あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

キャンピングカーでアウトドアを楽しむ【アウトドアマスター・板谷俊明 Vol.5】

キャンピングカーでアウトドアを楽しむ【アウトドアマスター・板谷俊明 Vol.5】

  • Column

<COLUMN>
キャンピングカーでアウトドアを楽しむ【アウトドアマスター・板谷俊明 Vol.5】

更新日:

| アウトドア | コミュニケーション | 体験 |

大手広告代理店などを経て独立後、マーケティングコンサルティング会社「レヴォレーター」の代表取締役となった板谷俊明さん。

現在は「OUTDOOR for EVERYONE!」をテーマに、ハードルを低くすることでアウトドアを多くの人々に楽しんでもらうための活動を積極的に行っている。情報サイト「PAPA PRESENTS」を核にして、アウトドアの基本が学べるサイト「ソナエル.tv」や、アウトドアを通じて子育てをする「ソトイク.jp」、日本最大級のキャンピングカーレンタルサイト「CAMP IN CAR」なども展開するアウトドアマスターである板谷さんに、アウトドアやキャンプの魅力などについてのお話や、初心者がキャンプを楽しむためのアドバイスなどを伺いました。

最終回となる第5回は、キャンピングカーの楽しみ方についてお聞きします。

キャンピングカーの種類は?

——キャンピングカーには、どんなタイプのものがあるのでしょうか?

キャンピングカーの要件は3つあります。クルマのなかで調理ができることと、水まわりが整備されていて水道が使えること。そして寝泊まりができることです。

その他、発電機が付いていて電力も使えたり、なかにはエアコンや冷蔵庫が付いているものもあります。同じキャンピングカーでもいろいろなタイプがあって、主なものでは「キャブコン」に「バンコン」「バスコン」「軽キャンパー」の4種類です。

「キャブコン」は、トラックのキャブ(運転席部分)と車体部分を残して、その上に居住部分をのせたタイプ。「バンコン」は、ハイエースなどに代表されるバンに居住スペースをのせたもので、大きさは大中小の3つに大別されます。

「バスコン」はマイクロバスの車両を改造したもので、「軽キャンパー」は軽自動車を改造したものになります。この4種類に関しては、すべて、普通自動車の免許で運転することができます。

一番、利用者が多いのはキャブコンですが、利用する人数によってサイズをどれにするのか決めます。キャブコンはハイエースをベースにしたものが人気ですが、サイズは大きくても意外と運転しやすいので、中型をオススメすることが多いですね。

バンコンは2〜3人くらいの旅の時にオススメです。大人数で行く時にはバスコンがいいと思います。みんなでワイワイやっている感じがとにかく楽しいと思います。

キャンピングカーは、どこで利用するのか、どこに行きたいのか、何人で行くのかということを明確にしたうえで選ぶといいでしょう。


画像出典:ソトイク.jp

アウトドア×キャンピングカーの楽しみ方

——キャンピングカーを使ったアウトドアの楽しみ方は?

キャンピングカーでキャンプ場に行って、テントを立てないでキャンプを楽しむというのもひとつの楽しみ方です。アウトドアがちょっと苦手だという家族がいる場合には、キャンピングカーは“動く家”なので、もっとカジュアルにキャンプを楽しむことができます。

キャンピングカーがあれば、アウトドアを楽しみたいという人も最近は多いので、気軽にレンタルできるようになったことで人気が出てきています。また、キャンピングカーに興味を持つ人も多くなってきて、特に男性はキャンピングカーに対する憧れを持っている人も増えているのではないでしょうか。

一方、女性は、テントで泊まるのは嫌だけど、キャンピングカーだったら大人数でわいわい旅をするのも楽しそうだと感じるようです。

最近では、弊社のキャンピングカーをレンタルされた方が、お子さんの誕生日にキャンピングカーで旅をしたのですが、コレは新しいキャンピングカーの楽しみ方だなあ、と思いました。

先ほども言ったように、キャンピングカーを“動く家”と捉えて外に出る。そんな楽しい使い方をする人が、これから増えていくのではないかと感じています。

——確かに、いつでもどこでも寝られるという意味では、アウトドアの楽しみ方も広がりそうですよね。

キャンピングカーはいつでも寝泊まりでき、特に日本のように安全な国ではどこでも停められます。キャンピングカーなどを停めて車中泊できるRVパークも道の駅を中心に全国各地で増えていて、コンビニなどでも停められるところがあります。もちろん、トイレもあるので助かります。

最近では、日帰り温泉施設が併設されているところも増えてきているので、そういうところを探して宿泊しながら旅を続けることもできます。また、この時期ならスキーにキャンピングカーで行くというのもいいですよね。

あとは、釣りですとか、山登り、ロードバイクなどなど、色んなアクティビティを楽しむ時にキャンピングカーで行くという人も多いです。こういったアクティビティを楽しむ場合には、着替えることが重要になりますが、キャンピングカーなら充分な広さがあるので問題ありません。

釣りをする場合、なかなか釣れない時にはキャンピングカーに戻ってひと休みできますし、ロードバイクで遊ぶ人たちは、目的地までキャンピングカーで行ってそこを拠点にして、ひとまわりしてくるとか。夏場だと、サーフィンとかダイビングなどでポイントを回りながら旅をするという人もいます。


画像出典:ソトイク.jp

——遠くのスキー場に行く場合、キャンピングカーで前乗りして、朝から楽しむこともできるのは大きな利点ですね。

アクティビティに絡めたキャンピングカーの利用方法として、前乗りできるというのは、本当に便利です。スキー場でしたら、だいたいキャンピングカーを停めることができる駐車場があるので、前日に出発して、夜に現地に着くようにする。そして、キャンピングカーで寝て、朝からスキーを楽しむことが可能です。

私も頻繁に家族でスキーを楽しむためにキャンピングカーで行くのですが、オススメしたいのは、群馬県にある丸沼高原のスキー場。24時間営業している駐車場があって、トイレもすぐ目の前にありますし、すぐ近くに温泉施設もあるので快適です。

食事に関しては、スキー場ですから食べるところはいろいろありますし、移動中は高速のサービスエリアに入ったりします。ただ、朝ご飯などは、キャンピングカーでは簡単な調理ができるので、お湯をわかしてレトルトパック食品とか、カップラーメンを食べたりしています。一番、カンタンでオススメなのは、冷凍食品の鍋焼きうどん。アルミの鍋を火で温めるだけでおいしく食べられるので、我が家ではよく利用しています(笑)。


画像出典:「ソトイク.jp」

冬から春にかけてオススメ! 東北スキー三昧の旅

我が家は全員スキーが大好きです。これまでもシーズンになると、キャンピングカーでスキー場に行って、何泊かするという感じでした。ところが、長女が中学校に入ってからは部活や塾が忙しくなってしまい、年末年始くらいしかスキー旅行はできなくなってしまいました。

最近は雪不足になることも多く、時期の見極めが難しいところもありますが、東北方面なら、比較的安定しています。昨年末は、山形県の蔵王山のふもとにある「RVパーク まほろば」にキャンピングカーを停めて、近隣のスキー場で滑りました。歩いてすぐのところに日帰り温泉施設もあるし、食事をするところもたくさんあるので、快適です。その後も、いくつかのスキー場を巡りながら、最終的には岩手県の安比高原スキー場まで行きました。

特にコースを決めていたわけでもなく、ただただ、良いコンディションの雪を探しながらの放浪の旅です(笑)。結局、3泊4日の東北スキー三昧の旅となりましたが、だいたい、行くところ行くところ、どこでも日帰り温泉施設がありましたし、キャンピングカーを停められるところもありましたね。

今年の年末年始は、再び、蔵王山のふもとにあるRVパークを拠点にしてキャンピングカーでスキー旅行。元日まで全員でスキーをエンジョイしました。その後妻と長女は新幹線で帰りましたが、特に用事のない次女と2人で、キャンピングカーで福島県にある磐梯山に移動して、2つのスキー場で楽しく滑りました。

最終日には、磐梯山近くにある檜原湖でワカサギ釣りもしたのですが、こんな感じでアクティブに動き回れるのが、キャンピングカーの魅力だと思いますね。これからの春スキーの季節、キャンピングカーをレンタルして、コンディションのいい雪を求めながらスキー三昧放浪の旅をオススメしたいと思います!家族で行くのも良し、友だちと行くのも良しですよ。


毎シーズン、家族でキャンピングカーで出かけてスキーを楽しむ

アウトドアのススメ

アウトドアを楽しむためのキーワードは、やはり、「リセット」ということですね。人間は古よりアウトドアで暮らしてきて、自然のなかで生きてきたわけです。ところが、文明の発達によって、どんどんインドアの生活になってしまった。

都会の便利な日常から、たまには抜け出して、いろんな“不便さ”を味わうというのもいいのではないでしょうか。そのなかで、人間本来が持っている五感を呼び覚まして、日常生活をリセットしてみる。時間を気にせず、本当にリラックスできる贅沢な時間を過ごして、リセット&リフレッシュをしていただきたいですね。


画像出典:ソトイク.jp

キャンプが終わって帰宅した時に、「よし、明日から仕事を頑張ろう!」ときっと思えるはずです。ぜひ、自分にとって大切な家族や友人たちと一緒に外に出て、都会のストレスをリセットしていただきたいと思います!

取材・文 : 國尾一樹
画像提供 : ソトイク.jp / PAPA PRESENTS

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| アウトドア | コミュニケーション | 体験 |

関連記事

歯科医師に聞いた、電動歯ブラシと口腔ケアの密接な関係!(後編)

  • Beauty
  • Column

歯科医師に聞いた、電動歯ブラシと口腔ケアの密接な関係!(後編)

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

モデル道端カレン「ダイエットの鍵!運動でアドレナリンを出す」

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛え方」Vol.5

  • Column

元ラグビー代表メンタルコーチ・荒木香織「世界で闘える心の鍛 ...

電動歯ブラシの替えブラシの替え時は?【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシの替えブラシの替え時は?【歯科医監修】

女性の心をつかむ3つの力 vol.1 -「共感力」編-

  • Column

女性の心をつかむ3つの力 vol.1 -「共感力」編-

新着記事

高血圧より軽視されがち?血圧低下の危険性と改善方法とは

  • Relaxation

高血圧より軽視されがち?血圧低下の危険性と改善方法とは

ハワイの紫外線対策!知っておきたいUPF表示

  • Beauty

ハワイの紫外線対策!知っておきたいUPF表示

年齢や性別、血圧測定の環境によって異なる?高血圧の基準と調べ方

  • Relaxation

年齢や性別、血圧測定の環境によって異なる?高血圧の基準と調べ方

絶景とアウトドアを同時に楽しめるフィッシングで健康に!

  • Relaxation
  • Special

絶景とアウトドアを同時に楽しめるフィッシングで健康に!

疲れが取れないときにオススメ!疲労回復に効く飲み物6選

  • Food

疲れが取れないときにオススメ!疲労回復に効く飲み物6選

おすすめの記事

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる