧が原因?高血圧によって引き起こされる症状とその対処法

血圧を下げたい!高血圧の原因と血圧の上昇を予防する飲み物

  • Food

血圧を下げたい!高血圧の原因と血圧の上昇を予防する飲み物

その歩き方は正解?効果が高まるウォーキングの歩き方とは

  • Exercise

その歩き方は正解?効果が高まるウォーキングの歩き方とは

おすすめの記事

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる