あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「不安やプレッシャーに対処するスキル」

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「不安やプレッシャーに対処するスキル」

  • Column

<COLUMN>
元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「不安やプレッシャーに対処するスキル」

更新日:

| コミュニケーション | トレーニング | パフォーマンス |

イングランドで2015年に開催されたラグビーW杯の初戦で、強豪・南アフリカを相手に逆転トライを決め、“世紀の番狂わせ”と絶賛されたラグビー日本代表。その陰の立役者として注目を浴びることになったのが、日本代表のメンタルコーチを務めた荒木香織さん。

選手ひとりひとりと話し合いながら、個々のメンタルを鍛えていった経験を元にまとめた『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)の著者でもある荒木さんに、アスリートではない一般の人でも、普段の生活リズムを整えるためのヒントになるメンタルスキルの話をお伺いしてきました。

今回は、「不安やプレッシャーの受け止め方を変えるメンタルスキル」です。

悩んでいるのではなく、考えていると捉える

——日々、生活していると、誰にでも何か不安があるものだと思いますが、不安を解消するためのメンタルスキルについて教えてください。

不安というのは、あってもいいと思います。むしろ、不安があるからこそ、日々の生活を頑張ることができるといっていいでしょう。

ですから、「不安は、決して悪いものではない」ということをみなさんには、ぜひ、知っておいていただきたいと思います。

しかし、あまりにも不安で不安で、どうしようもないというのであれば、悪影響が出てきます。そういう時には、しっかりと準備をすればいいのです。

不安なことに対して、時間をかけて取り組めば、不安ではなくなっていくものです。

よく、みなさんは何かについて「悩んでいる」と言いますよね?これも受け止め方を変えてみればいいのではないでしょうか。

その何かについて「悩んでいる」のではなく、「考えている」んだと思う。そうすると、同じことであっても、別に悪いことではなくなってくると思います。

ですから、不安をあまり、ネガティブなものと捉えないようにすることが大事です。

何か不安があって、ただ、「どうしよう、どうしよう」と言いながらオロオロしているだけでは、何も変わらないと思いませんか?そんなに不安で仕方がないのであれば、不安を解消するために何をすべきかを“考えて行動する”ようにしていけばいいでしょう。

——確かに、行動しないで不安がってばかりいるのであれば、ただ、ボヤいているだけになってしまいますね(笑)。

まさにそうですね(笑)。「明日、仕事でプレゼンがあるのに、どうしようー!ドキドキするぅ〜!!」なんていう人、よくいますよね。「ところでスライドだとか全部、準備できたの?」と聞いてみると、そういう人に限って準備できていないということが多いですよね。

そんなに不安なのであれば、準備をすればいいだけなのに、結局、考えて行動していないから、意味のわからない不安を抱えてばかりになってしまう。ちゃんと準備することで、不安はなくなるものだと理解して、行動すべきでしょう。

ドキドキする不安は、頑張りたいと思っている証拠

——何か勝負事があって、それがうまくできるのかといった不安以外の、種類の違う不安などもあるのでしょうか?

プレゼンの話で言えば、人の前でプレゼンすることにドキドキして不安だということが多くの人にあると思います。しかし、それはもう、しょうがないことだと考えたほうがいいでしょう。

日本代表の選手だって、大きな大会、W杯といった重要な試合ともなると、ドキドキして不安になります。しかし、それだけ不安になるのは、“頑張りたいと思っている証拠”なのだと捉えるのがいいと思います。

それだけ、自分が力を発揮したいと思っている証拠なんだと、ポジティブに考えるのです。私は必要であれば、「力を出したいと思っている証拠なんだから、悪いように捉えないでいいプレーをしましょう!」と、不安に襲われる選手たちに声をかけていました。

——やはり、ネガティブではなく、ポジティブにものごとを捉えることが大切なのでしょうか?

基本的にはそうですが、時と場合によります。本当にダメといいますか、ネガティブな結果しか得られないかもしれない状況ですと、そこに向けてアタックしないようにする必要があるケースもあります。

その不安の原因が、明らかに準備不足のまま迎える事態になってしまったということであるなら、さらにしっかりとした準備をして、仕切り直す必要があるでしょう。

また、他人にどう評価されるのかという類の不安であれば、自分に対する人の評価がどうであれ、それを自分で変えていくこともできるはずだというマインドに変えていくことです。そして、そうなるよう、自分をコントロールすることに集中することです。

0040_2_5_kaoriaraki

——これまでの話をお聞ききして思うのは、やはり、何事においても、しっかりとした準備をすることが大事ということ。何も準備をしていなければ不安になるのは当たり前、ですね。

そうです。逆に、何も準備していないのに不安じゃない人がいたら、おかしいですよね(笑)。大切なのは、誰にでも不安はつきまとうものだということを知ることです。そして、準備もしっかりしているのに不安に思ってしまっても、それは、別に悪いものではないんだと受けとめるべきなのです。

人というのは、社会で生きていくなかで、他人の評価に対する不安というのが一番、大きいものだと思います。

「他人からどう思われているのか?」といった、自分に対する評価への不安は誰にでもあるものですから、自分に合う対策を考えて練っていったり、自分をコントロールすることに集中する。この2つをうまく組み合わせていけるようになるといいでしょう。

プレッシャーは自分で作り出してしまうもの

——似ているのかもしれませんが、プレッシャーへの対処法なども教えていただけますか?

みなさんに知っておいていただきたいのは、「プレッシャーは、自分で作り出してしまうものだ」ということです。

プレッシャーは、触れることもできないし、見えないものです。たまに、プレッシャーのあまり、吐き気をもよおした人が「おえっ!」となったりして、聞こえたりすることはありますが……(笑)。

プレッシャーへの対処方法というのは、ご指摘のとおり、不安への対処方法と基本的には同じ。コントロールできることは何なのかを考えてそこに集中するよう、自分で判断することが大事です。

とはいえ、あの五郎丸選手でさえ、試合の流れにしても、キックのときに自分がボールを蹴る角度にしても、すべてを自分でコントロールできるわけではありません。そこで、自分に合った方法を考えて練り上げていったのが、「プレ・パフォーマンス・ルーティン」です。

五郎丸選手は、あのルーティンの一連の動作をすることで、自分の気持ちをコントロールすることができますし、キックに向けて準備をすることができる。

だから、彼はキックする前にプレッシャーを感じることがない。自分でプレッシャーを作り出すということが、ないのです。もちろん、これは日ごろの訓練の賜です。

ですから、プレッシャーへの対処法という意味では、プレッシャーを自分で作り出さないようにすることが一番です。

「ちょっと今、プレッシャーを感じているなあ」と思ったら、それを良い方向に考えるべきです。たくさん応援してもらったり期待されているのだから、そのぶんプレッシャーを感じてしまう。いい評価をされたいと思うから、プレッシャーになる。

だったら、そこに向かって頑張ればいいことだと、前向きに、ポジティブに捉えたほうが、きっと、いい結果に繋がることでしょう。

プレッシャーというのは、さきほど言いましたように、不安とよく似た性質のモノです。不安と同様、そんなに避けようとしなくてもいいのです。避けようとするのではなく、そのプレッシャーのなかに突っ込んでいくんだというくらいのマインドでいるのがいいのではないかと思います。

もう一度言いますが、プレッシャーというのは、完全に自分で作ってしまうものです。五郎丸選手のようにプレッシャーを作らないようにするための、自分なりの方法、メンタルスキルを何か見つけることができれば、きっと、その人にとっての大きな財産になっていくと思います。

取材・文:國尾一樹
写真:宇野真由子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

オムロン式美人特製レシピ 「ぴかぴか期(月経終了~排卵まで)の献立」

  • Beauty
  • Column
  • Food

オムロン式美人特製レシピ 「ぴかぴか期(月経終了~排卵まで ...

歯槽膿漏はストレスが原因で悪化する!? その理由は?【歯科医監修】

  • Column

歯槽膿漏はストレスが原因で悪化する!? その理由は?【歯科医監修】

秋はのんびりを楽しむ「鎌倉歩き」がおすすめ

  • Column
  • Relaxation

秋はのんびりを楽しむ「鎌倉歩き」がおすすめ

オーガニック農家・吉岡龍一「目の前に農のある暮らし」

  • Column
  • Food

オーガニック農家・吉岡龍一「目の前に農のある暮らし」

目を温めて、子宮もふんわり温活美人

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

目を温めて、子宮もふんわり温活美人

新着記事

うつ病かも?そう思ったときに行くべき病院の診療科

  • Relaxation

うつ病かも?そう思ったときに行くべき病院の診療科

【特集/目覚めよ体幹!】あなたの体幹をチェック!

  • Beauty
  • Exercise

【特集/目覚めよ体幹!】あなたの体幹をチェック!

ひんやりデザートにアレをちょい足しで体が温まる!?

  • Beauty
  • Food

ひんやりデザートにアレをちょい足しで体が温まる!?

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使いこなす

  • Column
  • Exercise

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使いこなす

ネットでもチェックできる!気になるうつ病のチェック方法

  • Relaxation

ネットでもチェックできる!気になるうつ病のチェック方法

おすすめの記事

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる