あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.4

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.4

  • Column

<COLUMN>
元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.4

更新日:

| コミュニケーション | トレーニング | パフォーマンス |

リオデジャネイロ五輪で初採用された7人制ラグビーの男子日本代表が、一次リーグ初戦で、優勝候補のニュージーランドに大金星。その後は破竹の勢いで厳しい一次リーグを勝ち進み、準決勝に進出、悲願のメダル獲得とはならなかったが、4位の好成績を収めた。

大躍進を続ける日本ラグビーは、2015年にイングランドで開催されたラグビーW杯の初戦、強豪・南アフリカ相手に互角以上に渡り合い、逆転トライを決めて劇的な勝利を収めた。その大金星は、日本のみならず、世界を震撼させ「世紀の番狂わせ」と絶賛された。

リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビー代表にも多大な影響を与えたといわれる世紀の番狂わせ。その裏の立役者として、一躍、注目を浴びることになったのが、W杯ラグビー代表を“世界で闘える集団”に創り上げていった、メンタルコーチの荒木香織さん。

『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)の著者でもある荒木さんに、ラグビー日本代表への想いや、一般の人でも応用できるメンタルスキルなどについてお話をお聞きしました。

今回は、選手たちが世界で闘える心を鍛え上げるうえで、最初に立ちはだかることとなった、大きな壁についての話です。

日本人選手のマインドを世界基準にするために

——エディーさん(元日本代表ヘッドコーチ)の要求を達成させるのは無理だと最初は思ったというお話がありましたが、やはり、想像を超えるような大改革が必要だったのでは、と思います。ラグビー日本代表のメンタルコーチを4シーズン務められたなかで、見えてきたことなど、ありますか?

私は、米国やシンガポールなどでスポーツ心理学を学んだり、仕事をしている時期が10年間ありました。その経験から、他国の人たちの考え方も理解できるようになりました。

エディーさんは、日本のことをよく知っていらっしゃいますが、どちらかというと、日本人的ではないモノの考え方をする方です。そのようなコーチのもとで、日本人選手をどう伸ばしてあげることができるのかということが、いつも課題としてあったわけです。

海外での生活やラグビーの経験がない選手に対し、エディーさんの日本人選手を見る感覚、日本人選手をどういうふうに捉え、どういうふうに変えていきたいと思っているのかを伝えることは、いくら通訳の人がうまく伝えても、伝わりきらないところが出てくるものだと思います。

ただ、私はエディーさんの考えもわかりますから、スポーツ心理学という言語を使ってそれを選手たちにうまく“通訳”することが私の武器だと思いながら仕事をしていたんですね。

エディーさんの最終目標とする要求そのものは、非常に高いものでした。それは、「世界でも闘えるメンタリティー」です。世界で闘うためには、日本人選手のマインドを“世界基準”に到達させないといけないということです。もちろん、W杯に出場するような20か国のチームは、どこもマインドが世界基準に届いているのです。

エディーさんが目指す、世界で闘えるマインドを、どういった過程を経て創り上げていくべきか。そこは、私自身が力を発揮できる大きなポイントなのではないかと考えて、仕事をしていました。

arakikaori4_01
2013年、NZ戦に向けての代表合宿風景(写真提供:荒木香織)

なんで、日本人はいつもこうなんだ?

——その、世界で闘えるマインドを創り上げるうえで、一番、苦労したことは何でしょうか?

やはり、日本人ではない考え方をするエディーさんと、日本人的な考え方しかできない選手とのギャップを埋めるということでしょうね。エディーさんに、「日本人はこういうふうに教育・指導されて育ってきているので、あまりコーチや目上の人とうまくコミュニケーションが取れないんです」と言っても、あまり理解されないんです。

日本人アスリートたちの多くは、コーチや監督が何か言う時には“叱られている”というふうに捉えてしまいがちです。コーチや監督が指示を与えたとしても、怒鳴られているだけと思い、下を向いてやり過ごせばいいと、これまでの習慣でやってしまうのです。

エディーさんは、そこがなかなか理解できなかったんです。エディーさんは、叱っているのではなく、「なぜ、できなかったのか」とか、「できないなら、それを説明して欲しい」「どうすればできるのかを考えて欲しい」と思って、いつも、選手たちに声をかけているんですよね。

もちろん、通訳の人はいますが、海外経験のない日本人選手というのは、エディーさんに何か声をかけられても、コミュニケーションを取ろうともしない。「何がダメだったのか?」と訊かれても、そこで答えることは「言い訳にしかならない」というふうに考えてしまいがちなのです。

そんな様子を見ていて、いつもエディーさんは「なんで日本人はいつもこうなんだ?」と、言ってましたね。

arakikaori4_02

自分で分析し、シッカリ答えることから始まった

——なるほど、そういうギャップがあったんですね。

エディーさんがそうやって日本人選手のメンタリティーについて訊いてくると、「日本人選手が悪いのではなく、日本人アスリートというのは、そういう教育・指導をずっと受けてきたからだ」と説明していました。

日本人選手は、コーチや監督の一方的な話を、「はい、はい」と聞き流すだけ。目上の人から何か言われたときには、自発的にコミュニケーションを取るとか、アドバイスに耳を傾けるということができず、ただ、「叱られている」としか思わない。

何も理解しないまま、ただ「はい!」とだけ言う習慣が染みつく環境にずっと身を置いてきたのだ、と。そこを理解してもらいたいということを、エディーさんによく話しました。

逆に、選手たちには、何もエディーさんは怒っているわけでも、もう帰れと言っているのでもなく、理由を訊いているだけなんだ、と。だから、その理由について答えるべきだし、わからないのであれば、考えてみる。そういった作業をこれからしていくべきだと伝えてきました。

そんな話をすると、「オレらはもう、何も考えないで突っ込んでいったらええとしか教わってきていないから、そんなこと言われてもわからん!」といった反応が多かったですね。

そういった、エディーさんと日本人的なマインドの選手たちの溝というか、ギャップを少しずつ埋めていく作業が、一番、大変だったなあと、今、振り返ると思います。

取材・文:國尾一樹
写真:宇野真由子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

専門家が教える!気になる断食と腸内フローラの関係とは?

  • Column

専門家が教える!気になる断食と腸内フローラの関係とは?

歯医者が教える、歯ブラシを交換するベストなタイミングは?

  • Column
  • Relaxation

歯医者が教える、歯ブラシを交換するベストなタイミングは?

甘いものを食べると歯が痛い・しみるのは何が原因?【歯科医監修】

  • Column

甘いものを食べると歯が痛い・しみるのは何が原因?【歯科医監修】

ゆがみ解消!普段使いをバックパックに替えるメリット

  • Beauty
  • Column

ゆがみ解消!普段使いをバックパックに替えるメリット

痛くない虫歯は要注意!放置するリスクとは?【歯科医監修】

  • Column

痛くない虫歯は要注意!放置するリスクとは?【歯科医監修】

新着記事

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「生活リズムを整えるメンタルスキル」Vol.2〜最高パフォーマンス発揮のためのスキル〜

  • Column

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「生活リズムを整えるメンタルスキル」Vol.2〜最高パフォーマンス発揮のためのスキル〜

冷え性解消に!“朝白湯”の嬉しい温活効果3つ

  • Beauty
  • Relaxation

冷え性解消に!“朝白湯”の嬉しい温活効果3つ

冬のお風呂タイムにぜひプラスしたい美肌ケア(前編)〜水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.3〜

  • Column
  • Relaxation

冬のお風呂タイムにぜひプラスしたい美肌ケア(前編)〜水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.3〜

体温計で熱はきちんと測れている?正しく測るためのポイント伝授!

  • Column

体温計で熱はきちんと測れている?正しく測るためのポイント伝授!

風邪のひきはじめはコンビニが便利!おすすめアイテム3つ

  • Food

風邪のひきはじめはコンビニが便利!おすすめアイテム3つ

おすすめの記事

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

  • Column

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.2

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

  • Food

ジョコビッチ選手を変えたグルテンフリーの食事法の効果(前編)

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Exercise

田中律子さんが、ヨガを特別披露!目的別・おすすめヨガポーズ5選

  • Beauty
  • Column

モデル道端カレン「体のリズムを整えるには」

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる