あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.5

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.5

  • Column

<COLUMN>
元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.5

更新日:

| コミュニケーション | トレーニング | パフォーマンス |

リオデジャネイロ五輪で初採用された7人制ラグビーの男子日本代表が、一次リーグ初戦で、優勝候補のニュージーランドに大金星。その後は破竹の勢いで厳しい一次リーグを勝ち進み、準決勝に進出、悲願のメダル獲得とはならなかったが、4位の好成績を収めた。

大躍進を続ける日本ラグビーは、2015年にイングランドで開催されたラグビーW杯の初戦、強豪・南アフリカ相手に互角以上に渡り合い、逆転トライを決めて劇的な勝利を収めた。その大金星は、日本のみならず、世界を震撼させ「世紀の番狂わせ」と絶賛された。

リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビー代表にも多大な影響を与えたといわれる世紀の番狂わせ。その裏の立役者として、一躍、注目を浴びることになったのが、W杯ラグビー代表を“世界で闘える集団”に創り上げていった、メンタルコーチの荒木香織さん。

『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)の著者でもある荒木さんに、ラグビー日本代表への想いや、一般の人でも応用できるメンタルスキルなどについてお話をお聞きしました。

今回は、これまでラグビー日本代表に足りなかったものと、今後の日本人アスリートが力を伸ばすために必要なことについての話です。

ラグビー日本代表に足りなかったモノとは!?

——前回、世界で闘えるマインドを創り上げるために、世界基準とのギャップを埋める作業が大変だったという話をお伺いしましたが、エディーHC(ヘッドコーチ)は、ラグビー日本代表に何が一番、足りないと感じていたのでしょうか?

ひと言で言えば、「勇気を持って、自分たちを変化させていくこと」だと思います。「今の場所に留まらないで、何か新しいチャレンジをしながら、自分たちを高めていく勇気が足りないんじゃないか」ということをよく言っていました。

これまで、海外経験のない選手たちに対して、そのようなことを教えてくれる指導者というのは、ほとんどいなかったということでしょう。

これは、ラグビーだけではなく、他のスポーツでも同じような傾向にあるのではないかと考えています。やはり、“世界で闘う”マインドを手に入れるには、日本人コーチが、まずはコーチングそのものを勉強していかないといけない。そうではないと世界では闘えないと思います。

日本では、著名な選手、あるいはオリンピックに出場した経験のあるアスリートが、その経験を活かしてコーチになるといったケースが多く見受けられます。人に教えるコーチングの勉強はほとんどしていないのに、指導をするというのが当たり前なんです。

どのように指導すれば良いのか勉強をしていないのであれば、良い指導はできないものだと私は思っています。選手の力を最大限に伸ばしてあげるという意味では、やはり、現状では外国人コーチのほうが優れているということが多いのではないかと思います。

例えば、卓球ですと中国人の指導者を招いたり、バドミントンなどでも韓国や中国から招いたりしていますよね。日本人では、選手の力を最大限に伸ばしてくれる力量を持った指導者が、まだまだ少ないというのが現状だと思います。

練習メニューを提供するだけでは強くなれない

——例えば、サッカーですと、JFA公認のC級コーチライセンスから始まって、S級ライセンスまであったりします。国内で考えれば、比較的、他のスポーツよりもコーチのライセンス制度がシッカリしているのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか?

私は、J2に所属するクラブチームのメンタルトレーニングのコンサルティングも担当していますが、監督にコーチングについての情報提供をしながら進めています。

このクラブチームからは、勝つためのメンタルトレーニングを選手たちにして欲しいという依頼だったのですが、選手のトレーニングよりも、「まずは、監督とコーチのトレーニングから始めたほうが早いと思います」と提案して、選手ではなく、監督とコーチのトレーニングから始めました。

やはり、引き出しがほとんどないまま、行き当たりばったりで、ただ練習メニューばかり提供しているというコーチがあまりにも多いんですよね。

練習メニューの種類をたくさん持つことも大事なのですが、その前に、何の目的を持って、何のために練習していくんだということを選手たちにしっかりと伝えたうえで、選手たちが主体性を持ってトレーニングしていけるようにするのが、理想なのです。

コーチへの情報提供を進めていけば、選手の育成はスムーズになり、日本のスポーツはもっと良くなると思っています。

コーチが学べば、指導方法も変わる

——しっかりとした哲学を持ってコーチングできる指導者を増やしていかないといけないということでしょうか?

そうですね。スポーツ心理学の分野のなかには、「コーチング・エデュケーション」というのがあります。コーチを指導者として教育するというものです。

どうすればアスリートとしてのモチベーションを上げることができ、それをキープできるようになるのか、そのためにはアスリートとどう接すればいいのか、そうしたことをコーチがしっかり学んでおけば、声がけの方法も変わってくるのです。

アスリートに対するコーチの関わり方が変わってくれば、チーム作りに対する姿勢も変わってくるので、手法も大きく変わってくる。そのあたりを教育していくことも、スポーツ心理学者としての役割なのではないかと考えています。

——世界基準で見てみると、まだまだ日本のスポーツ界には足りないところがあるのですね。

諸先生方がいろいろと積み上げてこられたこともありますから、私のような若輩者があまり言うと、波風が立ってしまいそうですが、いろいろな課題があるかと思います。少し専門的な話になってしまいますが、日本の場合は、スポーツ心理学ではなく、「体育心理学」として、ここ40年くらい発達してきたという歴史があります。

それを体育からスポーツと言い換えただけといった面も多く、欧米のスポーツ科学のなかにあるスポーツ心理学という学問の成り立ちと、日本のそれの成り立ちというのは、まったく別ものと言ったほうがいいのかもしれません。そのあたりで、日本のスポーツ科学界というのは、苦戦といいますか、迷走している部分があることは否定できません。

また、日本の場合は、臨床心理学系の先生がスポーツ心理学に関わるといったケースも多いんですよね。臨床心理学の先生たちの専門は心の治療であって、精神の疾患の治療のためのアプローチがメインです。

アスリートを勝たせるためのメンタルを作るというよりも、アスリートの心の病について聞いてあげて、そこを解決しようといった感じなのですが、そういったアプローチ手法では、勝ちたいと思う選手が、勝てるアスリートにはなれないことも多いのではないか、とも考えています。

arakikaori5_01

決して、日本人のメンタルが弱いということではない

——以前に日本サッカー界のご意見番であるセルジオ越後さんにインタビューしたときに、世界標準のメンタルに比べると、日本人のメンタルは弱いと指摘されていて、「このままでは、日本サッカーは強くならない」とおっしゃっていましたが。

何をもって、日本人選手のメンタルが弱いとおっしゃっているのかわかりませんが、言われているほど、日本人のメンタルは弱くはないと思います。ただ、以前にも言ったように、世界と闘えるようになるためにはどうすればいいのかといった、ツールを持ち合わせていないだけだと思います。なぜならば、そういう指導を受けてきていないからです。

例えば、大一番で、ものすごく緊張してしまったとします。しかし、それは悪いことではないんです。そこで、緊張している選手がいたら、「心臓がどきどきすることは悪いことじゃない。深呼吸でもして、やらないといけないこと、やるべきことを口にしてみたらどう?」といったアドバイスを私はします。なぜそういうアドバイスができるかといえば、そういったトレーニングをしているからです。

日本の多くの指導者、コーチ、監督というのは、そういうトレーニングをしてきていないのに、いきなり「平常心でいけ!」みたいなことを言うだけですから。結局、指導者に知識がないから、適当なことを言うしかない。「平常心でいけ!」と言うだけで、ものすごいプレーができるのであれば、誰も苦労はしません。

日本人アスリートの力を伸ばす可能性はある

——私自身、高校生の頃はサッカー部に所属していましたが、「平常心でいこう!」とか、「集中しよう!」と選手同士で声がけしたり、監督もそう言っていた記憶が甦ります。

どこで、どうやって集中するのか、もっと具体的に言わないと、ほとんど意味がないですよね。試合のときだけ、「集中しろ!」だとか「リラックスしろ!」といくら言っても、何の役にも立たないのです。練習の時にはそんなこと言っているわけでもなく、そのためのトレーニングもしていないことでしょう。それなのに、試合でいきなりそう言われても、無理な話です。

普段の練習のなかで、何をどこでどうやって集中するのかといった説明があったうえでメンタル面のトレーニングを積んでいるのであれば、その場面、場面で選手は集中できるようになるでしょう。

しかし、試合の時だけ、突然、監督に「お前ら集中!」って言われても、やっぱり、何に集中すればいいのかわかりませんよね。頭に集中するのか、戦術に集中するのか。それとも、仲間の動きに集中するのか、監督の指示に集中するのか……。

普段からのトレーニングをしていなければ、できないものです。ですから、日本人のメンタルは弱いのか、と訊かれれば、決して弱くはない。ただ、鍛えることができる部分というのは、まだまだあるのではないかと思っています。

メンタルのツールをもっと増やしていくような指導をして、普段からトレーニングを積むことができる環境が整ってくれば、ラグビーだけでなく、他のスポーツでもアスリートたちの力をもっと伸ばしていけるのではないでしょうか。

取材・文:國尾一樹
写真:宇野真由子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

物語で辿る文脈登山 vol.14 ~杣口金桜神社と奥社をゆく~

  • Column
  • Relaxation

物語で辿る文脈登山 vol.14 ~杣口金桜神社と奥社をゆく~

真夏の寝具を見直そう!クール睡眠に必須の2つのアイテム

  • Column
  • Relaxation

真夏の寝具を見直そう!クール睡眠に必須の2つのアイテム

世界遺産第1号のガラパゴス諸島は、想像を絶する大自然だった〜Healthy Trip vol.5〜

  • Column
  • Relaxation

世界遺産第1号のガラパゴス諸島は、想像を絶する大自然だった〜 ...

アレルギーっ子の外食対応(オーダーの仕方編)

  • Column
  • Food

アレルギーっ子の外食対応(オーダーの仕方編)

  • Column
  • Exercise

基礎代謝アップvol.2 ~冬は基礎代謝が高く、夏より痩せやすい~

新着記事

食事でコリ改善?肩こりを解消するおすすめ食生活とは

  • Food

食事でコリ改善?肩こりを解消するおすすめ食生活とは

【特集/背中美人は肩甲骨から!】Vol.1 25歳から下り坂!? 老化の速い肩甲骨!

  • Beauty
  • Exercise

【特集/背中美人は肩甲骨から!】Vol.1 25歳から下り坂!? 老化の速い肩甲骨!

花粉症対策はお早めに!「耳ツボ・イヤージュエルセラピー」で快適な春を

  • Relaxation

花粉症対策はお早めに!「耳ツボ・イヤージュエルセラピー」で快適な春を

戦争の傷跡が残るソロモン諸島の秘境、ガダルカナル島!

  • Column
  • Relaxation

戦争の傷跡が残るソロモン諸島の秘境、ガダルカナル島!

冷え性解消に「干し生姜」!薬膳の知恵で温活を始めよう

  • Food

冷え性解消に「干し生姜」!薬膳の知恵で温活を始めよう

おすすめの記事

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food
  • Special

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation
  • Special

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Beauty
  • Column

モデル道端カレン「体のリズムを整えるには」

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる