あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「目標を達成するためのスキル」

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「目標を達成するためのスキル」

  • Column

<COLUMN>
元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「目標を達成するためのスキル」

更新日:

| コミュニケーション | トレーニング | パフォーマンス |

イングランドで2015年に開催されたラグビーW杯の初戦で、強豪・南アフリカを相手に逆転トライを決め、“世紀の番狂わせ”と絶賛されたラグビー日本代表。その陰の立役者として注目を浴びることになったのが、日本代表のメンタルコーチを務めた荒木香織さん。

選手ひとりひとりと話し合いながら、個々のメンタルを鍛えていった経験を元にまとめた『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)の著者でもある荒木さんに、アスリートではない一般の人でも、普段の生活リズムを整えるためのヒントになるメンタルスキルの話をお伺いしてきました。

今回は、「目標を達成するためのメンタルスキル」です。

目標達成のためには、無理のない設定をしよう

——メンタルスキルについて話をお伺いしていると、目標達成のための…という言葉がところどころ出てきます。目標を達成するためのメンタルスキルというのもあるのでしょうか?

やはり、目標を達成するためには、その目標を達成できるかどうかの設定がとても大事になってくると思います。

目標の設定自体があまりにも高すぎるようでは意味がありません。しかし、「その目標をたったそれだけの期間で達成するつもりですか?」と、思わず言いたくなってしまうような目標を立ててしまうことは、あることです。

無茶な目標を立てるのは、逆効果です。そういう事態を避けるには、やはり、「自分を知っているかどうか」ということが大切になってくると思います。

しっかりと、自分のことを把握して知る。その上で、自分に自信をつけてあげることができるような目標設定を自分でしっかりできるかどうかにかかってきます。

その時に注意すべきことは、無理な高い目標を設定するのではなく、現実的な目標を設定すること。まずは、そのスキルが大事ですね。

失敗もひとつの経験と捉えて前に進む

目標を達成するためには、何回、失敗してもかまいません。どの方法が自分に合っているのかを見つけ出す、その過程がとても大事なのです。

過程のなかで得た経験が、結局は、目標達成に繋がっていきます。ですから、失敗したからといって、すぐに諦めたり、失敗したから「もう無理」となってしまってはいけないのです。

目標達成のための失敗は、どんな失敗であっても、ひとつの経験になります。目標達成のために同じ轍を踏まないよう、消去法で消す項目がひとつ減ったのだと、前向きに考えましょう。

無理のない目標であれば「この方法は自分には合っていないんだな」とか、「このやり方は自分にはシックリこないな」ということがわかってくるので、いろいろなやり方を試してみることが大事です。そのなかで、「これだったらいけるぞ!」と、見えてくることが必ずあるはずです。

そして、ひとつの目標を達成すれば、さらにちょっとだけ上の目標に向かって、自分なりに試行錯誤をすることができます。それを繰り返しているうちに、自分なりのメンタルスキルが身についてくるようになるのです。

ですから、目標を達成したいという時には、目標設定のやり方をうまくすることが大事。そしてたとえ失敗したとしても、それは経験なんだと思って、前に進むように意識すること。この2つが、目標達成のためのキーになります。

2013photo_2_4_kaoriaraki
2013年の日本代表の合宿風景。選手個人個人のメンタルスキルを上げていった(写真提供:荒木香織)

目標を達成するためのプロセスに焦点を当てる

——目標達成のためのメンタルスキルという意味では、ラグビー日本代表はどうだったのでしょうか?

ヘッドコーチのエディーさんは、常に結果に対する目標を掲げていました。「この代表チームには勝つぞ」とか、「この大会では優勝するぞ」といった感じですね。

ただ、私がメンタルコーチとしてすべき作業というのは、エディーさんが掲げた目標に対して、結果を出すためには何をすべきなのかということでした。そして、常にそのプロセスに焦点を当ててきました。

そのなかで選手たちには、目標達成のためには、どういう行動をすべきかというチーム全体の目標を自分たちで考えてもらい、そのための選手それぞれの目標を設定してもらうようにしていました。

もちろん、エディーさんが掲げる目標に対して、「その目標は高すぎるので、これくらいでいいのではないか?」といったアドバイスもしてはきました。でも、基本的には、エディーさんが掲げた目標を達成するためにはどうすればいいのか、それを選手たちと一緒に考えていくのが、私の仕事でした。

そして、いつまでに何をすれば、チームの目標に近づくことができるのかを考えて、選手それぞれが自分の行動を決めていくのです。

「誰々の面倒をみる」でもいいし、「誰かのサポートをする」「これについては自分が責任を持つ」などなど、各自がしっかりとした目標を決めていく。

その各自の目標を達成するためには、毎日の練習のなかで、どの選手に声をかけるべきなのかといった、細かい役割分担がチームのなかにできあがっていくのです。

つまり、選手それぞれが、今、目標を達成するために「何をしないといけないのか」、といったことが明確になってくるのです。

目標設定はなるべく具体的にする

もうひとつ大事なことは、あまり抽象的な目標設定にしないということです。できる限り、具体的にしたほうがいいと思います。

日本代表の話でいえば、誰がどこにいつ、どのような話をしてコミュニケーションを取るだとか、誰と誰がこの場面でコンビネーションプレイを組めるように、後ろから誰が声をかけるのかなど、なるべく具体的になるように決めていました。

選手各自のメンタルスキルが上がっていくなかで、最終的には、もう、五感すべてをフルに駆使しないと達成できないような具体的な目標を設定するようになっていけたと思います。

抽象的な目標を設定するよりもやるべきことが明確になっていきますし、きっと、目標達成への近道になることでしょう。

0031_2_4_kaoriaraki

やるべきことを明確にするために

——目標を達成するためのメンタルスキルは、仕事にしても何にしても応用できるベーシックなものなのでしょうか?

目標がどんなものであっても、基本的なこととして言えることです。

例えば、いきなり、自分が勤務している会社が売り上げを何%増やすといった、新たな目標を掲げることになったとします。しかし、いち社員である多くの人たちは、あまりピンとこない面もあると思うのです。

そんな時は、会社の目標を社員である自分に落とし込んでみるのです。その会社の目標を達成するために、今日、自分は何をしないといけないのかを考えることから始めてみる。

そこからスタートしていって、常に、自分は今日どうすれば会社の目標達成のために貢献できるのかということを考える。その積み重ねこそが、目標を達成するためのメンタルスキルとなっていくのです。

極端な話かもしれませんが、10社にメールをして交渉をして、それで貢献できればいいと自分で目標を設定したのであれば、その目標達成のために行動をするだけでいいのです。

目標設定をして、頭も手足も使って、「自分は何ができるのか?」「自分の役割は何なのか?」といったことを常に問いかけながら行動し、明確にしていくことが大事。

この流れというのは、会社員であろうと、フリーランスの人であろうと、どんな立場の人でも同じだと思います。会社との関連性を自分で見出すことによって、仕事に対するモチベーションの向上にも繋がっていくことでしょう。

取材・文:國尾一樹
写真:宇野真由子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

  • Column
  • Relaxation

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

オーガニック農家・吉岡龍一「麦を使って一番大事な土作り」

  • Column
  • Food

オーガニック農家・吉岡龍一「麦を使って一番大事な土作り」

温活するなら… 紅茶を”食べながら” 飲む!【磯淵猛さんインタビューVol.2】

  • Column

温活するなら... 紅茶を"食べながら" 飲む!【磯淵猛さんインタ ...

「腰を入れる」がわからない私たち 〜カラダの機嫌をとってみる(姿勢編)〜

  • Column

「腰を入れる」がわからない私たち 〜カラダの機嫌をとってみる ...

リタイアした人が世界中から移住する魅惑の国 エクアドル 〜Healthy Trip vol.3〜

  • Column
  • Relaxation

リタイアした人が世界中から移住する魅惑の国 エクアドル 〜He ...

新着記事

うつ病かも?そう思ったときに行くべき病院の診療科

  • Relaxation

うつ病かも?そう思ったときに行くべき病院の診療科

【特集/目覚めよ体幹!】あなたの体幹をチェック!

  • Beauty
  • Exercise

【特集/目覚めよ体幹!】あなたの体幹をチェック!

ひんやりデザートにアレをちょい足しで体が温まる!?

  • Beauty
  • Food

ひんやりデザートにアレをちょい足しで体が温まる!?

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使いこなす

  • Column
  • Exercise

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使いこなす

ネットでもチェックできる!気になるうつ病のチェック方法

  • Relaxation

ネットでもチェックできる!気になるうつ病のチェック方法

おすすめの記事

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる